■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    les Cinq2月26日(土)練習記録
    我らがles Cinq(レサンク)の練習日。

    2月26日(土)午後6時45分から9時45分

    短時間ながら、なかなか密度の濃い練習ができました。

    les Cinqとは英語で言えば、the Fiveつまり五人組のマンドリンアンサンブル。
    マンドリン×2、マンドラ、マンドロンチェロ、ギターの編成。

    メンバーは全員、“未完成』かリベルテのどちらか(あるいは両方)のマンドリンオケに所属しています。
    ですが、他にも掛け持ちしてる人が多く、なかなか集まりにくいのが悩みでしょうかね。

    詳細は今の所、ここまで決まりました!

    公演日:2005年9月3日(土)時間未定
    会場:未定(東京都心付近の教会などを検討中)
    曲目(順不同):
     ヴィヴァルディ:「調和の霊感」Op.6-3
     フォーレ:組曲「ドリー」
     マンドニコ:チェチェリアーナ
     ホルスト:「セントポール」組曲
    料金:未定(下記理由により実費相当3~500円程度のご負担を承る予定です)

    ※終演後にお客様と打ち上げを共にする「お茶菓子(ケーキ)付き立食パーティ」を会場内で行う予定!お出しするお菓子(ケーキ)のお店・種類も自分的には決定しております。デパ地下などでは絶対に入手できない極上品をお出しする予定です。お楽しみに!

    ・選曲の基準・・・クラシカルなスタイルの中に現代性が潜む音楽をやる。これがles Cinqのテーマです。「擬古典主義」と言い換えても、さほど間違いではありません。アンサンブル・オケには百貨店型と専門店型があると思いますが、les Cinqはある程度最初っから選曲に制約を課している点で、どちらかと言うと専門店型といえるでしょうか。しかしそれはかなり緩やかなものです。実際、今回も冒頭には現代性のない完全クラシカル(≠古典派)なヴィヴァルディを置いていますしね。

    20世紀前半、フランスの作曲家グループ六人組(ミヨー、プーランク、オネゲル、オーリック、タイユフェール、デュレ)にちなんで「じゃあウチは五人組にしようか」というのがネーミングの由来の1つ(多少、いや超後付け)。彼らもある種、古典回帰運動とモダンな性質とを併せ持っていた作曲家の集まりと言うことができるのです。

    ≪練習日誌≫
    ・新着譜面の練習
    マンドニコ:チェチェリアーナ
    ホルスト:セントポール組曲1・2曲目

    ともに初見ながら、「音符を追いかける」ことに終始せず、前に進む音楽の作り方、拍節感がズレる箇所での3拍子の感じ方などを考えながら練習することができました。自分はともかくles Cinqのメンバー、なかなかいい感じ。

    だから練習もすごく楽しい!les Cinqでは演奏している間、音楽をする喜びに満ちていて、いつもあっという間に時間が過ぎていきます。

    les Cinqで人を募るに当たって、内幕の話(時効?)を少しだけしますと、メンバーを集める際に「こういう人と一緒にやれたらなあ」っていうのがありまして、


    ・音楽(≠楽器)に対して激しく情熱的な人
    ・オレより上手い人(笑)
    ・でもあくまで楽しく取り組める人


    でした。
    というわけで自分の知人の範囲でこの人は!と思う4人に声をかけました。それで集まってもらったのが5人組マンドリンアンサンブルles Cinqなんです。

    そして練習後、5人中4人で自分のクルマで西葛西のジョナ○ンに行き、打ち合わせ。les Cinqの詳細がかなり固まってきました!
    宣伝の方法、受付やセッティング、司会の有無、プログラムをどういう風に作るか、会計をどうするか、などの運営的なことについて、この日、かなり見通しをつけることができました。

    で、いろいろと熱いメンバーなので、音楽談義に華が咲くうちに気付いたら午前2時を回っておりました・・・。

    音楽談義の内容
    ・マンドリンのトレモロと一緒に発生するカサカサ音以外の雑音(というかウネリのようなもの?きちんとした奏法してる人に特有の雑音らしい)について
    ・パートバランスのとり方、他パートの聴き方。聴けたはいいが、それをどう自分の演奏に反映させるのか。
    などなど

    マニアックですが、決してオタッキーではない所がいいですね。合奏してるのなら次元の高い低いはあっても誰しもが必ず必要な話でしょうから。

    当然みな終電もなく、ワタクシのクルマで全員の家まで送り届け、帰宅したのは午前4時過ぎ。

    次の日、起床したら12時でしたね。
    当然、午後1時に新宿区大久保で行われた大学OBの練習は遅刻しました(20分の遅刻で済んだのはエラい、、、こたーないか・・・)

    スポンサーサイト
    マンドリン合奏 | 01:50:17| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。