■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    中国の不思議な役人
    【ただ今のBGM】
    バルトーク:中国の不思議な役人

    ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団




    今日もまた、研修の講師をやった後に残業してクタクタなウィークデー。

    そんな時、ふと思い出したのが、ある知人の方が某所に書いていた日記の文面。

    「今日の俺はバルトークを聴くには、疲れすぎていた」

    「I'm too tired to listen BERA BARTOK」

    (無断拝借、失礼しました)

    そうか、バルトークみたいな音楽は多少元気じゃないと聴くに耐えないのか?

    ということで、バルトークの数ある音楽の中でも一番やかましい「中国の不思議な役人」を聴いてみました。

    わざわざクルマへ行き、カーステレオで大音響にして。
    だって、夜中に家でこんなもん聴いたらコロサレルもの。。。

    (結論)
    いい。すごくいい。

    耳栓したくなるくらいの音量で聴いてたんですが、思わずトリップしかけましたよ。

    こんなデモーニッシュな音楽作る人の人生というのは、当然順風満帆である筈がなく、どうもこのバルトークって人は苦労の耐えない人生だったようです。たしかノリントンだか誰だか、現在結構有名な指揮者が、少年時代にサッカーか何かのボールを窓ガラスにぶつけてガラスを割ってしまったことがあって、その時その中の部屋でピアノを弾いていたのが、かのバルトークその人だったとかいうエピソードをどこかで読みましたが、その時のバルトークは子ども相手だからってまったく愛想も何もなかったんだとか。
    そういう苦虫潰したような大人気ないオヤジって、結構好きですけどね(笑)

    ぜーんぜん曲自体の話に入ってませんが、とにかく、どんなに疲れていても、バルトークの中で少なくとも「中国の不思議な役人」は妙なパワーをくれる、ということが本日の主題。

    バルトークってかなり好きな作曲家ではあります。でもその中で「中国の不思議な役人」という奇天烈ミュジークのことを、

    これが一番心の中に染み渡ってくる!

    なんて思ってしまったのは、これが初めて。
    やはりどこかワタクシは病んでいるのかもしれんです。

    まあブーレーズ指揮のバルトーク(DGの新盤)はつまらないというのが定説で、自分もまあ演奏自体にはちっとも惹かれないのでありますが、、、。




    スポンサーサイト
    一日一曲 | 00:27:01| Trackback(0)| Comments(2)
    浅田真央とノクターンとキム・ヨナと
    【ただ今のBGM】
    ショパン:夜想曲第2番 変ホ長調 作品9の2

    ポリーニ(ピアノ)




    フィギュアスケート女子・浅田真央選手がショートプログラムで使っている曲です。

    このポリーニの夜想曲集、最近クラシックCDを買い控えモードにしている中で、一番最近購入したものです。結構いい値段しました。

    このロマンティックな曲を、過度に甘ったるくせずに、とても美しく立派に演奏しているな、と思いました。

    でも、もう少し影のある演奏でもいいような。
    ちょっと綺麗すぎるし、立派すぎるかと。

    ミニシアターで総制作費30億円の大作映画を見せられてしまったような、そんなミスマッチ感があるんですよね。
    いや、基本的にすごくいい演奏だと思うし、何度も何度も繰り返し聴いていこうと思うCDではありますが。

    さて、その「夜想曲」の2番をバックに滑った浅田真央(世界フィギュア)、ステップ1つ1つが一人だけ無重力状態みたいに軽くて、見とれてしまいました。
    でも、ジャンプで痛恨のミス(3回転+3回転のところが3回転+1回転に)。ショートプログラムが終わって5位でしたか。残念。

    最近のフィギュアスケートの採点法はかなりの玄人さんにしかわからない複雑なものになっているようですが、素人目にも、「あ、こりゃあかん」というのはわかりました。韓国のキム・ヨナ選手なんかは、わかりやすいミスは1つもしていなかったですから。

