FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    マンドセロへの要求
    今週末は土曜日がマンドリン五重奏団les Cinqの練習で日曜日がマンドリンオケ“未完成』の練習です。

    ここで、les Cinq(レサンク)の演奏会もいよいよ近づいてきましたので、改めて告知です!

    Mandolin Quintet les Cinq(レサンク)結成演奏会

    日時:2005年12月17日 開場:15:00 開演15:30
    場所:日本福音ルーテル小石川教会
    (JR山手線巣鴨駅徒歩10分、都営三田線千石駅徒歩5分)
    入場料:当日券のみ500円(ステキなお茶菓子付き!)
    ※前売り券の販売はいたしません。ご了承ください。

    【曲目】
    ヴァイオリン協奏曲「調和の霊感」Op.6-3(A.Vivaldi)
    「目覚めよ、と叫ぶ人の声あり」BWV465(J.S.Bach・久松祥三編)
    セントポール組曲(G.Holst・安藤雅人編)

    (休憩 ステキなお茶菓子をどうぞ!)

    チェチェリアーナ"マックス・ローチの主題に依る10の変奏曲"(C.Mandonico)
    組曲「ドリー」(G.Faure・安藤雅人編)

    les Cinqホームページ http://www.geocities.jp/tso_memo/les_Cinq.html


    当日券のみですので、集客の見込みが全く見当が付かない。
    これって怖いです。
    当日、フタを開けたらお客さんが1人とかだったらどうしよう!?とか(その場合、逆に少なすぎて誰にもバレないので、ブログでは「立ち見も出るほどの盛況でした~!」とかウソつくかも^^;)

    ま、もしよろしければいらっしゃる予定の方、コメントでもメール(tatecchoあっとまーくyahoo~です)でも何でも構いませんので、事前に意思表示していただけるとちょっと安心できたりします(笑)

    演奏会のポイントはズバリ!




    ステキなお茶菓子付き!(笑)

    いや、実際、この「菓子」はですね、そんなに知名度があるわけでもない(チェーンじゃないので)知ってる人からの評判は非常に良いものです。

    ワタクシに対して普段なら憎まれ口を叩く輩でさえ、ここのチョコレートケーキ食べさせた時はですね、さすがに「まあこれは確かに美味い」と認めざるを得なかった、そんな逸話(まゆみ・・・古すぎやろ)も残っているとかいないとか(まるで映画「ショコラ」みたいな話ですねぇ!?)

    さて、今週末に練習のあるles Cinqと“未完成』ですが、ワタクシの楽器マンドロンチェロに対する要求が全く違うので、それがなかなか大変です。

    les Cinqの場合、1stM,2ndM,Dola,Mandocello,Guitarという編成なので、マンドセロがおのずとベース音を担当することが多いです。

    一方“未完成』では、マンドローネこそいませんがコントラバスがパートとして存在するのと、恐らくは編曲者の趣向が加わり、マンドセロはA線の高音域でのトレモロなんかが多いんです。

    自分は単純に「得意・不得意」で言うと、後者の方がどっちかと言えば得意(って言うほど得意でもないのですが、強いて言えばってことで)。

    前者の一番低いC線のベース音は、ずっとやってるとそのうち左手の握力が耐えられなくなって、どうしても音が濁ってきてしまう。

    というわけで、今日は初心に帰って?C線でクリアな音を出す基礎練習をやってました。

    いま、自分はC線には多数派のOptimaではなくARS弦を張っているんですが、これが一長一短で、弦がなかなか死なずにいい音をキープできる反面、チューニングが狂いやすい・2本の弦を同時に鳴らしにくい(1本1本の弦の強度が強すぎるのではないかと)といった物理的欠点(?)もあるように思います。

    明日、楽器店へ行く予定なので、今度はOptimaの黒(青)に戻そうかなあと検討中です。

    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 01:00:41| Trackback(0)| Comments(0)