FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    「2部が良かった」理由に迫る
    いま、自分は3つブログを持っているのですが、全部毎日更新するってのは、事実上不可能。
    せいぜい2つって所ですね。

    今日は久々に「一日一善 ~今日の1曲・今日の1枚~」を更新しました。

    といいますのも、本日はサイモン・ラトル指揮ベルリンフィルの新しいDVDの発売日だったのですが、そのDVDというのが、な・なんと「ピアノ四重奏曲第一番」(ブラームス/シェーンベルク編)だったんです!

    というわけで、先ほどからずっと観ているのですが、いやー素晴らしい演奏!

    いまちょうど4楽章の中間部、映画「仕立て屋の恋」の挿入音楽にもなっているロマンティックな旋律を聴いています。美しい場面なんですが、この演奏はすごい迫力でもあります!

    リベルテ出演者及び来場者の皆様は全員、このDVDは買いですよ!(オイラ、どこの廻しモンだ・・・?)

    リベルテの演奏会について、その後、来場くださった様々な人にリサーチをしたのですが、どうも団員とお客さんとでかなり感想に食い違いがあるということがわかってきました。

    団員の多くは、「一部の方が良かった」と思っている感じなんです。
    完成度が高かったというのが主な理由ですが。

    しかし、お客さんについては、自分が聴いた範囲では何人もの人が「2部の方が良かった」と言っているのです。

    思うにこれは演奏ではなく、曲の内容というのがかなりあるのではないかという気がしたんですね。
    なにせブラームスは特に4楽章の後半なんか、めちゃくちゃ格好いいですからねー。

    そしてもう1つ、非常に大きい要素として、2部はプロの岡田先生に振っていただいているので、解釈など、意図がお客さんに対してより明確に伝わったということもあるかもしれません。

    団員からしてみれば、3楽章の終盤でめちゃくちゃ狂ったりしてる2部がどうしてそんなに1部より褒められるの??って感じだったりするんですが、得てして演奏会のお客さんの感想というのは、団員の感想とはくい違うものなのですね。

    しかし、お客さんも審査員となる1月の合奏コンクールにおいて、この要素は軽視すべきではないような気もします。
    (かといって、じゃー何をやればいいの?って言うと、よくわからない。お客さんを楽しませる意識みたいな抽象的な何かが必要な気はしているんですが。。。)。

    ま、今日はこっちのブログはこれくらいにして、この素晴らしいラトルの演奏に身を委ねて寝ますzzz

    スポンサーサイト



    音楽全般 | 23:59:05| Trackback(0)| Comments(5)
    次のページ