■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    久々のCD
    【ただ今のBGM】
    交響曲第2番(ブラームス)

    ケーゲル指揮ドレスデンフィル


    ずいぶん久々にCDを買いました。

    2007年になって、まだ2枚目くらいじゃないでしょうか?

    2か月で2~3枚なんてことは、成人して以来これまでで一度もなかったことです(笑)

    最多だと、1か月50枚とか、ありましたねえ(アホだ・・・。1日1枚以上、、、ボックスセットを含んでいるとは言え、、、)

    さて、ケーゲルという旧東独の指揮者、とても好きですね。
    いま、「好きな指揮者10人」と言ったら、このケーゲルも入ってくると思います。

    試しに「好きな指揮者10人 2007年2月時点」を思いつくまま挙げてみますと、

    ヴァント
    スクロヴァチェフスキ
    ギーレン
    コンドラシン
    ムラヴィンスキー
    ロジェストヴェンスキー
    ヴェーグ
    クレンペラー
    モントゥ
    ケーゲル


    ってな所でしょうか?
    ロシア人多すぎですね。。。
    それから古楽系の人を除いてしまいましたが、入れるとしたら、クリスティとかヘレヴェッヘとかも入ってくると思います。
    パッと思いついたまま書いてしまったので、好きな指揮者で書き漏らしてる人、いっぱいいると思いますが。

    この中でケーゲルは、ギュンター・ヴァントなどに通じる構築力を持ちながらも、歌への欲求も決して忘れない人。
    しかし、根底には救いようもないほどの暗さがありますねえ(「ベートーヴェンの第9は3楽章まででいーじゃん!」と言ったとか言わなかったとかいう説もありますね)。

    先日聴いたバッハ「音楽の捧げ物」も不思議な演奏で楽しめましたが、こちらは、心から噛み締めて聴く音楽でした。
    【ただ今のBGM】だなんて銘打ってはいるものの、決して【BGM】にしてはいけない、シリアスミュージックだと思います。

    第1楽章のちょっと危なっかしいくらいの歌謡性、第2楽章の少しデモーニッシュな味わい、第3楽章の淡々と彼岸を行くかのような諦観を感じる演奏、第4楽章の遅すぎるテンポの中での明晰な表現。

    ライブ録音のようで、ホルンなどが少々あぶなっかしかったり、正直「タテの線」は結構「これでプロ?」ってくらい、おかしかったりしますが、そういう危うさですら、表現の肥やしにしてしまっているかのような感じがします。

    昔、ヘルマン・シェルヘンという指揮者がいましたが、彼のベートーヴェン交響曲全集なんか、「プロどころかアマチュアだって今日びこんなにズレた演奏しねーよ!」と言いたくなるほど、ズレにズレまくっているんですが、その演奏が恐ろしいほどの怪演として、一部マニアに大人気なんですね。
    「ズレているにも関わらず」というよりはむしろ、ズレそのものが何かのエネルギーに転化してしまっているような演奏を聴かせてくれます。
    このケーゲルのブラームスにおけるズレも、このシェルヘンのズレに少し近い感触があるような気がします。

    そうしたズレがエネルギーを生む仕組みには、どこかしら、表現主義的なものが背景にあるような気がします。

    「表現主義」というのは、表現する対象の正確な再現よりも表現の力強さのほうを優先する芸術思想のことですが、このブラームスはまさに、そういう顔がそこかしらに覗いた演奏になっていると思いました。

    一方、カップリングの「シューマン4番」、こっちは高度な構成力に裏打ちされた名演。
    一般的には、むしろこっちの方が評価高いんじゃないでしょうか?
    この曲については、ずいぶんいろんな演奏を聴いてきましたが、この演奏の端正な所と音色のコクの深さがかなり好きです。


    スポンサーサイト
    聴いたCD | 01:08:58| Trackback(0)| Comments(0)
    CD三昧
    2005年も残すところ、あとわずか。

    今年1年の総括をしてみようかと思います。

    1)2005年のベストコンサート

    1位 コルボ指揮ローザンヌ室内管(フォーレ/レクイエムほか)
    2位 レ・ヴァン・フランセ(プーランク/六重奏曲ほか)
    3位 スクロヴァチェフスキ指揮読売日本交響楽団(ブルックナー/交響曲第7番ほか)

    →今年は「発病元年」ということもあり、あまり行けませんでした・・・。
    その中でコルボのフォーレク(フォーレのレクイエム)は感動した演奏会でしたね。
    レ・ヴァン・フランセでは木管楽器の魅力を発見しました。
    スクロヴァチェフスキはワタクシ、大ファンですからやっぱり入れとかないと・・・ってのもあります。


    2)今年聴いたCDベスト3

    第1位 チェロ・アンコール集(ペレーニ)
     
