FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    久々の真性ゲロス・・・
    自分はほとんどテレビって見ないもんで、世間のほとんどの人が知ってる芸能人を知らなかったりします。
    今日も呑みの席(後述)で、誰だか有名なマジシャンの話が出ていましたが、まーったく話に付いていけず。

    ま、週に10~70分くらいしかTV観ない(しかも内容が偏っている)んじゃムリもないっすかね。

    で、ブログ書いてる間や、深夜にネットの世界を徘徊しているような時は、もっぱらワタクシ、音楽を聴いています。

    ワタクシのオーディオについて、詳しくはコチラ

    室内楽なんか聴いてると、その自然なサウンドに涙ちょちょ切れます。
    弦のピチカートなんかが、ちゃんと弦が押されて音が出てきてるんだ!っていう感じで伝わってくるのです。
    かなり幸せですー。

    で、今聴いている音楽

    ブリテン:セレナード集★★★★☆


    1.セレナードop.31~独唱,ホルンと弦楽のための
    2.イリュミナシオンop.18~テノールと弦楽オーケストラのための
    3.夜想曲op.60~テノール独唱,7つの器楽助奏と弦楽合奏のための

    20世紀イギリスの大作曲家ブリテンは,指揮とピアノにも才たけた人。ここには,親交のあったピアーズ(T)を念頭において書かれたブリテンの歌曲集から3曲収録。作曲家自身の緻密な配慮によって,芸術的香り濃い幻想的なバラードが描き出されている。

    ↑ではものすごい値段が付いてますが、ワタクシ、これをディスクユニオンお茶の水店でわずか840円で購入しました~(^^)

    ブリテンと言えば、「青少年のための管弦楽なんちゃら」とか「シンプルシンフォニー」くらいしか知らないよ!っていう方も多いかと思うんですが、実はかなり多作家で、いい作品いっぱいあります。

    「ピータクライムズ」とか「戦争レクイエム」とか「シンフォニア・ダ・レクイエム」(でしたっけ?)とか。

    そんな中、これはまあなんとも地味ぃ~な音楽ですが、

    「冬」という季節に対して、

    街の明るい喧騒だとか、
    「くるみ割り人形」とか
    「第九」だとか

    そんなもののパワーにオイラ付いていけないよ~!

    って方、いらっしゃると思うんです。
    そんな方には、先日ご紹介した「冬の旅」に続いて、「オルタナティブな冬の音楽」として、これはとってもオススメです~。


    さて、本日は、マンドリンオケ“未完成』の練習&忘年会!

    しかしこれでワタクシの今年のマンドリン合奏は「弾き納め」ではなかったりするのですが・・・(30日にリベルテのアンサンブル練習があります)

    本日の練習は、「音楽の友」や「レコード芸術」でもお馴染みの超有名音楽家、國土潤一先生にお越しいただき、指揮を振っていただきました。

    國土先生にご教示いただくのは、今回が初めてではないんですが、毎度のことながらとても勉強になります。

    今回は組曲「ドリー」(フォーレ)だけを見ていただきました。

    先日の五重奏団レサンクでも取り上げた曲だけに、既に相当な部分を知り尽くしていると過信していた部分もあったこの曲について、いろいろ新たな視点をいただきました。

    ・「ドリー」の各曲に付けられた標題性に対して、各自が何かしらのイメージ付けをしておくこと

    ・フォーレの他の作品群を聴きこんだり伝記を読んだりして、フォーレの世界観を知ること(これはワタクシ、かなりやってる自信ありますけどね^_^)

    ・他のパートを聴き、フレーズの関連性を発見することの必要性とその具体的方法

    ・相当ゆっくりなテンポで練習したり、主旋律抜きで練習してみたりすること

    などなど。盛りだくさんな練習でした。

    あとは教えられたことを実践することですね。

    それから、もう1つ、「社会人が忙しい中で音楽に関わっていく方法」についても伝授いただきました。

    要点としては、

    ・たいてい社会人は楽器を常に触れるわけではないので、空き時間をうまく使って「譜読み」をすべし

    というものでした。
    某メトロポリタンMO(って思い切り実名・・・)では、よく「次回までにきちんと譜読みをしてきましょう」という指示が出ていたことを思い出しました。
    「練習しましょう」ではないのです。
    もちろんフィジカル的に楽器を操れるよう訓練しておく必要は絶対にあるのですが、それができない場合、そしてたとえそれができたとしてもそれとは別に、「譜読み」もとても重要なんですね。

    自分はレサンクの直前期、何とか楽器を触る時間を作り出すことができたおかげで、逆に「譜読み」をあまりしなかったなーと今にして反省しました。

    リベルテの合奏コンクール(1月)と“未完成』(2月)に向けては、「譜読み」を再度やっていこうと思いました。


    そして、楽しい楽しい忘年会。

    なんと國土先生にもお越しいただいてしまいました!

