■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    今日は何の日?
    ライヴ・イン・ジャパン2000ライヴ・イン・ジャパン2000
    (2001/06/06)
    ギュンター・ヴァント

    商品詳細を見る


    Now Playing
    交響曲第9番(ブルックナー) ギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団

    今日、2月14日は何の日?

    バン・アレン帯。
    いや、それは北極と南極の上空だけ薄くなっている放射線の帯のことだ・・・。
    バレンタインデー。
    まあ世間的にはそれだ。

    しかし、この日はもう1つあって、2月14日は私の敬愛する指揮者ギュンター・ヴァントの命日なのだ。

    ギュンター・ヴァントとの思い出はいくら書いても尽きることがない。

    リスペクトっていうのともちょっと違う。どういう言葉で表現すればいいのか、いろいろ考えてみたが、日本語で言えば「私淑」という言葉が一番近いかもしれない。
    なんて言ったら格好付け過ぎだろうか。まあどう考えても格好付け過ぎなのだけど。
    自分にとっては本当に唯一絶対な音楽家なので、これくらい大げさな表現も許していただけたらと思う。

    1999年から2001年の間に、日本で1回、ドイツで3回(ハンブルグ、ベルリン、ミュンヘン。それぞれ違うオケ)聴くことができたのは、私の宝物であり、はっきり言ってクラヲタとしての自慢でもある。
    ちょうどヴァントの最晩年、この頃、私が転職などしてフラフラしていたり、転職後も仕事がそれほど忙しくなかったことも幸いした。

    私は(遊びで振ることを除けば)基本的に指揮をすることはないので、この指揮者から直接何か技術的なことで影響を受けたということはない。

    自分が受けた影響と言えば、この指揮者の強固な意思の力(はっきり言って頑固オヤジ)、そして帰納法的にではなく、演繹法的に物事を積み上げていく、その考え方、物事の捉え方。

    つまり、結論を先に持ってきて、その結論のために都合の良い理屈を後で考えるのではなく、細かい諸要素をレンガのように積み上げて、大きな構造物を造り上げるという手法。
    これは音楽だけでなく、例えば仕事をする上でだって役に立っていると思う。
    そしてこのような物事の捉え方をある程度ではなく、首尾一貫、徹底して行うような人は、表現者としても聴き手としても、おそらくブルックナーを愛好することだろうと思う。
    ヴァントのブルックナーを聴いていると、例えばビオラの内声1つを取ってみても、ホルンの下支えしている音1つを取ってみても、この強さで、このニュアンスで弾かれなければ、作品の構造に歪みが出てしまう、そんな必然性が感じられる。
    音と音がパズルのように絡み合った結果、最適のバランスでそれらが収まっていく。その快感。

    他の作曲家、ベートーヴェンとかブラームスとかチャイコフスキーとかストラヴィンスキーとかドビュッシーとかでもヴァントはとてもいい演奏をすると思う。
    でも、それらの場合、ヴァントのやり方が圧倒的に素晴らしいかと言えば、素晴らしいのだけれども、あくまでワン・オブ・ゼムなのかなぁと思う。
    例えばベートーヴェンだったらフルトヴェングラーみたいな巨大なオーラをまとった音楽にする方向もあるし、カルロス・クライバーのように、舞踏のように跳躍していく音楽にすることだってできる。ノリントンやジンマンやブリュッヘンのように古楽器奏法を取り入れるのだって、今や逆にスタンダードとも言えるかもしれない。
    ブラームスなど他の作曲家に関しても同じように、ヴァント以外にも良いなあと思う演奏がいくつもある。
    ヴァントのブラームスも個人的には大好きだけれど、例えば交響曲第2番あたりでは、少し硬いという意見を言う人がいてもおかしくはないかなと思ったりもする。
    しかしブルックナーについて言えば、少なくとも自分は、唯一ヴァントのみが、他の指揮者とは違う所にいるように思う。
    それが作曲家と指揮者の相性というものなのかもしれない。

    ヴァント亡き後、自分は聴く音楽の中心がすっかりオーケストラから離れていってしまった。
    そしてそれから後、指揮者に限らず、ヴァントほど自分を夢中にさせてくれる音楽家にまだ出会うことができずにいる。

    スポンサーサイト
    音楽全般 | 00:17:33| Trackback(0)| Comments(0)
    ラ・フォル・ジュルネ総括
    実は5月6日をもって、「一日一善」開始から丸3年が経ちました!