     
    第2位 フォーレ:6枚組CD
    (Valentinのピアノによる「夜想曲」などが入っている)

    第3位 バルトーク:弦楽四重奏曲1-6番(ヴェーグ四重奏団)



    「良かったCD」なんていくらでもありまして、もうイチイチどれが今年だったかも覚えてないので、自分にとってエポック・メイキングとなったCDということで抽出。
    今年は「ボックスモノ」の購入が多かったせいもあり、おそらく1年で150枚以上はCDを購入しているのですが(アホですね)、ここでリストアップしたものは、さすがに10回以上繰り返して聴いたものばかり。

    1位で自分はチェロという楽器の魅力を再発見。
    2位のCDボックスのせいで、最近自分はフォーレ教信者になりつつあります。。。
    3位は究極のアンサンブルが聴けるCDということで。これももう今年、何回聴いたかわからないくらい繰り返し聴きました。



    【ただ今のBGM】
    交響曲第8番(ショスタコーヴィチ)ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト国立文化省交響楽団

    1983年から1985年にかけてセッション録音(ステレオ)されたロジェストヴェンスキーのショスタコーヴィチ全集の特徴は、何といってもそのエグイまでの過激な音楽づくりにあり、特に第4番や第5番、第8番、第11番といったもともと強烈な作品では、数ある同曲異演盤の中でもトップ・クラスの金管&打楽器攻撃が楽しめるのがポイントです。
     それはこの作曲家の音楽が孕む複雑な内容を、ロジェストヴェンスキー流にことごとく引き出そうとした意気軒昂な姿勢のあらわれともいえ、壮年期の彼ならではの恐るべきダイナミズムと、ソビエト政府が彼のために用意したオーケストラによって、全編、気合の入った演奏が展開されてゆきます。


    ショスタコの交響曲全集(ロジェストヴェンスキー)を購入したので、先日に引き続き聴きまくっております。

    正月休み初日の今日は、体調が悪く、出かける用事をキャンセルしてずっと家で寝ていました。
    (昨日、「最近体調がいい!」とか書いたばかりなにに・・・。ここん所、はしゃぎすぎてたバチが当たったのでしょうか)

    で、ショスタコの交響曲をずーっと家でかけっぱなし。

    ショスタコなんて、あんな「どんちゃか」したもの聴いたら余計体調悪くなるんじゃないの?

    って思われそうですが、そんなこたーないっす。
    ずいぶん元気をもらいました。

    むしろ、最初のうち聴いていたバッハの方がダメでした。
    生気を吸い取られてしまいそうになって、途中でプレーヤーのSTOPボタンを押したほど。
    風邪とかならともかく腎臓病ってのは、生命エネルギーをもらえる音楽じゃないとどうもダメみたいです(オレだけ?)

    で、今日聴いたショスタコの交響曲
    順番に
    11→5→7→13→8
    と聴いています。

    先日、4と12番を聴いたので、ようやく半分くらいですか。

    多くの大作曲家は交響曲を9曲くらいしか書いてないわけですが、このショスタコさんは15曲も書いてまして、しかもほとんど「穴」がない。全作品とも、ある程度聴きこまないとショスタコの交響曲の全容が見えてこないように思います。

    それにしても、このロジェヴェン/ソビエト文化省オケの演奏、打楽器の迫力がハンパないです。

    表現の密度の濃さという点では、ムラヴィンスキーなんかには叶わない(というか、向いてる方向がそもそも全然違う感じ)ように思いますが、このロジェヴェン盤も単なる表面的な激しさだけが先に立った演奏でなく、緩徐楽章ではこの演奏特有の寂寥感のようなものも感じさせてくれる演奏で、なかなか聴き応えがあるCDだと思います。
    やはり「ロシア」というか「ソ連」の血がそうさせるのでしょうか。
    例えばバーンスタイン/ニューヨークフィルのショスタコでは、表現の激しさを感じ取ることはできても、あまりそれ以上のものは感じませんでした(と言っても、それはそれでとても良い演奏なのですが)。

    このロジェヴェン盤、今後長く愛聴盤となりそうな予感です。






    聴いたCD | 01:18:06| Trackback(0)| Comments(0)
    超すごい地図とちょっと良い音楽
    超東京地図ってご存知ですか?

    chotokyo_040113.gif


    サイトより

    バカが思い描いている東京を描くプロジェクト

    バカ日本地図について、多数のバカからメールが来ました。驚いたのは「とってもわかりやすくて助かってます」というメールが多かったこと。バカゆえに、事実と違っていてもあまり気にならず、プリントアウトして旅行に出かけんばかりの勢いだったのです。


