FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    主治医
    4月2日(土)午前中に書いたブログのエイプリルフール写真が不評だった(当たり前)ため、差し替えさせていただきました。ご了承ください。

    アンケートを締め切りました!
    いよいよ結果発表ですよーん。

    まずは0票(寂しい、、、)

    ムニエル、ミケーリ、アンブロシウス、アマディ、バウマン、一人も知らない
    残念!!
    まあ割とマイナーな作曲家がここに集まりましたね。
    一人も知らない人は、わざわざそんなことを表明するまでもないってことでしょうか?

    6位 1票 ラビトラーノ、マンドニコ、カラーチェ

    上位がマンドリンオケの定番曲をたくさん送り出している作曲家で占められる中、このあたりは「変り種」として捉えられたのでしょうか?

    3位 2票 マネンテ、ヴェルキ、ボッタキアリ

    このあたりはマンドリンオケの定番曲をいくつも送り出している作曲家群ですね。
    なんて書き方が白々しいのは、実はワタクシ、このあたりの作曲家の曲を演奏したことがほとんどないのです(1度以上はありますが)。ごめんなちゃい~。

    2位 4票 ファルボ

    うん、これは結構妥当だと思います。
    他のマンドリンオリジナル作曲家と比べても、一段階レベルが違う曲を書いてますよね。
    組曲スペインがワタクシ、お気に入りでやんす~(マンドセロはムズイけど)
    マンドリン四重奏曲というマンドリン室内楽の定番もありますしね。

    いよいよ1位の発表でございますわよー(黒柳徹子@ザベストテン風に←26歳未満理解不能ネタ)





    1位 5票 数人知っているが興味なし

    ハハハ、これが1位とは~。

    とか言いつつ実はワタクシの日ごろの交遊関係を考えると、これが1位になることは予想の範囲でした(ホリエモン風に言ってみる)。

    というわけで、このアンケートから何がわかったかと言うと、

    ・このブログ読者には、マンドリン関係者はそこそこいるが、そんなにマンドリンオリジナル曲に思い入れがない人が多い

    わかることって、そのくらいのものです。
    日ごろこれらの音楽のことをほとんど書いてないのに、無茶でしたね。。。

    で、次のアンケートは、ご期待に応えて?

    「好きな指揮者は?(現役のみ)」

    です!

    2重投稿はできませんが、アクセス解析は外してますので完全無記名投票可能です。
    あんまり深く考えずにテキトーに投票してみてくさいませ。
    よろしくお願いしますです~。

    ところで、今日は病院へ行きました。

    この病院は先週に続いて2度目。
    どこの病院かって?←誰も聞いてない

    ↓の画像がその最寄り駅を出たところから病院方向を撮影したもんです。
    これだけでどこの街だかわかる方、います?
    050402_1729~0002.jpg



    そして、↓が病院の入り口近く。名前がモロバレですね(^^;)
    なんと病院の敷地内にスタバがあります!つーか、もっと健康にいい店にしろよ。。。

    コーヒーはカラダに良くないってことで、既に3週間くらい飲んでないんすよー。でも「タゾチャイラテ」とかいうのに実は少しハマッテます。シナモン入りのミルクティ。

    juntendou.jpg



    病院の中は↓のような感じ。とてもキレイで明るいです。こういう色調の病院は今でこそ少し増えてきましたが、ここが草分け的存在だそうです。

    でも、どっちかというと温かい家庭的病棟というよりは、未来的な治療をしてくれそうな宇宙ステーション的病棟っていう雰囲気かもしれません。

    050326_1314~0001.jpg



    で、先週受けた血液検査と尿検査の結果が出ていました。

    で、おおよその病名が判明しました。
    結果は想定した範囲(≠ホリエモン風)でしたが、その中では比較的マシな部類の模様。

    ただ、これが今後、急速に悪化していくのか、現状を維持するのか、ここらへんが更なる精密検査を入院して受けなければわからないんです。

    そして、入院の時期は5月中旬~後半にかけてとなりました。
    以前から密かに考えていた、

    「GW前に入院し、GW直前に退院してGW中は家で養生する」

    という作戦はモロくも崩れ去りましたが、それくらい先でも問題ないとお医者さんが考えてるってことは、やはり急激に症状が悪化するもんでもなさそうです。

    でもって、今日、ワタクシの主治医が決まりましたよ!

    人生初の「主治医」です。なんか自分がちょっとエラくなった気がします!(←アホ)

    でも今までに出会ったお医者さんの中で一番素晴らしい先生!!

