■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    今シーズンを振り返る
    先のブログ更新から1年以上の時間が経過してしまいました。
    皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか?
    あえてTwitterにもmixiにもFACEBOOKにもリンク貼らずに、ひっそりと更新します。

    この1年の間には東日本大震災がありました。
    震災のこと、原発のこと、書きだしたらキリがないので、ここではやめておきます。

    今日は、自分の演奏活動のことを書きます。

    昨年の夏からこの3月まで、絶え間なく演奏活動が続きました。
    時系列順に振り返ってみます。

    まず、2011年8月27日にマンドリン五重奏団レサンクの第2回コンサートがありました。
    第1回コンサートから2人のメンバーチェンジがあり、実質的には新しいアンサンブルの立ち上げコンサートという感のあるものでした。
    自分はこの五重奏団の立ち上げ人であり主宰者なので、まずはこのコンサートに全ての力を注ぎました。
    途中、6月末から7月初旬にかけては、東北の被災地に派遣されていた時期もあったりで、なかなか練習が進まずに苦慮する所もありましたが、本番では自分の力は完全に出し切れたかなと思います。
    そして、選曲面でも、セヴラックの「休暇の日々から」、ミヨーの「スカラムーシュ」、ラヴェルの「マ・メール・ロワ」という近代フランス物を中心に据えた、レサンクカラーを確立したコンサートになったのではないかと思います。
    また、もう1つ、レサンクで大事にしたいと思っている委嘱活動。久保田翠さんに大変ユニークかつ、私と久保田さんにとって共通の大切な映画監督であるビクトル・エリセ監督へのオマージュとなる作品を演奏させていただきました。
    また、J.Sバッハの「音楽の捧げ物」より「トリオ・ソナタ」をやりましたが、この曲では、こないだの“未完成』で指揮を振られたHさんにリコーダーを吹いていただきました。このHさんとの演奏の思い出も、私にとっての今シーズン、とても大切なものとなりました。

    次に9月にはメトロポリタンマンドリンオーケストラに出演。
    レサンク本番からわずか3週間後の本番でした。練習は並行。かなりきつかった。。。

    パートトップの方がご多忙のため、日ごろの練習の場では、実質的にパートトップのような立場でしたが、これがとんでもない鬼門でありました。
    メトへの参加は私にとって、大変な魅力であり、勉強の場であり、この楽団で演奏し続けることは、夢のようにワクワクできる体験なんですが、今シーズンは正直、ちょっと、「勘弁して、、、」と思ったことも幾度となくありました。
    マンドリンオケで、パート単位で活動することの難しさを感じました。
    そして自分の力量不足も。
    この時に背負った課題は未だ全くもって未解決です。
    この頃、自分の中で、この何年か続いた4団体並行というあり方が限界に来ていることを感じ始めました。

    ここからは毎日毎日、自分が今後、音楽活動をどうしていこうかという葛藤の日々でした。
    しかし、とにかく2012年3月10日まではスケジュールがいっぱいでした。
    葛藤するよりも何よりも、まず目先の公演で今の自分にできる最善を尽くすしか、手はありませんでした。

    メトははっきり言って忸怩たる思いの残る公演でした。
    コンサートそのものはこの年もまた、メトらしく素晴らしいものになりました。
    マンドリン界でメトほど音楽的に煮詰めている楽団はまず私は知りません。
    メトの煮詰め方は正攻法の中の正攻法で、そしてその徹底の度合いが、たいへん納得のできるものです。
    しかし、その中に生きる奏者は生身の人間でもあります。
    その生身の感情を持った人間として、私にとっては悔しさが残る公演となりました。
    最終的には、「それなり」の演奏を自分自身はしたかと思いますが。

