FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    こうもりモリモリ
    一体全体、いつ以来の練習記録だろうか??
    久々にマンドリン合奏練習をやってきました。

    マンドリンアンサンブル「リベルテ」合奏練習
    10-13時 幹事会
    13:30-17:30 合奏練習


    ★幹事会(10-13時)
    自分は今回、マンドロンチェロパートのパートトップなので、幹事会にも要出席なんです。

    今まで幹事会と言えば“未完成』という楽団でしか経験してこなかったので、とても新鮮でした。

    会議の進め方、雰囲気、話す内容などなど、それぞれ全く独自のものがあるんだなーと。どちらが良いとか悪いとかではなく、違いは違いとして尊重し、掛け持ちしていきたいと思います(これ、掛け持ちの基本精神ナリ)。

    ★練習(13:30-17:30)
    今日は練習で楽器を弾くのではなく見学するつもりで一番後ろのプルト(列)に座っていたが、何だかんだで結局全部弾いてしまいました(^^;)

    やった曲:「こうもり」序曲(J.シュトラウス2世)のみ!

    わずか8分くらいのこれ1曲のみを細かく練習。

    楽器をまともに弾くのが久々の自分。
    もちろん調子はゼッ不調!(笑)

    しかし、今日は久々に前向きな気持ちになるのに非常に都合のいい選曲(とても明るく優雅で前向きな曲ですから!)、本日の指揮者A君の練習も曲への思い入れを誘うようなもので、最初は恐々弾いてたのが、途中から曲に没頭して弾いている自分がわかりました。

    J.シュトラウスの音楽を演奏するのに当たって重要なポイントになる「ウィンナワルツとは何ぞや?」的な話も、よくある「2拍目を前に」とかそういう形式論ではなく、リズムの感じ方の根源に迫るもので、「嗅覚を養う」とでも言えばいいんでしょうかね?ある種動物的とも言えるもの。とてもいい練習だなぁと思いましたよ。
    むしろ形式だけでやろうとすると音楽が不自然になり死んでしまうというようなことを言っていたA君のコトバが印象に残りました。

    もっとも個人的には「練習しないとダメだこりゃ」ってことがよーくわかったので、そろそろネジしめていこうと気持ちを新たにしました。

    これを機に「こうもり」序曲に関して、所持しているCD・DVDをかき集めてみました。

    初めてこの曲を認識したのは中学生の時に聴いた↓のCD

    ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート1987
    指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

    486.jpg


    これはあの帝王カラヤンが生涯でたった1度だけ登場した奇跡のニューイヤー1987年のライブ録音。
    「こうもり」序曲は今聴くとややガッシリし過ぎていて、この曲に欲しい躍動感などが今一歩乏しいようにも思いますが、自分にとってはこの曲のファーストインプレッションだったこの演奏は刷り込み的名演。
    ちなみに今、CDとDVDがほぼ同価格になってますね。2500円くらい(HMVの場合)。DVDでも購入してみたいかも。

    そして、その後は日本で大ヒットした小澤のウィーンフィル・ニューイヤーとか、インマゼール指揮アニマ・エテルナの古楽器による「ウィーンのリズムそっちのけ」悪趣味な演奏(ワタクシの個人的感想)とか、ウィーンフィルの来日公演でのアンコールの演奏(指揮:カール・ベーム)とか、いろいろこの曲については聴いてきました。

    そんな中でワタクシ一番のオススメは・・・

    ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート1989
    指揮:カルロス・クライバー


    DVD


    CD


    クライバーの「こうもり」序曲は他に歌劇全曲DVDの冒頭部分もありますが、躍動感・完成度ともにこっちのニューイヤー版が素晴らしいっす。特に映像で観ると、指揮棒が信じられないような軌道を描いているのが見てとれます。あれは「指揮者を見て演奏活動をしている全世界の音楽関係者」必見です!
    あのリズム感は「天才」としか言いようがないっすね。圧倒されます。何度でも繰り返して観たくなります。現にワタクシ、先ほどから4回連続して観てしまいましたよ(*^_~*)

    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 00:38:04| Trackback(0)| Comments(2)