FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    結局、マンドロセロ弾いてる時点でお前は・・・というお話
    アンケートの結果発表です

    【11/25まで】好きなミュージカルは?

    1位 オペラ座の怪人
       ウエストサイドストーリー (3票/21.4%)
    3位 マンマ・ミーア
       サウンド・オブ・ミュージック (2票/14.3%)
    5位 レ・ミゼラブル
       ウィー・ウィル・ロック・ユー
       レント
       その他(オケピ!) (1票/7.1%)


    「オペラ座の怪人」って冷静に考えるとたわいもない話ですが、音楽の盛り上げ方が上手いし、妙な?カタルシスもあるし、結構ハマリますよね。
    ちょっと自慢しちゃうと、自分は「オペラ座の怪人」を

    ニューヨーク(ブロードウェー)
    ロンドン(ウエストエンド)
    東京(四季)

    全て観たことありますよん♪

    個人的にはロンドンのが一番良かったです。
    歌唱のレベルとかはニューヨークの方がもしかしたら高かったのかもしれないけど、やっぱロイドウェッバーってロンドンの方が様式的にピタっと来るものがあるんですよね。

    と、自分が語れるこの世で唯一のミュージカル話でした(^^;)

    「ウエストサイド~」は舞台っていうよりは、映画とサントラって感じが自分的にはありますが、いいっすよねー。
    某“未完成』代表は、一時期やたらと「オレはシャーク団」とかのたまってましたっけ・・・。

    他には個人的には、
    「マンマ・ミーア」と「ウィー・ウィル・ロック・ユー」を一度観てみたいっすね。

    お次のネタは、

    【好きな寿司ネタは?】

    です。

    食事制限を課されている自分でも寿司は、まぁたまになら食べてもいいかなって思ってる食品です。

    ----------------------------------------------------------------

    最近、読んだ本

    「四国はどこまで入れ換え可能か」佐藤雅彦著(新潮文庫)



    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    佐藤 雅彦
    1954(昭和29)年静岡県生れ。東京大学教育学部卒。電通クリエイティブ局などを経て、’94(平成6)年企画事務所TOPICS設立。’99年より慶應義塾大学教授。慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の活動として、NHK教育番組『ピタゴラスイッチ』や『日本のスイッチ』(毎日新聞社)の企画・制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    なんといいますか、「フツーに面白い」っすよ、これは。

    中身は「四コマ漫画+パズル」で構成されている、多分に「理系的な本」(偏見?)。

    いやー、でも私は著者のことよく知らないけど、ぜったいこの人は理系的な思考の人ですよ。
    パズルだけでなく、ギャグセンスとかに理系的なものを感じる(めちゃくちゃ言ってますがな、ワタクシ)。

    でも、どう考えても理系じゃないワタクシにも、これは楽しめた。
    (なにせ自分、高校の時の期末試験で【物理6点・世界史94点】だったことがあって、
    「オー、足したら100点!どうだ、これじゃ優等生だか劣等性だかわかんねーだろ!!」
    とか言って一人ではしゃいでました^^;←ていうか、「6点」って恥ずかしい点数なんだから、少しは伏せろって・・・)

    でも、ハッキリ言って、ひねくれ者のワタクシ。

    100人中50人以上が面白いと思うようなもんは、いちいち自分が紹介する必要もなかろう、とか思ったりもする(エラそう過ぎです)のですが、これはまあ100人読めば95人は「おもろい!」って言うと思うので、これくらい普遍的に面白ければ、まあいいかなーという気もしなくもない。

    佐藤雅彦氏って、クリエイティブ系(っていうんでしょうか?)の世界じゃカリスマ的有名人みたいですしね。
    もっとも自分はそういう世界の人は、この人以外だと糸井重里くらいしか知らないのですが。いずれにせよ自分には相当縁遠い存在であることは確か。

    で、自分はどっちかというと、流行物とか、軽くブームなものとかよりは、100人中97人にムシされてても、3人が「大好き!」って言うような「ニッチ」的なものが好きなわけです。

    例えば、チェコアニメとかヤナーチェクのオペラとかウズベキスタン共和国とかポーランド映画とか・・・

    そして極めつけは、マンドロンチェロ!(笑)

    だから、ただでさえマイナーなマンドリンという楽器を使った楽団にいて、さらにその中でもマイナーなマンドロンチェロなんて楽器弾いて、マンドリン界でもかなり「異端」な選曲の演奏会ばかり出演してるというワケですかねえ・・・。



    マンドリン合奏 | 01:04:25| Trackback(0)| Comments(2)
    前のページ 次のページ