    で、そのキム・ヨナの演技がすごくいいなと思いました。
    彼女は女優ですね。演技してますね。
    浅田真央とか安藤美姫は、あくまで「浅田真央」であり「安藤美姫」として滑ってると思いますが、キム・ヨナって、曲と衣装と演技と表情、全てをトータルコーディネートしてますね。なんだか1つの作品を観たような気持ちにさせられました。
    スポーツとしてではなく芸術としてフィギュアスケートを観たとしても、このショートプログラムの1位は、やはりキム・ヨナなんじゃないかな?と思いました。

    フィギュアスケートという競技、基本的に注目度の高いオリンピックとか日本開催の大きな大会くらいしか観ない、にわかファンなワタクシですので、採点方式が結局よく飲み込めないわけですが、

    「うーん、今のはスピンが綺麗だったし、65点くらいかな」

    とか勝手に自己採点するっていう観戦の仕方をしていたら、とても楽しめました。


    一日一曲 | 00:45:07| Trackback(0)| Comments(4)
    NO MUSIC,NO LIFE
    【ただ今のBGM】
    バッハ:「音楽の捧げ物」BWV1079よりトリオソナタ

    アーノンクール指揮ウィーン・コンツェルトゥス・ムジクス




    ここん所、サッカーを観ながらか、又は電車の中で携帯でブログを更新するケースが多くなっておりましたが、ジダンの頭突きを以てW杯が終了した今、再び平穏なミュージックライフが戻ってきております。

    ジダンの頭突き。

    相手はタテラッツィ

    じゃなかった、マテラッツィ。

    しかし、この頭突きの対象が、フジゼロックスのCMにも出てるC・ロナウドだったら、闘牛の突進をかわすかの如くよけられて、ジダンもそのまま不発の時のハリケーンミキサー(@バッファローマン)の時みたく、そのまま直進してしまったんでしょうね。


    さて今週末は、ある結婚式で演奏をします。

    通常、結婚式での演奏と言ったら、そんなに難しい曲をやるわけでもなく、雰囲気としても割とリラックスして聴けるような「場を楽しむ」感覚でやるものだろうと思います。

    しかし、今回はそういうわけにもいかない可能性が・・・?

    というのも、今回、演奏を聴いてもらう・捧げる新郎新婦というのが、超超ハイレベルな聴き手なんですね。

    新郎は、日本有数の(?)マンドリン演奏家

    新婦は、絶対音感の持ち主

    ですから。

    聴き手のことを考えると、そうとうプレッシャーがありますね(笑)

    というのは半分は冗談で、当日は、心からお祝いする!っていう気持ちを込めて弾きたいと思います。


    一日一曲 | 01:52:57| Trackback(0)| Comments(2)
    名ベテランへの道
    【ただ今のBGM】
    FIFAワールドカップ ドイツ大会 決勝戦 フランス-イタリア戦


    準決勝と3位決定戦、全て起きられず見逃しました。

    今回のW杯って、ベスト8決定時点では、「強い所が順当に残った面白いW杯」みたいに言われてましたが、ベスト8でアルゼンチン・ブラジルが消えてしまって、あとはナンだか「欧州選手権」になっちゃって、ちょっと個人的には盛り下がった感じがありますね。

    でも、一応決勝くらいはってことで、2時55分起床でボンヤリと観ていました。

    イタリア優勝ですね。

    これで明日から、日本国内すべてのスパゲティ屋が半額セール決定!

    だといいんですけどね。

    しかしジダンは退場したまま現役引退ですか。。。

    一方、ずっと出番のなかったドイツのカーンは、最後の最後、3位決定戦に出番が来て、そして勝ってW杯を終えた。

    準優勝チームって、負けたままW杯を終えるんですね。

    で、3位のチームは、勝ってW杯を終える。

    そのせいか、準優勝のフランスよりも3位のドイツの方がナンだか嬉しそうだったのが印象的でした。

    どっちも、今大会は苦戦が予想されてただけに、選手も国民も、2位だろうが3位だろうが、うれしい筈なんでしょうけどね。

    今回のW杯で気になったのは「ベテラン勢」。

    今大会で「ベテラン」って言われてる人たち、ちょうど自分と同世代なんですよね。

    フィーゴ、ジダン、ベッカム、デルピエロ.etc

    今大会、ベテランが力を発揮しているチームが強いと言われたりもしています。

    でも正直、自分とあまり年齢が変わらなかったり、あるいは年下の人が「ベテラン」とか言われるのは、結構ツライものがありますけど(笑)