    「石の上にも3年」などと言いますが、逆に3年経ったのだから、そろそろこのブログも一旦店じまい・・・

    ということもこのごろちょっと考えていたんですが、取りあえず当面は継続しておきます(今後の更新頻度を前みたいにほぼ日ペースにできるかどうかはわかりませんが・・・)。

    表題の「ラ・フォル・ジュルネ総括」

    これ、しようと思えばいくらでも書くネタはあるんですが、明日以降ボチボチといきますね(GW明けで明日はきつそうなのでw今日はもう寝ます、、、)。

    今回のラ・フォル・ジュルネではワタクシ、ずいぶんシブい曲をたくさん聴いてきました。

    例えば、

    バルトークの「ミクロコスモス」「2台ピアノとパーカッションのためのソナタ」
    マルティヌーの「2台ピアノと管弦楽のための協奏曲」
    シベリウス 弦楽四重奏曲「親しき声」

    なんてあたりは、この音楽祭がなかったら、もうずっと生で聴く機会なんて持てなそう。
    (この中ではバルトークの2曲が名ピアニスト・ラーンキ夫妻のおかげもあって、大満足でした)

    全体としては、やはり個人的に、バルトーク・ラヴェル・フォーレのためにあったようなイベントでした。

    そのほか、当日券を急遽ゲットしたりして、結果的にかなりの数の公演を聴いてきました。
    12とか13公演くらい?
    おまけに無料スペースで行われていたコンサートや映画なんかも観てきたり。

    よく考えてみたら、21世紀になってから、GWって、京都に行くか東京国際フォーラムに行くしか、していないような・・・。あ、1度か2度は「寝ゴールデンウィーク」もあったか。

    演奏の感想の他に、ちょっと考えたのが、コンサート会場でのマナーについて。

    単純に

    「マナー悪い奴が多い!けしからん!!」

    で終わらせられる話でもなくて、結構いろんな問題を内包している気がします。簡単に言うと、通常のクラシック公演でのマナーとこのラ・フォル・ジュルネでのマナーは、かなり違うものでした。それがいいか悪いかについて。というか一概には言えないので、どのあたりで線引きをすべきだったのか、について。

    これも時間があればそのうち考えてみることにします。

    ま、ここんところずっと続いている精神的下降期にあって、少しでも気晴らしになったかな、という点で、このイベントは行って良かったなーと思いますね。





    音楽全般 | 00:43:47| Trackback(0)| Comments(0)
    横浜ランドマークタワーでの演奏のこと、「熱狂の日」のこと
    更新間隔が空いてしまいました。

    GWの生活。


    1)知人の弟さんの結婚披露宴で演奏をしてきました

    今年4度目?5度目?
    既に回数も忘れてしまいましたが、このところ結婚式で演奏する機会が、非常に多いのです。

    横浜ランドマークタワー66階での披露宴。

    素晴らしい眺望の中、坂本九の「見上げてごらん夜空の星を」や「フニクリフニクラ」、「エーデルワイス」などを演奏してきました。

    練習不足であまり良い出来とは言えませんでしたが、この手の演奏機会の際にいつも心がけている、「主賓に向けて音を届ける意識」だけはちゃんと持って演奏することはできたかな、と思います。

    それから、今回のお客様は、みなさんちゃんと演奏を聴いてくださったので、やりやすかったです。音も割とよく届く会場だったので、無理して大きな音で弾く必要がなかったですし。

    個人的に不幸があったばかりだったので、新郎新婦さんの幸せそうな姿に、少し癒されました。


    2)ラ・フォル・ジュネルジャポン(「熱狂の日」音楽祭)2007

    今年も行ってますよ~。

    「ラ・フォル・ジュルネ」とは・・・(公式本より)

    1 フランス、ナントで生まれた画期的なクラシック音楽祭
      2005年、東京での第1回開催テーマはベートーヴェン
      第2回の2006年はモーツァルトをテーマに開催された
    2 朝9時から夜11時まで、全館で総計約300のコンサートを開催
    3 1公演は約45分
    4 入場料金は1500円~3000円
    5 0才児が入場できるコンサートもある
    6 会場周辺の街も音楽祭ムードで盛り上がる
    7 ラ・フォル・ジュルネとは、フランス語で「熱狂の日」という意味

     つまり、世界で最もエキサイティングなクラシック音楽祭です。


    だそうです。

    で、今年は?バッハ?とか思ってましたら、

    「民族のハーモニー」

    なんだそうで(ってか、去年の今ごろ、既にそのことは知っていましたが)。

    そもそもクラシックにおける「民族」とは何ぞや?という問題に首を突っ込んだら、それだけで長大な考察を行うことが可能ですが、ここでは19世紀後半以降にドイツ以外の各国で出てきた作曲家たちの音楽全般を指しているようです。