    こういうの、好きだなぁ。

    埼玉県足立区って何だよ!
    乳ぶって・・・

    もはや、突っ込みどころ満載なんて次元を超えています。
    ニタニタしてしまって、とても「突っ込む」なんてモードになりませんもん。

    あとバカ日本地図ももちろんあります。

    vakachizu_030930.gif


    ↑右の方が切れると思うので、絵をクリックするかリンク先でご覧ください。

    バカが思い描いている日本地図を描くプロジェクト

    この地図を違和感なく見ることができる場合、あなたはバカに違いありません。

    僕は滋賀出身なんだけど、なぜか、「岐阜出身だったよね?」とよく聞かれる。
    ある日、友達に「滋賀と岐阜の区別がつかないなんてのは、人としてどうかしている」と言ったところ「じゃあ、鳥取と島根どっちが東側?」と突っ込まれた。

    「...わからない。というか、別にわかりたくもない」
    なるほど、こういう感覚で滋賀と岐阜を間違うわけだ。
    という経緯があり、人が県をごっちゃにしている具合を地図上で描いていけば、バカが思い描いている日本地図ができるのではないか、と思った次第です


    これ、書籍化されてるのもありますが、同じものなのかどうかは不明。

    そんでもって、更にすごいバカ世界地図なんてのもありました。

    vakaworld_050617.gif


    ↑右の方が切れると思うので、絵をクリックするかリンク先でご覧ください。

    サイトより

    全世界のバカが思い描いている世界地図を描くプロジェクト。
    この地図も違和感なく見ることができる場合、あなたはさらにバカに違いありません。

    テキサスで、アメリカ人に聞かれたことがあります。

    「日本まで車で行くと何時間?」と(実話)
    その時一刀は悟りました。世界のバカの考えることは、予測不可能だと。


    なんでポーランドが島なんだよー!

    とか、もはやそういうことを突っ込む次元じゃなく、とってもキュートなマップです。

    あとは最近聴いたCDのご紹介でも

    モーツァルト:序曲集
    スウィトナー指揮シュターツカペレ・ドレスデン




    思えば大学1年生だか2年生だかの時に地元の図書館から借りてきて聴いたこのCDで初めてドレスデンシュターツカペレのビロードサウンドを耳にしたのでした。
    当時はベルリンフィルとウィーンフィル以外のオケの特徴なんて、何ひとつ知りませんでしたが、このふくよかでありながらも少しくすんだ感じのサウンドに一瞬にして虜にさせられました。

    ○爽やかでありながら、上滑りせずにしっかり聞かせてくれる「フィガロの結婚」序曲
    ○重厚な和音の響きとアレグロ以降の刻みの品のある刻みが心地良い「魔笛」序曲

    他の曲も聴いていて飽きません。
    マニア度が増してくると、だんだん「ふん、序曲集なんて!」てな感じになるのも致し方ない所はありますが、このCDは曲というより演奏そのものを聴くべきCDでしょう。

    でもって、そういう思い出のこのCDを10年越しでようやく最近、ゲットしました。

    別にレアアイテムでも何でもないのですが、貧乏性なワタクシは、かつて図書館や知人などから借りたことのあるCDは買わないで来たんですね。だからこそ逆に、「これはイイ!」と確信したアイテムについては、最初っから人から借りることはしません。
    いきなり自分で買います。
    初めて聴く曲だとか、演奏者の場合は、やはり最初に借りたり視聴してからにしたい気持ちはあります。

    にしてもこのCDの美しさ。
    和音がこれほどキレイに鳴るオケ、他にはまずないです。

    このオケの音をずいぶんいっぱい聴いてきた今でもなお、つくづくこのオケのサウンドは耳のごちそうだなーと思います。

    自己主張しているプレーヤーが一人もいない。
    全員が合奏という行為のために自己奉仕をしている。
    そんな演奏。
    もしかしたら人権観念の希薄だった旧東ドイツだからこそ可能であった演奏なのかもしれません。
    所詮、オーケストラなんて前時代の遺物なのです。
    個人が自分らしく生き生きと暮らす社会ではロックバンドの方が流行するっていうのは、ある種必然。
    それでもワタクシ、オーケストラ音楽を愛して止みません。
    それは何故なのでしょうね。

    でも、自分はクラシックしか聴かないのか?と言えば、そんなことはなく、例えば最近久々に購入したJ-POP。

    松千:LIVE SWITCH



    長崎・佐世保出身のアコースティック・ギター&ヴォーカル・ユニット。二人の素のままの魅力を伝えるべく、ライヴ盤でメジャー・デビュー。千草の伸びのいいヴォーカルが耳に残る。

    これはイイっすねー。
    ちょっとジャニス・ジョプリンみたいだと思うワタクシは、元洋楽ファン。

    ポップスでも洋楽はたま~に買うのですが、日本のポップスを購入したのは、2年ぶりくらい?
    でもこの松千は良かったです。すごく個性的で、一度聴いたら忘れられないようなボーカルの声質。





    聴いたCD | 23:38:12| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。