    11月23日には、私にとってもう1つ、とても大事にしているリベルテの公演でした。
    この間にもレサンクやら何やらで、ミニコンサート的なものはいくつかありました。
    今シーズンの自分が何とか持ちこたえられたのは、今期のリベルテが省エネ作戦だったからだろうなと思います。
    じゃなきゃ、リベルテの時点でくたばってた。
    今回はかつてなく少ない練習回数、練習期間で仕上げたんです。
    11月本番でしたが、まともに練習が進み始めたのは、メトが終わった後、9月下旬の合宿からです。
    私はこの時点でほとんどすべての曲が初見でした。
    というか、初練習でした。
    そして、メインの「クープランの墓」の譜面が出たのがとっても遅かった。
    6曲中、最初の曲が出たのがたしか、10月に入ってから。そして1か月前を切ってもまだ3曲くらいしか出て来ていませんでした。
    最後の最後に一番難しい「トッカータ」が来て、それは何と、本番5日前の深夜でした。
    初見に強くもなく、また習得に時間がかかるタイプの自分には苦行のようなコンサートになってしまいましたが、何とかかんとか形にしたのは、パートトップであるという矜持のなせる業だったかもしれません。

    12月もミニ公演があり、1月からは、12年連続で出ている“未完成』本番に向けて詰めていく季節。
    この楽団は自分の心のふるさとです。
    初めて入った社会人団体であり、大学のクラブを終えて2年半、楽器から離れていた自分を音楽活動の世界に戻してくれた恩人でもあります。
    この楽団は、何と言っても人がみんないい。
    大好きです。
    当初は、ユルめなイメージもある楽団だったと思いますが、ここ3年くらいで一気にレベルも上がりました。
    某氏が言っていましたが、レベル自体はリベルテともそんなに遜色ないんじゃないかと。
    この間、選曲会議のまとめ役をやったり、トップで数々のソロをやらせてもらったり、ステマネやったり、ほんと、経験積みました。
    今回のコンサートは、また新しい参加者の方たちと出会い、そして、新しい指揮者との演奏。
    なんだか、慣れているはずの“未完成』がまた新鮮に感じました。

    こんな感じで今年も1シーズン通せたわけですが、先に書いた課題がずーっと頭の片隅、いや中心にデンと居座っています。
    もうね、限界なんです。
    ぜんぶ、全力でやりました。
    限られた才能と経験と時間で、自分にやれることは嘘偽りなく、全部出してやりました。
    それで終わってみて思うのは、やり遂げた感、出し切った感と、そしてもう1つは虚無の感情なんです。
    出し切ってもこんなもんかっていう、とても悔しい気持ち。

    これから勉強しないと。そして基礎からやり直しです。
    その時間を取るために、活動量をこれからは絞っていきたいと思います。

    こんなにも想いがあるのに、絞るなんて。

    ほんとにため息が出ます。

    だからけっきょく、絞れなくなってしまったりするかもしれません(ハハハ)。

    スポンサーサイト
    ブログ | 00:41:49| Trackback(0)| Comments(6)
    演奏会のお知らせ(“未完成』11th)
    実は今週末は演奏会。
    結成初年度から参加しているマンドリンオーケストラ“未完成』。
    毎年1回の定期公演を続け、今回で11回目。
    そうか、もう11年もやっているのか。年を取るのも当然なのね。

    この11年という年月が自分の社会人マンドリン生活の長さとイコールだったりもする。
    つまり自分にとってはルーツ的な楽団。

    前回から奏者だけでなく、ステマネ(ステージマネージャー)も務めているので、演奏以外の準備がなかなか大変。
    でも、学生時代にもこれをやっていたし、嫌いじゃないんだな、こういうのも。

    今年の“未完成』は途中さまざまな苦難に見舞われたが、こうして当日を迎えることができて良かった。
    そして、今回の曲目は2曲が再演(ワイルとシューベルト)なのだけれども、この2曲に関しては前回よりかなり完成度は上がっていると思う。

    モーツァルトのクラコン第1楽章は、メンバーのクラリネット吹きがソロを務めるのだけど、この人が非常に努力家で、いつも頭が下がる。ステージ上で聴く彼の演奏が楽しみ。

    よろしければ、ご来場ください。

    以下、某メンバー作成テンプレのコピペ。

    ★☆★☆★<マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会>★☆★☆

    日 時:2011年2月27日(日)
        13:30開場 14:00開演
    入 場 料:無料(チケット不要)
    場 所:浜離宮朝日ホール 音楽ホール
    交 通:都営大江戸線 築地市場駅下車 A2番出口すぐ