    10代とか20歳そこそこの選手の動きを見ていると、たしかに速いし強いんですよね。

    メッシ、シュバインシュタイガー、クリスティアンロナウド.etc

    閑話休題。
    マンドリン。

    多忙な日本社会にあって、社会人になってから上手くなるというのは、相当難儀なことだと思います。

    サッカーなどと違って、楽器の場合は、ピークが24~5歳なんてことはないと思うんですけどね。
    ベルリンフィルとか観てたって、40~50歳くらいの団員いっぱいいますしね。

    でも、例外的に社会人になってグングン伸びる人もいると思います。

    自分もその例外になりたいと思っている1人です。

    実際、自分の場合は元が低すぎたおかげですけど、ここ3年くらいで見ても以前より向上したという実感はあります。

    「己の限界」なんて全然まだ感じません。要するに、感じるほどやってないってことなんですけど。。。

    ただ問題は、どこまでそれを継続できるか、だと思います。

    演奏活動をこれだけやってますと、特に「趣味」分野への弊害が出てくるんですよね。

    「仕事」「健康」はなかなか削るわけにいきませんから、結局、「マンドリン以外の趣味」に手が回らなくなってきてしまうんですよね。

    今年は1つそこに反旗を翻して、ワタクシ、今夏、久々に旅に出ますけど。。。

    ところで、よく「社会人と楽器」ってテーマで書かれているブログとか拝見しますが、社会人で「毎日楽器触ってる」っていう人、どれくらいいるんでしょうかね?

    自分も「毎日」っていうと厳しいですね。
    本当はそのつもりでも、やっぱり今日はムリっていう日がどうしても・・・。

    たまに「週1日もやってねー」とかいいながらバリバリ弾けちゃってる人いますが、ありゃナンなんですかね。

    もっとも、そういう人は、これまでの人生のどこかで相当な努力をしていた時期があって、その遺産で食ってる部分があるんでしょうね


    一日一曲 | 06:02:44| Trackback(0)| Comments(2)
    1日15分
    【ただ今のBGM】
    プレリュード、フーガとアレグロ 変ホ長調BWV998(J.S.バッハ)

    曽根麻矢子(チェンバロ)




    曽根さんのチェンバロが相当素晴らしいという評判は、ネット上のかなり広範な所から伝わってきておりまして、かねてから、「いつかは聴こう!」って思っていました。

    この度、CD屋さんのポイントカードが溜まったので、何となくバッハを聴きたい周期(1年に2~3回やってくる)がやってきていたこともあって、このCDを引き換えてきました。

    【10枚組3000円】とかのCD(しかも質的にも悪くない)とかが蔓延している時代に、 【1枚3000円】のCDなんて、とてもじゃないけど現金出して買う気になんてなれませんしね(だからって「万●き」ってことじゃないっすよ)。

    チェンバロで聴くバッハ、もともと好きは好きなんですが、なんかこう、もっと、「厳粛な気持ちでないと聴けない」感じを持っていたんですが、この曽根さんの演奏は、とっても爽やかでスタイリッシュ。
    収録されている曲がまたそういう喜遊性の高い楽曲が多いこともあるかもしれません。
    しかし、そうかと言って、「薄っぺらい」というようなマイナスの印象もなく。
    「イタリア協奏曲」の第3楽章なんて、ややもすると、速めのテンポで勢いでガンガン行っちゃう曲になりがちなのかもしれませんが、この曽根さんの演奏は、1音1音をしっかり噛んで言い聞かせるような重厚感もしっかり感じます。それでいてリズムの処理が全般に軽いって言うんでしょうか?
    切れ味がシャープなんですよね。
    これはどういう原理でそうなっているんだろう・・・?