    例えば、↓こんな感じ

    フランス:ラヴェル・ドビュッシー・サティ・サン=サーンス・シャブリエ・グノー・ビゼー・フランク・フォーレ・ミヨー・ドリーヴ・デュパルク・ショーソン

    ハンガリー:コダーイ・バルトーク・リスト

    チェコ:スーク・スメタナ・ドヴォルザーク・ヤナーチェク・マルティヌー

    スペイン:ロドリーゴ・アルベニス・グラナドス・ファリャ・グリディ・トュリーナ

    そのほか、フィンランドとかノルウェーとかベルギーとかロシアとかポーランドとかアメリカとかスウェーデンとか、いろんな国の作曲家が登場しています。

    ラ・フォル・ジュルネはいつもそうですが、プログラムは、一般向けというよりは、クラシック愛好家向け。

    「普段クラシックをあまり聴かない人向けに、ポピュラー名曲集中心で行きましょう」

    みたいな手ぬるいことは、あまりやりません。

    そこが、この音楽祭を自分が愛好している最大の理由ですね。

    普段クラシックを聴かない人に対して、その魅力に気付いてもらうには、ポピュラー名曲集みたいなのをおざなりの演奏で聴いてもらうより、音楽の深淵を覗き込むような曲と演奏を1度でも体感してもらった方が、話が早い、というのが私の考えなんですが(あんまり複雑難解な曲は避けた方がいいとは思いますが)、この音楽祭の主宰者が同様の意向を持っていることは、このプログラムを見る限り、間違いなさそうです。

    既にいくつか公演を聴いてきました。

    ここまでのベストは、

    フォーレの歌曲を集めた公演(ミシェル・コルボ指揮ローザンヌ室内合唱団ほか)

    それ以外はほとんど室内楽とピアノの公演ばっかり10公演以上取ってます。
    管弦楽はあまり聴く気がしないんですよね(ホール・演奏者・選曲等々を総合的に勘案した結果)。

    作曲家で言うと、ラヴェルとフォーレとバルトークで大半(ほとんど)を占めます。
    特にラヴェルのピアノ曲は、今回の音楽祭で10曲くらいは聴けそうです。

    「チケットぴあ」のプレオーダーで3月までに確保済みでしたので、あとはゆっくり聴くだけです。

    今日はいよいよ、今年の目玉公演、コルボ指揮ローザンヌ室内合唱団のフォーレク(フォーレのレクイエム)です。
    この世のものとは思えないほど美しい、彼らのハーモニーを体感してまいります。



    音楽全般 | 08:30:22| Trackback(0)| Comments(0)
    「展覧会の絵」と長崎市長銃撃事件
    【ただ今のBGM】
    ムソルグスキー(ラヴェル編):「展覧会の絵」

    クラウディオ・アバド指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団




    今年は諸事情で「展覧会の絵」を徹底研究したいと思っております。
    まだまだ前哨戦ですが、↓こんな絵(卵の殻をつけた雛の踊り)なんぞを見ながらイメトレしたりしております。

    Hartmann_Chicks_sketch_for_Trilby_ballet.jpg


    しかし、今日の関心事は何より長崎市長銃殺事件。

    ちょうど長崎っていま、仕事で関係しているもので、ショッキングな話です。
    今日なんかも長崎から来た書類があって、それを読んでましたら、差出人のところに「長崎市長 伊藤一長」とあったりしていて、、、。
    この事件は残念なんて言葉では片付かない話だと思います。

    自身も脅されたりいろいろあった本島元長崎市長の談話

    「全てに先んじて、暴力は決して許されないことだ」

    たしかに、どんな論点とかも抜きにして、まずはこれしか言いようのない話ですね。。。


    音楽全般 | 01:31:07| Trackback(0)| Comments(0)
    聴こえた!
    今日、祖父(母方)の家に行ってきました。

    94歳の祖父は、昨年9月ごろまでは自転車を乗りまわすほど、元気いっぱいだったんですが、ここ数か月で急にあちこちがおかしくなり、今年1月には、ついに聴覚を完全に失ってしまいました。