    <曲目>
    第1部:組曲「小さな三文音楽」(音楽劇「三文オペラ」より)/ K. Weill
         2つのロマンス / 成田為三
    第2部:「クラリネット協奏曲」より第1楽章/ W. A. Mozart
         交響曲第7番「未完成」 / F. P. Schubert

    ホームページ:http://mikansei.net/
    お問い合わせ先:info@mikansei.net

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


    マンドリン合奏 | 23:55:46| Trackback(0)| Comments(0)
    今日は何の日?
    ライヴ・イン・ジャパン2000ライヴ・イン・ジャパン2000
    (2001/06/06)
    ギュンター・ヴァント

    商品詳細を見る


    Now Playing
    交響曲第9番(ブルックナー) ギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団

    今日、2月14日は何の日?

    バン・アレン帯。
    いや、それは北極と南極の上空だけ薄くなっている放射線の帯のことだ・・・。
    バレンタインデー。
    まあ世間的にはそれだ。

    しかし、この日はもう1つあって、2月14日は私の敬愛する指揮者ギュンター・ヴァントの命日なのだ。

    ギュンター・ヴァントとの思い出はいくら書いても尽きることがない。

    リスペクトっていうのともちょっと違う。どういう言葉で表現すればいいのか、いろいろ考えてみたが、日本語で言えば「私淑」という言葉が一番近いかもしれない。
    なんて言ったら格好付け過ぎだろうか。まあどう考えても格好付け過ぎなのだけど。
    自分にとっては本当に唯一絶対な音楽家なので、これくらい大げさな表現も許していただけたらと思う。

    1999年から2001年の間に、日本で1回、ドイツで3回(ハンブルグ、ベルリン、ミュンヘン。それぞれ違うオケ)聴くことができたのは、私の宝物であり、はっきり言ってクラヲタとしての自慢でもある。
    ちょうどヴァントの最晩年、この頃、私が転職などしてフラフラしていたり、転職後も仕事がそれほど忙しくなかったことも幸いした。

    私は(遊びで振ることを除けば)基本的に指揮をすることはないので、この指揮者から直接何か技術的なことで影響を受けたということはない。

    自分が受けた影響と言えば、この指揮者の強固な意思の力(はっきり言って頑固オヤジ)、そして帰納法的にではなく、演繹法的に物事を積み上げていく、その考え方、物事の捉え方。

    つまり、結論を先に持ってきて、その結論のために都合の良い理屈を後で考えるのではなく、細かい諸要素をレンガのように積み上げて、大きな構造物を造り上げるという手法。
    これは音楽だけでなく、例えば仕事をする上でだって役に立っていると思う。
    そしてこのような物事の捉え方をある程度ではなく、首尾一貫、徹底して行うような人は、表現者としても聴き手としても、おそらくブルックナーを愛好することだろうと思う。
    ヴァントのブルックナーを聴いていると、例えばビオラの内声1つを取ってみても、ホルンの下支えしている音1つを取ってみても、この強さで、このニュアンスで弾かれなければ、作品の構造に歪みが出てしまう、そんな必然性が感じられる。
    音と音がパズルのように絡み合った結果、最適のバランスでそれらが収まっていく。その快感。

    他の作曲家、ベートーヴェンとかブラームスとかチャイコフスキーとかストラヴィンスキーとかドビュッシーとかでもヴァントはとてもいい演奏をすると思う。
    でも、それらの場合、ヴァントのやり方が圧倒的に素晴らしいかと言えば、素晴らしいのだけれども、あくまでワン・オブ・ゼムなのかなぁと思う。
    例えばベートーヴェンだったらフルトヴェングラーみたいな巨大なオーラをまとった音楽にする方向もあるし、カルロス・クライバーのように、舞踏のように跳躍していく音楽にすることだってできる。ノリントンやジンマンやブリュッヘンのように古楽器奏法を取り入れるのだって、今や逆にスタンダードとも言えるかもしれない。
    ブラームスなど他の作曲家に関しても同じように、ヴァント以外にも良いなあと思う演奏がいくつもある。
    ヴァントのブラームスも個人的には大好きだけれど、例えば交響曲第2番あたりでは、少し硬いという意見を言う人がいてもおかしくはないかなと思ったりもする。
    しかしブルックナーについて言えば、少なくとも自分は、唯一ヴァントのみが、他の指揮者とは違う所にいるように思う。
    それが作曲家と指揮者の相性というものなのかもしれない。

