FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    カラダを使う前に
    最近というか今日、ビックリしたこと

    ↓のニュースです。

    新入社員に会社は絶対?4割以上「指示通り行動」

     今春に入社した新入社員の4割以上が、「自分の良心に反しても会社の指示通り行動する」との考えを持っていることが、財団法人・社会経済生産性本部の調査でわかった。

     会社に従順な傾向は、やや好転したとはいえ、依然、厳しい雇用情勢を背景に、「新入社員の保守化」が強まったためとみられる。

     調査には、今年3~4月に新入社員研修を受けた男女1848人が回答。「自分の良心に反する手段で、仕事の遂行を指示された場合」への回答で、「やりたくないが指示通り行動する」が43%で2年連続トップ。一方、「できる限り避ける」は41%にとどまった。

     また、「自分がなじめない仕事を我慢して続けるのは無意味」との設問には、70%が「そう思わない」と答え、過去最高だった。さらに「会社の運動会などの親ぼく行事に参加したくない」との考えにも、過去最高の82%が反対している。
    (読売新聞) - 4月28日14時28分更新


    数々の不祥事、硬直化して改革ができない組織、そんな日本の現状を若者がこうも肯定してしまうとは。。。
    「負け犬」ありきで人生設計を行っているんですね。諦めなんでしょうか?

    そんな生き方はたとえカイシャ内で勝者となっても、世間様に顔向けできる人生を送っていないという点において、人生の敗者であると、ワタクシは思います(ちょっと言いすぎ?)。

    ま、両方をうまく取れる人間こそが本当の勝者なのでしょうけれど。

    と言いつつ、この記事の結果は、多少予期できた結果でもありますけどね。

    普段見ていても、今の30代は割と個人主義的傾向・日本社会に対してある種、悲観的な人が多い傾向があるように思いますが、20代前半くらいの世代って、景気がどん底なのが当たり前って世代のせいか、非常にプラグマティックにモノを考えている気がします。

    近年、ニートやフリーターが問題になっていますが、この異様なまでに従順な「社畜」たちのメンタリティも、ニートと表裏一体なのかな?という気がします。
    何かに対して、諦めている。
    諦めた結果、取った行動が違うというだけで、人生観そのものに大差がないような気がしてしまうのです。
    明るい未来(ってチンケな言葉ですね!)を若人に提供できない上の世代(ワタクシもまあそうです)は責任重大ですかね。


    それにしても、政治の世界もビジネスの世界も、みな、今の日本は「マッチョ化」が進んでいますね。

    ここ10年くらいで「IT化は人間をラクにするものではない」ということも、いよいよ明白になってきていると思うし(SEのみなさんの残業時間を見れば、明らかですよね)、そもそも「進歩的な考え方」ってものが、流行らない時代だなぁとつくづく思います。

    で、例の尼崎の列車事故にしたって、オーバーランと時間遅れに対しては、後で半ば軍隊式の厳しい訓練が待っていたようで。
    あの事件は多分に「顧客の安全」よりも「組織の内向きの責任感」を優先させる風土により引き起こされたものだと言えそうです。

    そうそう、自分の上司が時々言うことに、

    「カラダ使う前に頭使え。カラダ使うのは最後でいいから。」
    というのがあります。
    多分にインテリ的人間を自認しているウチの上司らしいなぁと思う発言。もしかしたら、人によっては反発するかもしれません。

    でも、これは正しいと思います。
    脊髄反射でカラダ動かして仕事してたら、組織はどんどん動脈硬化を犯します。
    仕事に関するアイデアが生まれなくなるし、おかしいこと・法的に問題のあること等にもイエスマンとなってしまう。

    とにかく、仕事やってる時間は単純作業に費やす時間を極力減らして、できる限り考えることに多くの時間を使う。
    これが大事だと最近特に思います。

    でも、自分としては、これにもう1つ加えたい。

    「カラダ使う前に頭と心を使え。カラダ使うのは最後でいいから。」

    臭すぎですか?

    未分類 | 00:43:55| Trackback(0)| Comments(0)
    前のページ 次のページ