FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    レッツらコンサート
    最近、なんでもクラシックブームだそうで

    ↑のリンク先にもあるように、「のだめカンタービレ」の影響は大きいでしょうね。「ベスト・クラシック」シリーズっていうCDのシリーズがあれだけ大ヒットしたのだって、「のだめ」によって多くの人の興味が喚起されていたということもあるんじゃないですかね?

    この「ベスト・クラシック」シリーズ、特に第一弾の「BEST CLASSICS 100」は、初心者(っていうか、将来に渡って中級者・上級者を目指すつもりもハナからないような人々)をターゲットにしたCDだと思いますが、どうしてなかなか、クラシックCDを既に1500枚くらい所持しているワタクシのような上級者もといオタク(笑)でさえ十分食指が伸びそうになる好企画ですよ、これは。

    案外こうしたCDに収録されているくらいの超ポップでキャッチーなクラシックって、たとえ持っていなくても今さら単品で買う気もしないですし、こういうのは1つや2つ持っていても悪くはない。

    しかし、実は「こういうの」は既に1つや2つ持っていたりもするので、ワタクシはこれについては購入は見送りましたが・・・。

    そして、「のだめ」や「ベスト・クラシック」シリーズの貢献によりクラシックファンが増えてくると、今度は一歩進んで、

    演奏会に行こう!

    ってなる人も少しは出てくることでしょう。

    「超」が付くほどの名演奏なのに客席ガラガラということもある昨今のクラシック音楽の演奏会。
    (オケやリサイタルはそれでもある程度の集客力はあるけれど、室内楽は結構悲惨かも。「世界有数」レベルのカルテットでもソールドアウトになるのは極めて稀という状態。もったいなさすぎ・・・)

    そんな中で少しでもクラシックに興味を持つ人が増えるのは、悪いことではないと思います。

    でも、利己的なことを申し上げれば、

    「チケット取りがタイヘンになるかも!?」

    と戦々恐々にもなってたり(^^;)

    いくらファン人口の少ないクラシックでも、

    ウィーンフィル
    ベルリンフィル
    世界4大歌劇場(ニューヨークメト・ミラノスカラ・パリ・ウィーン)
    「世界のオザワ」が振る公演
    ポリーニ、キーシン、ツィメルマンなどの人気ピアニスト
    ヨーヨーマ、フジコ・ヘミング、村治佳織などの「有名人気」演奏家


    こうした人たちの演奏会はチケット取るのなかなかタイヘンです。

    取れたとしても、一番高い席とかだと正直厳しいもので(平気で5~6万するので・・・)、発売初日(というかプレオーダーで)に比較的安めの席(2000円~10000円くらい)をゲットしておく必要があります。

    今、来年の演奏会チケットがビシバシ発売になっていますから、ここは要チェックや!(スラムダンク風に)

    ってわけで、アーノンクール/ウィーンフィル、アーノンクール/ウィーンコンツェルトムジクス(ウィーンの古楽器オケ)、そんなあたりの来日公演はチケット発売日に押さえに行く予定。

    今月中旬の公式発表に先駆けて、メルマガで発表された「熱狂の日(ラフォルネジャポン)」の概要の一部なんか、かなり期待できるもので、これも来年は早急にチケット取る必要がありそうです。

    そしてそしてワタクシ、本日、来年のキーシンの公演チケットをゲットしました!
    (実は誰か行くのでは?と思い、2枚ゲトしました。どなたか行きません?)

    今、彼の弾く「ペトルーシュカからの3章」他が入ったCDを聴いてますが、メリハリが利いててすごくいい演奏です。



    この曲についてはポリーニのCDがあまりにも完璧すぎて、

    「これがあればもういいや」

    って思っていましたが、キーシンはなんというか、ポリーニに比べるととても「音楽的」(このコトバは曖昧すぎるので日頃は使用を控えていますが、でもこれ以上妥当なボキャブラリーがなかった)な感じが。

    キーシンの評価でよく出てくる「これぞロシアピアニズム」っていう「ロシアピアニズム」がナンなのか、ワタクシにはさっぱ~りわからんのです(リヒテルとキーシンとホロヴィッツとギレリスの共通点・・・あ、「上手い」ってこと!?^^;)が、キーシンの音はCDで聴くだけでも、本当に魅力的!

    明晰なのに温かくて、とてつもない美音で、それでいて構築的で意思が強くて表現意欲を感じる

    そんな演奏だなあと思いました。

    さて、演奏会と言えば、マンドリンの演奏会についても。

    12月は大学生マンドリニストにとっては演奏会シーズン。
    また、今年は個人や小編成アンサンブルで良さそうな演奏会がこの12月に多いような気がします。
    我々les Cinqも負けていられまへん。

    ワタクシも自分のles Cinq(レサンク)の練習・本番の合間をぬっていくつか聴きに行かせていただく所存です(知り合い関係だけでも同じ日にかぶったりしているほどなので、正直どこかで必ず義理を欠く状態に・・・)

    大学生の演奏会、とりわけ自分の出身校の演奏会を聴きに行くといつも感じることがあります。

    それは、

    自分は(そして知り合いの社会人たちは)学生の頃より上手くなっているのか?