    ヴァント亡き後、自分は聴く音楽の中心がすっかりオーケストラから離れていってしまった。
    そしてそれから後、指揮者に限らず、ヴァントほど自分を夢中にさせてくれる音楽家にまだ出会うことができずにいる。

    音楽全般 | 00:17:33| Trackback(0)| Comments(0)
    心機一転
    3年ぶりにブログを書いてみる。

    最近はmixi、Twitter、そしてFacebookといった所にばかり顔を出している。

    日記はmixiで細々と書いていたのだけど、気付いたらTwitterでのつぶやきばかりになっていた。
    ちょっと思いついたことをつぶやくってのは、大変便利。
    しかし、便利過ぎるがゆえにそれで事足りてしまうため、最近ではmixi日記もすっかりご無沙汰しつつある。
    そんな今日この頃、つぶやきもいいけれど、少しまとまった文章も再びアウトプットしたい気持ちがふつふつと沸いてきた。

    そんなわけでブログ再開。
    考えてみたら、ブログやめるとは一言も書いてなかったんだけど。

    いま思っているのは、ムリに毎日更新せず思い出したらその時に更新しようということ。
    連日書くかもしれないし、週1くらいかもしれないし、月1くらいになってしまうかもしれないし、それはわからない。
    「一日一善」というタイトルは毎日更新することを意識して付けたタイトルなので、もはや不適切かもしれないけど、何となく自分の中で昔のブログの続きとして捉えたいので、このままにしておこう。

    ブログ | 17:43:34| Trackback(0)| Comments(0)
    更新2月分(笑)
    たまーに会う人から、「最近ぜんぜん更新しないのね」と言われることがあり、そんな時に初めて、「あ、そういえば、俺、ブログ持ってたんだっけ」と思い出す、そんな日々を送っております。今日もたまたまある知人Nから、そのような指摘を受けたので、じゃー久々にやったるかって思ったのでした。

    そもそもインターネットにつなぐこと自体、2008年になってこれが2回目です。
    メールの返信など、滞りまくっております。
    ミクシィのお返事なども・・・。

    忙しいから、っていうわけでもなく(かと言ってヒマってことでもありませんが)、単にインターネットが何故か繋がらなくなってしまったんですよ、年末くらいから。
    カスタマーサポートにでも電話して解決したらいいんじゃないかと思うんですけどね、ああいうのが繋がる時間帯って平日の9時から21時とか、それくらいじゃないですか。そんな時間はモロ仕事中か、どこかでお酒飲んでるかのどちらかなので、自宅でPCの前に座って電話なんてできないんですよね、これが。
    っていうのと、そもそも自分は最近、「それでもべつにいーや」っていう感じがありまして、一時のネット中毒症はいったいどこへやらなのです。

    閑話休題

    ところで、今回更新を思い立ったのには、もう1つ理由がありまして、近々、演奏会があるんです。内容は以下のとおり。
    今回、自分は団結成以来はじめて選曲作業に携わっていなんですけど、こんなプログラムが組めるんだったら、ほんとにもう俺は要らないって思いますね。いや、これは別に他意はなく素直にそう思います。
    相当に「通好み」な選曲だと思います。
    ロマン派のクラシックが崩壊し、現代音楽の時代に突入するかしないかの瀬戸際の時代の作品が多いです。というか全部そうかな。

    グリーグは、息子が音楽家になることに反対するディーリアスの親を説得した経緯があったりして、ディーリアスはグリーグに私淑していたみたいで(音楽の世界観が近い感じは何となくありますね)、そんなことで割と繋がりの良いのが1部。

    そして、

    「シンプルシンフォニー」のような新古典主義的な型にハマった音楽と、機能和声崩壊の予兆を告げるドビュッシーの初期作品、プッチーニのように爛熟の極みのような音楽、そうした性質のまったく異なるアプローチの曲を共存させた2部。

    ということで、前半と後半のプログラムの組み方が対照的でもあります。

    選曲はこの団のウリと言っていいでしょうね。

    あ~、だけど、

    「知ってる曲、ペールギュントくらいなんですけど・・・」

    という方も、ぜひご来場ください!

