FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    7/17練習記録
    今日はリベルテのマンドリンオーケストラ練習でした。
    (リベルテは、演奏会の前半が小アンサンブルで、後半がオケ)

    場所:横浜(桜木町)
    練習曲目:「こうもり」序曲(Jシュトラウス2世)
         ピアノ四重奏曲第一番 作品25(ブラームス)より第一楽章(本番は全楽章やります)

    練習後、呑んで(自分はクルマだったので、ノンアルコール)帰宅。
    いつ以来だろうか?超久々の「午前様」となってしまいましたねー。

    「こうもり」はまあそこそこになってきましたかね。全体も自分も。

    ブラームスは、なかなか難しい!

    と言っても、うちのパートに関して言えば、どうしても指が追いつかない!っていうほどエグイ箇所はない。

    問題なのは「表現」ですね。
    スラーの処理、PやPP・クレシェンドなどの音量の加減、マンドリン属の楽器に常につきまとう「トレモロか単音か」の問題、トレモロの速度、ピッキングする音の硬さ(ピチカートの方が良いかどうか)などなど。
    もっと曲を知り、これらの奏法を必ずしも指揮者の言うまんまというのではなく、自分の頭で考えなければなりません。

    自分の今年のこのオケでの役どころは「マンドロンチェロパートトップ」。

    この楽団は若くて元気が良くて、音楽的にも向上心や野心?を持った人がいっぱいいるので、そんな中でトップをやるというのは、ハッキリ言って年功序列の名誉職的側面もあるにせよ、自分にもそれなりにプレッシャーというか責任は感じるのですよ、ええ。

    そこで困るのは、今年の夏にこれから2度入院するということ。
    練習にも打ち合わせにも、かなり支障が出てしまいます。

    例えば、自分のパートにおける上記のような「表現」の問題は、パートトップに負う所がかなりあります(リベルテの場合、下振りで指揮を振る2人がコンマスとマンドラトップなので、マンドリン属の楽器への造詣が深い彼らの指示で奏法が決定されることも多いですが)。

    今日は合奏していて、「正しくはどう表現すべきなのか?」確信を持てない箇所がたくさんありました。
    リベルテの良いところは、奏者がある程度自発性を持って、曲作りしていく所だと思っているのですが、曲がわかっていないと、単に「弾くだけ」になってしまい、合奏練習の時間を有効に使うことができなくなります。

    入院中のタスクにまた1つ「譜読み」が加わりましたね。

    明日は小編成アンサンブル、les Cinq(レサンク)久々の練習です。







    マンドリン合奏 | 01:50:05| Trackback(0)| Comments(0)
    前のページ