FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ベラ・クォーレとその後
    ベラ・クォーレというマンドリン団体の演奏会に行ってきた。
    自分の所属するメトと同じ小出先生が指揮を振られている上に、何人か知っ
    ている人も出ているし、過去の演奏会のCDを聴いたこともあったので、自分
    にとっては(勝手に)親近感を持っていた団体なのだが、演奏会を聴きに行
    くのは、これが初めて。

    こまばエミナースという700人くらい入るホールだろうか、かなり席が
    埋まっていた。

    1曲目は、グノーの歌劇「ファウスト」よりバレエ音楽。バレエ音楽を演奏
    会でやるというのは、それ自体本質的な部分で難しさがあると思う。でも小
    出先生の熱心で丁寧な棒さばきで、まとまりのある音楽に仕上げられている
    と思った。

    2曲目は、バルトークの「ルーマニア民俗舞曲」。この曲は熱いパッション
    ほとばしる楽しい曲。
    コンマスに大量のソロがあり、ちょっと堅めの音質で処理していた。ブリッ
    ジ寄りにピックを当てて弾いてるのかな?と思って、注視してみたけど視力
    0、3なのでよくわからず(笑)。

    続いてギター合奏による2曲。

    そして、2部はシェーンベルクの「浄夜」である。
    この曲は初めて聴いた時から、その暗さ、不条理を表現したドス黒い箇所と
    浄化されていく崇高な高音の響きに、すっかりお気に入りとなっていたの
    で、マンドリンで弾いたら一体どうなるんだろう?と楽しみにしていた。

    暗くて寒々しい導入部、スプラッター並みに恐いマンドリンの高音で盛り上
    がった後、後半は次第に不条理を克服して高みに登っていく音楽へと変容し
    ていく。こうした構成を考えると、これは現代音楽の始祖シェーンベルクが
    書いた音楽というよりは、やはりロマン派音楽なんだなという印象を強く
    持った。

    ちなみにこの音楽の元となったデーメルという人の詩がある。
    こんな感じ

    子供がお腹のなかにいます、でもあなたの子ではありません。
    私は罪に苦しみながらあなたと歩んでいるのです。
    私はひどい過ちを犯してしまったのです。

    これに対して男は、

    きみのはらんでいる子供を
    きみの心の重荷とは思わぬように。
    ほら見てごらん、あたりはなんと明るくかがやいていることか。

    こんなことを言う。うーん、大人の世界だ。。

    さて、演奏会の後は知人6人で食事をし、それからギタリストK君を船橋まで
    送った後、マンドリニストH君を実家の茨城県まで送った所、結局一宿一晩の
    義理を受けることとなりました。


    スポンサーサイト



    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)