    それなりにこだわっている選曲とはいえ、聴きやすいといいますか、基本的に耳になじみやすい曲ばかりですので。

    「ロマン派のクラシックが崩壊し、現代音楽の時代に突入するかしないかの瀬戸際の時代の作品が多い」とか書いちゃうと身構える向きもあるかもしれませんが、ぜんぜん本当はそんなことを考える必要はないと思います。
    ま、世の中には、そういうことをあえて考える必要のある場合もあって、自分は決してそれを否定するわけでもありませんが。

    演奏については、今回、6年ぶりにパートトップではなくヒラで出演するもので、「こりゃモノゴッツお気楽なもんじゃいのう」と途中までは思ってきたんですが、割と今回、団全体のテンションが高いので、最近その空気に自分も巻き込まれてきました。

    マンドセロ的には、ドビュッシーが一番ムズいですかねぇ。

    「ドビュッシーだったら、『印象派』って言われるくらいだから、ピックを浅く持って、あんまり音にカドを立てないように曖昧に弾こう」

    と思う向きもあるかもしれませんが、中にはそういう曲もあると思いますけど(ピアノ曲をマンドリンでやる場合とか)、実際は、個々の奏者はきらびやかでマルカートな音を要求されるケースも多々あるんですね。むしろ個々の音の粒立ちをハッキリさせる必要の多い箇所は多い気がします。

    ただ、拍感覚とかを「強ー弱ー中ー弱」みたいな感じでやってると、ダサダサになってしまうんじゃないでしょうか。リズムの感じ方がベートーヴェンとかとは、まったく違いますよね。リズムの感じ方にキャパシティを持っておかないと、非常に単調でつまらない音楽になってしまう気がします。
    でも、音を重ねて溶け合わせずに、パート同士でぶつけ合うことが多いので、そういう点では、マンドリン合奏に向いている作曲家なのかなあと、素人判断では感じます。

    <“未完成』第8回演奏会>

    ■日程:2008年2月24日(日)
         開場-14:00 開演-14:30

    ■入場料: 無料(チケットなど必要ありません)

    ■場所: 川口総合文化センター リリア音楽ホール
         (JR川口駅西口正面)

    ■演奏曲目:
      第1部 「3つの小音詩」より 
           冬の夜(そりすべり)・春の朝(Frederick Delius)

          「ペール・ギュント」第1組曲(Edvard Grieg)
       
    第2部 シンプル・シンフォニー(Benjamin Britten)
       
    スコットランド風行進曲(Claude Debussy)  
       
    交響的前奏曲 イ長調(Giacomo Puccini)

    “未完成』HP
    http://mikansei.net/

    “未完成』HP:第8回演奏会情報
    http://mikansei.net/8th_concert.html



    マンドリン合奏 | 02:21:33| Trackback(0)| Comments(2)
    一年間お世話になりました
    久々の更新が大晦日になりました。

    しかも携帯からなんですねえ、これが。

    いま、香川県高松市におります。年越し蕎麦ならぬ年越しウドンを食べに。ってわけでもないのですが。ウドンはさすがにウマイっす。
    ちなみに今日の昼頃までは京都におりました。今年はかなり酷い一年で、お祓いをしに…ってわけでもないのですが。京都ラブな自分は2年に一度は行かないと禁断症状に。今回は鞍馬と貴船、それから上賀茂と下鴨の2つの神社へ行ってきました。鞍馬ナイスでした。義経の里。

    なんだかよくまとまりませんが、来年は少しは良い年になりますように。

    それでは皆様、今年は大変お世話になりました(__)


    未分類 | 00:14:30| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。