    さて、リベルテマンドリンオケでは、代表者から、「1日15分個人練習するように」という指示をいただいております。

    これなんですけどね、

    「1日15分くらい楽勝じゃん!」

    って思ってるとトンデモなくて、なかなか実行できませぬ。

    やる時は1時間とかやるけど、やらない時は3日も5日もやらないことがある

    正直に申してそんな感じです。

    でも、さすがにそろそろ尻に火が付き始めまして、ここ3日ほどは、30分~1時間くらい、やってます。


    その他の諸生活、ここん所、どうもノリませぬ。
    いや実際が、かれこれもう、3~4か月くらいずっとそんな状況。

    なんか、気分がウキウキすることが、ほとんど何もありません。

    でも、音楽と旅と映画と読書とスポーツ観戦、そんなものに触れている時、自分は結構シアワセかも。

    あ~でも、「愉しい」(←ココ大事)飲み会もですね(笑)

    5月はたまたまほとんど飲む機会がなかったんですが、6月は自分にしたら割と回数が多くて。

    食事制限を医師から言われている自分としては、毎週1~2回も飲んでますと、「今日くらいは、ま、いっか」ってしちゃうワケにも行かなくて、実は飲み会の度に、どこかで何か(パンなど)を食べてから参加しています。
    って、これ、実はもう1年くらい続けている習慣なんですけど、もしかしたらここに書くのはこれが初めてかもしれませんね。


    一日一曲 | 01:38:59| Trackback(0)| Comments(2)
    コンサートに行けなかった夜・・・
    せっかくコンクール前後に一気にアクセス数が増えたというのに、またほとんど元の状態に(苦笑)

    最近、ずいぶん地味ぃ~な話題が続いてますからねぇ、このブログ。

    というのも、「コンクール優勝」時を頂点に、その後自分の運勢はどうも下降期のようで。。。

    最近は、あれこれ悩み事・考え事ばかりしていて、どうも生活がノリません。
    まずいまずい。


    【ただ今のBGM】
    ショパン:ピアノソナタ第3番 ロ短調 作品58より第1楽章

    ラファウ・ブレハッチ(ピアノ)

    「ショパン・コンクール・ライブ2005」



    5年おきに行われるピアノ界最大のコンクール、ショパンコンクール。
    2005年の優勝者はツィメルマン以来30年ぶりのポーランド人でした。
    その優勝者ブレハッチは、「ショパンの再来」と言われるほど、ショパンが要求するピアニズムを見事に体現しています。

    今日、本来であれば自分は、このブレハッチ他による
    「第15回ショパン国際ピアノコンクール 入賞者ガラ・コンサート」
    を聴きに行く予定でした。

    まあ言ってみれば私にとっては「コンクール優勝者つながり」っていうわけで、同等クラスの演奏家です(^^)(←もちろん冗談ですよ、冗談。ていうか、そのうち刺されますね、、、ワタクシ)

    しかし・・・

    どうしても外せない、仕事関係の飲み会が急に入ってしまい、涙を呑みつつ断念。

    自分は、コンサートを聴きに行くことを生活の中でも相当に重視してます。

    チケットを取った日には、もうその日はどんなに仕事が溜まっていようが、絶対に定時で上がりますし、それでこれまで特に大きな問題があったことはありません。
    まして少々の問題であれば、コンサートを聴く喜びと比較考量した結果、あっさり却下されますです。

    でも、、、今回この飲み会はどうしても外せなかった。。。

    まあこんなこともあります。

    ブレハッチはまだ20歳そこそこ。
    これから30~40年間は世界のトップに君臨できる逸材なのでしょうから、あと10~20回くらいは来日もすることでしょう、きっと。
    そのうちまた聴けます、きっと。

    で、このCDを聴いている次第。

    自分はピアノはよくわからんですし、ショパンにもようやくここ1~2年で興味を持ち始めたって所なので、彼の演奏が他のピアニストと比べてどういう特質を持つのか、正直よくわかりません。

    いくつか感じたことをありのまま書くとすれば、

    ・あー、タッチがすごく柔らかくて耳に自然に入ってくる。心地いい。

    ・それでいて、ちゃんと音楽の強度、テクニックの確かさも感じられる。

    「ピアノソナタ3番」、すごく好きです。
    ショパンの中でもかなりのメジャー曲で、月並みなのかもしれないですけど、でも「いいものはいい」のです。




    一日一曲 | 01:46:51| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。