FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    les Cinqタイムとは?
    約1週間ぶりに楽器を弾きました。

    ヒドイ・・・。

    一週間でこれだけヒドイとは(>_<)

    っていうか一週間前もかなりひどかった気がするのですが(笑)

    それにしても、

    「楽器を1日弾かないと取り戻すのに3日(7日?)かかる」

    ってのは、本当ですねー。

    もっとも、今年はもっと長い入院もしてるので、そんな時はもっともっと弾いてなかったんですけどね(爆)

    とりあえず今日のところはリハビリとして小一時間ほどやって少しだけ感覚を戻しました。

    練習のメニューは3点

    1)基礎練習(うまく手が動かなかったので)
    2)les Cinqと“未完成』の譜面をさらう
    3)先週のリベルテの復習!


    1)と2)について

    久々にメトロノームを使って練習。

    自分はメトロノームを効能をこう捉えています。

    ・曲のおおよそのテンポを知る道具(参考程度)
    ・リズムをちゃんと取れているかどうかを確認する道具(譜面が複雑な箇所では重宝)
    ・無意識に走ったり遅れたりしていないかどうかを確認する道具
    ・基礎練習のお供

     
    ただし3点目は必ずしも「悪」とは言えない面もあり、音楽の自然の流れに乗っていれば、その中で細かく加速したり遅くなったりテンポが伸縮しているのはよくあることで、そんな場合はたとえ無意識でも、完全にインテンポで曲が進行する方がむしろ異常というわけです(そういう曲もありますが)。

    ですので、自分の場合は主に最初の2点、あとはたまに4点目ですね。

    作曲する人だと、この他に

    ・曲のテンポの目安を演奏者に伝えるため

    が入ってくるわけですね。自分にゃ関係ありませんけど・・。

    自分は、先々週のような演奏会直前期においては、まず間違っても個人練習でメトロノームは使いません。

    そんなことするのは、試験前日に「カンニングペーパー」作ってるようなもので(?)、演奏会本番でメトロノームは持ち込めないんですから、直前期はメトロノームに頼らずともテンポを自分で作れるようにしなければなりません(特に指揮者がいないアンサンブル合奏や、自分はやらないけど、独奏ではそうでしょうね)。

    3)リベルテの復習

    11月に演奏会が終わったリベルテですが、同じ「くるみ割り人形」で今度は1月の合奏コンクールに出るわけでして、今後も引き続き何度かそのための合奏練習もあります(ライバル団体さんに影響与えないよう、この話は今後あまり書かないようにしときます^_^;)

    はっきり言って、これまで自分は

    「演奏会は弾き逃げ!」

    って思っておりました(←ヒド~イ!・・・信じられんない!!)

    ワタクシのような一介の社会人楽団構成員だと、大抵の場合は演奏会で一度弾いた曲って、その後しばらくは(自分自身が)再演することもありませんから。

    「練習の出来がどうであろうが、本番では気持ち良く弾いて、演奏会が終わったら、ハイ!その曲は(5年~10年は)お役目ご免!」

    みたいな(笑)

    でも今回のリベルテの「くるみ割り人形」、これについては11月と来年1月、どちらも大マジですから、11月で一度ホンキでやった上にさらに上積みを目指さねばなりません。

    2か月もあると、

    「一度ピークに持っていったものを、落ちないようにする」

    だけでも結構大変だと思いますが、さらに11月の反省点をクリアしないと!って思うので、今後はles Cinqと“未完成』に集中!!って思っても、これはこれでかなり頑張らないといけないわけで。

    --------------------------------------------------------------

    ところで、話は全然変わりますが、自分はこのブログで知り合いのことなど、あまり書いてこなかったのですが(プライバシーの問題もあるので)、今日はほんの少しだけ。

    les Cinqや“未完成』でご一緒しているギタリストのKMD君(実は職場でも同僚)という人がいますが、彼と今日話していて、

    「あー彼はつくづく演奏家気質の人だなー」

    って思ったんですね。

    自分は演奏もしたいけど、それと同じくらい、ただただ良い音楽に触れてみたいだけだったり、むしろ音楽にまつわるウンチクの方により関心があったり、音楽哲学や音楽美学みたいなのに興味があったり、自分自身は一生かかっても演奏できないような難解な音楽や全然違う分野の音楽にも興味はある、って感じなのですが、自分が思う「演奏家気質」の人ってのは、まず何よりも自分の演奏・楽器ありきの発想ができるんですね。

    自分が演奏しないタイプの音楽にはあまり触手を伸ばさないという欠点?もあるのですが、それは演奏家としての責任感の重さにもつながるように思います。

    で、そういう人は大抵、いい表現をするにはどうすればより効果的か、みたいなことをずっと考えている。

    自分の大学のOBで、「学生時代は道を歩く時ですら常に譜面のこと以外頭になかった」と言っていた人がいますが、これは自分には到底マネできません。
    素直にスゴイと思うし、尊敬します。

    そんな気質を持つKMD君ですが、最近は毎日一定時間、

    les Cinqタイム

    を作ることにしているそうで、これはぜひ自分もマネしなきゃ(笑)って思ったんです。

    les Cinqだけじゃ悪いので、もちろん「リベルテタイム」「“未完成』タイム」も作りつつ(^^;)

    英会話だって、一週間に2時間まとめてやるよりも、一日20分のラジオ聴いた方が伸びるとか言いません?(言わないか)

    で、あとは練習もそうだけど、譜面のこととか、あとは楽団運営的なこととか、メンバー間の連絡とか、いろんなモロモロのこと込み込みで、

    これから12月17日(土)までの間、自分の生活の中で必ず毎日30分間、les Cinqタイムを取ることにします!

    これはどんなことがあっても必須とします!

    飲み会があろうが、遊びに出かけようが、仕事が遅くなろうが、体調がサイアクであろうが。
    (そんな日は電車の中で譜面読むだけでも効果的でしょうしね)

    というわけで、ワタクシの(旧)ブログの初期の頃によくやっていました、

    「自分で自分にプレッシャーかけて実現せざるを得なくする作戦」

    を約1年ぶりにやってみることにした次第っす~。






    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 00:50:37| Trackback(0)| Comments(0)