    という命題。

    ワタクシの答え:少なくとも自分は上手くなった気がする

    ですね。

    ある程度マジメに活動していれば最低でも週3日・3~4時間/dayくらいは楽器を弾ける学生時代からすると、ほとんどの社会人はそんなにいっぱい楽器弾けやしません。

    なので大抵の人にとって、メカニックな意味での技術の頂点は、大学4年生にあるのかもしれません。
    あるいは中学・高校でかなり燃えた!って人だと高校3年がそうかもしれません。

    自分の場合は、ちょっと特殊かも。
    これでも学生時代よりは今の方がたぶん総合的に上手くなってます。
    (ただ、やはりメカニック的な楽器運用能力という点に限れば学生時代の方があったかも)

    その理由は、

    ・実は自分は大学から楽器を始めた(あんまり過去のことは書かないこのブログなので、これも初めて書いたかもですね)。
    なにぶん経験が浅いもので、30代になった今でもまだ日々伸びてる感じはあるし、となると5年後は今より遥かに上手くなってる予定(はあくまで未定・・・)。

    ・しかも最初の2年間と後半の2年間で弾いてたパートが違う(前半はマンドラ、後半はマンドセロ)

    ・自分の学生時代は基本的に演奏よりも「楽団運営」にもっとも力を注いだ(クラブが潰れかねなかった状況にあり、そうせざるを得なかったのもあった)


    さらに

    ・大学での活動が終わった後、自分は2年半強の間、ほぼ一切楽器を触らなかった(その間の演奏時間は1年間で5分間くらい^^;)。

    ・復帰後も2001年くらいまでは、今から思うとそんなに本格的に演奏活動をやってなかった気がする(今はどうなんだ?っていうハナシもあるが、相対的に当時よりは、やってるかなと)

    ・社会人になってから参加したいくつかのマンドリンオケで膨大な音楽的発見があり、そうしているうちにワタクシの演奏に対する考え方はかなり変わり、演奏が楽しくなった


    そんなこんなで、元々がヘボ過ぎるので、結局はまったくもって低レベルの演奏者なのですが、それでも当社比で大学4年の時の自分より、ほとんどの点で演奏は向上しているように思います。

    ちなみにこのお題、マンドリン界のブログを徘徊されてる方ならお気づきでしょうが、一人部屋様@11/27からお題を拝借したのでした。

    あの方の音は一度だけ、それも合奏の中でしか聴いたことないんですが、知人から漏れ聞くところによると、相当な達人とのこと。
    そんな人があれだけ謙遜した書き方されてるんじゃ、自分なんぞは、「まだピックの持ち方もよくわかんないんすけど^^」とか言わなくちゃいけないかも・・・。

    そのおかテリ様@一人部屋が書いてらしたことで、とてもいい言葉だなーと思った部分があったので、失敬させていただき引用いたします(問題があったら、削除します。その時は遠慮なく仰ってください>おかテリ様)

    そんなに大したレベルにはなれなかったですし、これからも驚異的なレベルアップはないでしょう。だけど、引退してからの8年間でマンドリンと関わってきた時間は悪くなかったですよ。引退前の7年間と同じくらい良い時間でした。

    大学を卒業したら、みんなが楽器を続けられるというわけではありません。突然フィリッピンに転勤なんてこともありますし、結婚して出産することだってあるでしょう。そんな中で俺が続けられたのは運が良かったんだと思います。

    だけど、続けられなくてもまた戻ってくる人もいます。いつかまた弾ける環境になったときに、そして弾きたいと思ったときに再開する人もいます。それだけ楽器が好きで音楽が好きなんでしょう。


    それから「一人部屋」様の同じ日の日記で、学生さんの納会に参加したら孤独だった、なんていうお話もあり、興味深く拝見した次第です。

    ちなみにワタクシは「納会などで孤独になる」のはイヤなので、まずもって現役学生さんたちのイベントには参加しません。
    それなりに知ってる学生さんは、卒部後8年くらい経った今でもなお、何人かはいるんですけどね。
    その点で「一人部屋」様における納会体験記はなかなか興味深い記述でしたね。

    まあ自分の場合、学生時代、団の運営をしていた時に、かなり熱狂的に「OB排斥運動」を繰り広げてしまったもので(笑)、今さら学生さんの飲み会とかに顔出すなんてのは自分のスタンスに反している、ってのもありますけどね(^^;)

    【メイキング・レサンク】

    今日は職場近くの郵便局(仕事を抜け出して^^;)から2つの楽器屋さんにチラシを発送。店内に配架してもらう予定(お店には連絡済み)。

    それから今日は1時間くらい練習もできました!
    平日にこれくらいできる日があると、自分の中ではかなり違いますね(^^)

    あと、公演プログラムの曲目紹介を書くための情報収集がほぼ完了しました!
    来週になったら「一日一曲」ペースで書いていく予定です~。



    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 02:49:25| Trackback(0)| Comments(2)