FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    Do it by myself!1
    文法合ってますかね?(笑)

    俺の職場には今週からバイトさんが来ました。よく働いてくれるので、助か
    ります。もっとも、まだまだバイトが何人かいてもいいくらいで、俺もバイ
    トでも十分できるような雑用も結構やってるんですけどね。

    いま日本の産業構造が、正社員中心から、非常勤・パート・派遣でまかなう
    方向へどんどんシフトしてきているのは、広く知られていることだと思いま
    すが、その欠点も指摘され始めていますね。
    三菱自動車や数年前の雪印のような不祥事というのも、単に経営陣の資質の
    問題ということで済まされる話ではなく、現場レベルで熟練工と呼ばれる層
    の労働者が不足してきているために、十分な管理が行き届かないことも原因
    なのだそうです。効率重視のためにコストの高い熟練した労働者よりも、
    単純労働だったら熟練労働者以上にこなせる若くて元気なバイトや派遣労働
    者を優先的に採用し、短期で人を入れ替える。そしてそれで組織が維持でき
    るようにマニュアル化を徹底させる。だいたい最近の労務管理の方向性の基
    本というのは、業態によって若干の違いはあったとしても、こんな感じだと
    思います。

    つまり、我々労働者は、創意工夫を凝らして個性的に仕事をこなすことより
    も、いかに効率良く無駄のないように仕事をするのかを求められていくこ
    とになるのであり、その先にあるものは、産業革命の時の風刺画であったよ
    うな、人間が歯車になって回転している社会なんでしょうね。
    現代社会というのは往々にしてそういう側面は以前からあったにせよ、それ
    は今後さらに強化されていくんですかね?
    だとしたら、一時期言われた「個性の時代」とかそういうのは、残念なが
    ら、バブル時代の余裕がなせる業だったということになるんでしょうか??


    スポンサーサイト



    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