    これまでの経緯。
    ↓は2月17日(マンドリンオケ“未完成』本番前日)にmixiに書いた日記です。


    --------------ここから--------------------

    演奏会前日だというのに、今日は後半の半分くらいしか練習に出られなそうです。

    非常に悩ましい決断だったのです。
    というのも、先日も書いた祖父母が、急遽、本日我が家に来ることになったのです。

    恐らく、というかほぼ確実に、これが最後の我が家来訪となることでしょう。

    昨年10月に一度、危篤状態に陥ったその直前に、一度、我が家に来るという話は出ていたんです。そしたら、まさに来る2日か3日前に、容態悪化で緊急入院。11月後半には一度退院したものの、年明けから再度入院したため、この話はもう実現不可能と思われていました。

    いまだって、先日も書きましたが「突然死」の可能性も医師から言われているような状態です。

    少なくとも、40km以上離れた我が家に来る(親戚がクルマで連れてきてくれる)ことで、祖父の体への負担は相当大きくなることでしょう。このせいで寿命が数日~数週間短くなることだってありえます。

    でも、今回、急遽我が家に来ることにしたのは、祖父自身のたっての願いだったそうです。
    「最後にあの家には、一度、行っておきたい」と言ったそうです。
    うちの親(母)は、この祖父の三女です。
    末っ子だけに甘やかされたそうですが、父親っ子だったと聞いています。私がこの祖父から可愛がられたのも、その影響が大きいかもしれません。

    数日後には再入院の予定。
    その直前の、最後の俗世界のお出かけの場として、我が家を選んでくれたのです。

    その時、

    「オレは演奏会の前日だから悪いけど練習行くわ、ゴメン」

    って言えるかどうか。

    いや、言える言えないの問題ではなく、言いたくなかった。

    というわけで、“未完成』の皆様、前日にパートトップがいないということで、ご迷惑おかけします。

    私のわがままをお許しください。ごめんなさい。

    演奏会ではベストを尽くします(あ、練習も後半2時間くらいは参加できるかと・・・)

    -------------------ここまで-----------------------


    実はこんなことが起きていました。
    (ちなみに午後4時半ごろから練習には参加できていたと思います)

    ところで、信じられないことに、一度完全に失った聴覚が、なんと!最近少し戻ってきたというんです。
    ガンマ線治療というのが効いたとかで。

    そして今日持っていた発売ホヤホヤのリベルテCDを聴いてもらうことができました。

    「ああ、マンドリンだけじゃないね、他の楽器の音も聴こえる」という発言もありましたし、音楽にリズムを合わせて体を揺らしていたりもしたので、結構ちゃんと聴こえていたんじゃないかと思います。

    2月17日にはひたすら筆談していたあの祖父が、、、。
    ちょっとウルってきましたね。

    もう二度とマンドリンの演奏を聴いてもらうことは叶わないと思っていましたので、このCDを聴いてもらえてたことは、奇跡だと思います。

    聴覚は少なくとも暫くの間はあるそうですし、体調も小康状態だそうです。

    あともう一度でいいから、自分の出る演奏会を聴いてほしいな、と思いますが、どうでしょうか。



    音楽全般 | 00:03:26| Trackback(0)| Comments(4)
    今年も「熱狂」?
    今年も「熱狂祭り」があることをすっかり忘れてました。

    純正クラヲタから「のだめ~」特需な人たちまで、どんな階層にもなかなかウケが良いクラシック史上最大のお祭りのことですよ。

    実はいま、会員先行発売が行われているんです。

    1年以上も会員としてメルマガを絶やさず受信し続けていたというのに、忘れるなんて。。。

    何とか滑り込みで8公演ほど、ゲットしておきました。

    コルボのフォーレク
    ケフェレックのラヴェル

    などなど、スグレモノが取れました。

    一番聴きたかった某ピアニストさんは、ソールドアウトでしたが・・・(一般発売に賭けてみましょう)。

    しかし、今年の選曲を今日になって初めて見ましたが、すごくイイですね。

    昨年の時点で「国民楽派」なんてキーワードを聞いていたもんだから、ベタな選曲になっちゃうんだろーなーと、あまり期待しないでいたら、いやいやとんでもないっすね、これは!

    演奏者が昨年より若干しょぼくなってる気がしますが、選曲に関しては、いくら「のだめ~」特需があるとは言え、こんな通好みな選曲で大丈夫??と少し心配になるくらい。

    「悲愴」と「新世界」ばっかりになるかと思ってましたもんね、正直(笑・そんなのはクラヲタ的には今さらここで聴く必要なし)

    と言いつつ、本来の自分のGWの過ごし方と言えば、「国内旅行」が第一なので、東京都心で過ごすのもどうなんだろ、と今だに若干逡巡する気持ちも。

    ま、そん時は、ここでチケット大放出があるかも・・・??


    音楽全般 | 01:18:05| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。