    というのは、手術の腕前がブラックジャック並だとか、そういうことではなくて、インフォームドコンセント(患者に対する説明と同意)への配慮がきちんと行き届いていて安心できる先生なんです!

    まず診察室に入ったとたん、

    「長い時間お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした」

    エエーーーー!!
    ぶったまげました。
    だって、病院って普通は待たせてナンボ。っていうか、こっちが診察受けてる最中にケータイにかかってきた電話に出たあげく、通話が終わっても詫びのひと言もなしに診察を再開するような悪態ツキの高ビー医師が多いですから。

    そしてコチラの安心したいがための半ば野次馬的な質問に対しても懇切丁寧に答えてくれました。
    これにより、自分は、今まで不可解だった

    ・検査結果から想定できる病名の種類
    ・いつから入院できるのか
    ・検査入院までにあとどれだけ通院するのか
    ・検査入院後、さらに入院を継続する必要がある場合、一度シゴトに復帰してからにしてもいいのかどうか
    ・食べてはいけないもの
    ・他の病院に比べて入院費用は高いのかどうか
    ・検査1つ1つの持つ意図

    などをようやく知ることができたんです。

    別に病気が軽くなったわけではないのですが、食事制限が少し軽くなった(っていうか今までは勝手に制限してたら、それが少々やりすぎだと判明した^^;)のと、尿検査の結果が少し良くなっていたので、いま、少しハッピーです。

    というわけで帰りに調子こいてCDを買ったりしました。

    最近1か月で購入したCDリスト(中古が多いので、あまり金はかかっていませんです。1枚平均1000円未満)

    ・ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
     エッシェンバッハ指揮/パリ管弦楽団(ライブ)

     ↑テンポ遅すぎですが、フレージングが鋭角的なので飽きません。お気に入り。

    ・シューベルト:楽興の時、ピアノソナタ第7番作品568
     内田光子(ピアノ)


    ・同上
     ブレンデル(ピアノ)

     
     ↑クラシックの醍醐味は同曲異演を聴くことです!シューベルトのピアノ曲と声楽曲は最近マイブーム

    ・シェーンベルクin Hollywood
     「弦楽オケのための組曲」など
     マウチェリ指揮ベルリン放送交響楽団


     ↑現代音楽の祖、シェーンベルクはユダヤ人だったので、ナチから逃れてアメリカに亡命したんですね。その時期(彼の晩年に当たります)の作品。古典主義への回帰、わかりやすい音楽に戻るといった傾向があります。

    ・ショスタコーヴィチ:室内交響曲集(バルシャイ編曲ほか)
     バルシャイ指揮ヨーロッパ室内管弦楽団


     ↑隠れた(ってほどマイナーでもないですが)名曲集

    ・ブルックナー:交響曲第8番(オルガン版)
     ロッグ(オルガン)
     

     ↑いわゆるネタCD

    ・メシアン:世の終わりのための四重奏曲
     武満徹「遮られない休息」ほか
     ウェーベルン「四重奏曲Op22」ほか
     ストラヴィンスキー「兵士の物語」「イタリア組曲」ほか

     タッシ(四重奏団)他
     

     ↑メシアン、マイナーなようですが、実は結構定番。(メシアンとしては)結構聴きやすくオススメ。

    ・武満徹:ギター作品集成
     鈴木大介(ギター)


     ↑部分的に持ってる曲はあったのですが、まとめて聴きたくなったので購入しました。

    ・マーラー:交響曲第7番
     ベルティーニ指揮東京都交響楽団


     ↑これはナマでライブを聴いたんです。
    ベルティーニはつい先日亡くなったので、偲ぶ意味も込めて購入。ベルティーニのライブは結構いっぱい聴きに行きました。マーラーと、それからバルトークではハズレがない指揮者でしたね。音がちょっと硬い感じですが、熱い熱い演奏になっています。

    ・ラヴェル:管弦楽曲集
     (なんと、「夜のガスパール」のオケ編曲版が収録されている!)
     エッシェンバッハ指揮パリ管弦楽団


    ・クルト・ワイル:「7つの大罪」、ベルク「ルル組曲」
     マズア指揮ニューヨークフィル


     「三文オペラ」でも有名なワイルの「7つの大罪」は怠情、傲慢、激怒、飽食、姦淫、貪欲、嫉妬 の7つの大罪を扱った歌曲集


     


    スポンサーサイト



    未分類 | 01:19:00| Trackback(0)| Comments(0)