FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    キーンとカーン


    我が職場の隣のビルにはピアノで有名なヤマ○が入っておりまし
    て、昼休みやら仕事がちょこっと空いた時に楽譜や音楽関連の書籍
    を見に行けて、とても便利です。
    今日は夕方に少し休憩ってことで立ち寄った所、「レコード芸術」
    って雑誌が目に止まりました。通称「レコ芸」。レコードって
    言ってもCDやDVDのレビューや広告やマニアックな記事で誌面が
    作られている雑誌なんです。昔はしょっちゅう買ってましたが、
    ここ数年はほとんど見てもいませんでした。この雑誌っていわゆ
    る「情報過多」なんですよ。名盤、珍盤などの情報がイヤと言う
    くらい入手でき、これを読んでると世界のアップトゥデートな
    動きなんかも把握することができます。
    でも、ページが多すぎ、文字多すぎ、本ぶ厚すぎで、こんなのに
    ハマった日にはオタク化間違いなしの雑誌であります(笑)。
    細かい動きを知るというのは、ややもすると、本質を見失うこと
    になりかねない。が、本質は細部に宿るとも言われるように、目
    的意識を持って、この情報の海へ飛び込むのは悪くない気もします。

    ここで思い出されたのが、今日アップした写真のヨーロッパ人夫婦。
    男性はアイルランド人のコンピュータエンジニア、女性はドイツ
    人で学校でドイツ語を教えているらしい。彼らとは、7月に一人
    旅で行ったモロッコで知り合い、2日ほど一緒に過ごしました。
    議論好きの彼らとはいろんな話をしたのですが、思い出されるの
    が、女性の方とのモロッコの良さそうな街についてのトーク。
    自分も彼らも行ったことのない様々なモロッコの街について、本
    などで読んだ知識を元にあーでもないこーでもない、と魅力や
    欠点をあげつらうという不毛な?会話。街の特産品だの人種構成
    だの食べ物の傾向だの延々と続く会話。
    アイルランド人の夫の方はこの会話にあまり興味がなかったよう
    で、ついにこの細かすぎる話にしびれを切らし、
    「そんなこと知ってどーすんだ!?」と言い放ちました。
    ドイツ人の奥さんは、それに答えていわく、
    「何でも知ろうとすることって素晴らしいわよ」
    この考え方はいかにもアイルランド人VSドイツ人って感じです。
    日本人はよくドイツ人型なんて言われがちですが、俺はそうは
    思いません。日本人は彼らヨーロッパのどんな人種にも増して
    物事を情緒や感覚で捉える人種だと思いますね。
    「詰め込み受験教育」への反動なのかどうなのか知りませんが、
    一般に日本人は知識の習得ということの重要性を軽視し過ぎてい
    るようにさえ、自分は思います。物事を知ることって大切です。

    というわけで、「レコ芸」の話に戻りますが、久々に買ったのは
    残念ながら知識の吸収をしたくなったからではなく、表紙に出て
    た「カルロス・クライバー」を見たからでした。この天才指揮者
    は7月に亡くなってしまったわけですが、このレコ芸では彼の
    追悼特集記事を組んでくれたんですよ!彼は生涯に20枚くらい
    しか正規盤のCD、DVDを出しませんでした(クラシックのトップ
    クラスの指揮者としては超寡作)が、どれもこれもが、その曲を
    代表する名演とされています。「スーパースタッカート」と彼自
    身が言う、余人にはマネのできない鋭いリズム感、前にグイグイ
    進むクラシックの常識を破るライブ感。こりゃ誰でもハマります。

    でも、このレコ芸、帰りの電車の中で読んだんですが、クライバ
    ーの記事以上に、グリモーっていう女性ピアニストのインタ
    ビュー記事に目がいきました。この人、容姿端麗なため、当初は
    「それ系」の音楽家かと思ってしまってましたが、BSで放送して
    たライブのラウ゛ェル「ピアノ協奏曲」を聴いて、考えが100
    %変わりました。彼女のインタビューには非常に興味深い点があ
    ったので、著作権を侵害しない範囲で、あるいは侵害したとして
    も咎められない程度に密やかに(笑)、一部を引用してみようか
    と思います。が、もう深夜残業続きの体が悲鳴あげてるので、そ
    れは明日に回すことにします(笑)

    今日も午前様でしたが、食事した後、楽器も30分ほど練習しま
    したよ!そして、土曜日の“未完成』の飲み会(決起会)で幹事
    やるので、出欠の取りまとめしたり、その日に配る参考音源CDを
    焼いたり、なかなかハードでござんす。たぶん、ここ3週間程の
    深夜残業生活で内臓が少しおかしくなってます。酒も飲んでない
    のにたまに吐き気がするし、お腹がキリキリしてきたりもします。
    やばいなー。命の洗濯したいなー。でも今週の日曜は6時~22
    時半まで16時間半勤務なんですよね。。。来週ちょっとでも
    仕事落ち着いたら代休で休んでやる!


    スポンサーサイト



    Weblog | 02:00:00| Trackback(0)| Comments(0)