    しかし、自分は、数年ぶりに「ゲロゲロ大地獄絵図」を体験してしまいました・・・(苦笑)

    トイレに入って15分くらい出てこなくて、途中で誰かにドアをノックされたりしたのですが、あれは別に「ウン○」してたワケじゃないっす~(してたって小学生じゃあるまいし、別に構わんわけですけど^^;)

    でも、自分は元々、「中ジョッキ1杯半」で吐けるんです。

    吐くとその場では、胃のモノを全部出そうという感じになって、ほんの少しの間、とても苦しいのですが、その後は極めて快適!

    だいたい学生の頃から、

    吐いてはまた呑み、そしてまた吐き、また呑む

    なんてことをしょちゅうやってましたので、自分としては、

    呑んで吐く=つぶれた

    ではないんですね。ちょっとスッキリするために吐くだけなんです。

    おまけに「塩分6g、たんぱく質60g/日」という食事制限を課されているワタクシとしては、その直前にペロリと平らげた、大きな「鯛」を出してしまったことは、健康的にも良いかもしれません(^^;)

    さて、その忘年会では、“未完成』恒例のプレゼント交換がありました。

    自分が出した品物はこれです!

    051225_2306~0001.jpg

    051225_2307~0001.jpg


    先日ご紹介したDenaliさんの作品です

    カレンダーともども昨日、実は購入してたんです!
    でも、プレゼント交換があったからナイショにしておりました~(^^)

    これ、マグカップ自体が家なんです。
    で、外から見ると窓から顔を出していて、カップの内側を見ると、その女性の背中が見えるってわけです。

    なかなかいいです。

    というわけで、プレゼント用に加えて、自分用も購入しちゃいました!

    ちなみにこれは、mug*maniaというイベント会場で購入しました。

    イベント会場の様子
    051224_1807~0001.jpg



    そしてプレゼント交換の結果、このマグカップは、きゃっする様のモノになりました~。

    きゃっする様には、最近ちょっとした人生相談(?)に乗ったりしてたもので、今日プレゼント交換とは別に↓こんなプレゼント(美味しいお菓子!)をいただいてしまいました。
    「ゲロ」ですきっ腹になったので、夜中なのに思わずいただいてしまいました(笑)めちゃウマです♪

    051225_2304~0001.jpg


    ちなみにこの画像の中にあるワインが、ワタクシがプレゼント交換でいただいたものです。
    奇しくもプレゼンターは、マンドリンブログ界の超有名人にして本日ゲスト参加いただいたひよこ鑑定士ことhiyokan様でした。


    さて、「アンケート結果」の発表でござい~。

    【クリスマスイブは何して過ごす?】

    1位 彼とデート(きゃー)
       彼女とデート(きゃー)
       仕事だ!文句あっかゴルァ
       演奏会に出ている
       家族と過ごす(既婚者) (2票/14.3%)
    6位 お勉強だわさ
       家族と過ごす(独身者)
       一人で秋葉原に決まってんだろ!
       コタツで猫と過ごす (1票/7.1%)

    というわけで投票数自体が少なく、差が付かなかったんですね。

    「演奏会に出ている」は慶應義塾大学マンドリンクラブの方でしょうか?

    「一人で秋葉原に決まってんだろ!」は知人の某ITオタクなのかな・・・(ネタくさいけど)

    シゴトだった方、お勉強(資格試験やってる方、複数知り合いにいます)だった方、本当にお疲れさまです。

    「彼とデート」、「彼女とデート」は、独身の方ですかね~(もっとも、既婚者でもこういう日くらい装いも新たにデートモードってのはあるのかもしれないですね)。
    お幸せに!
    ワタクシのブログ読者はおそらく20代~30代の方が多いと思うので、それを考えると、もっといても良さそうなものですが(^^;)

    先日、「日本の人口が戦後初の減少!」なんて新聞記事が出ていましたが、さもあらなん、て所でしょうか?
    (て言ってるオマエはどーなんだという突っ込みが1000万パワーほどの力になっているのを感じますが・・・)。

    そういえば、今日の忘年会で、“未完成』団内夫婦の間で今年8月(9月?)に赤ちゃんが誕生したことへのお祝いをしました。

    本当におめでとう~。
    晩婚化が進むワタクシの周囲でこんなめでたい話はそう多くないのですが、これはとてもウレシイニュース!

    で、晩婚化とか少子化についてですが、ワタクシ、諸悪の根源は「日本人が勤勉であること」だと思っております。

    というのは、

    ・ワタクシのような「生活習慣病」の人が最近多いのだって、勤勉(もっともワタクシはちっとも勤勉じゃないですが・・・)なせい

    ・上記のように、クリスマスだと言うのにシゴトしてたり勉強してる人がいっぱい(?)いるのだって、勤勉なせい(と決め付けるのはさすがにムリがあるか)

    ・毎日夫婦揃って夜遅くまでシゴトしてたら、2人も3人も子供を作って育てる余裕なんかない。

    というわけで、そもそも社会生活にもっとゆとりがあれば、世の中、「中出し天国」になるんじゃないかと思うワケです(ワタクシとしては過激発言??)。

    というわけで、

    ・育児休暇を男性も取りやすくする
    ・日本を高福祉国家にする

    ということが重要になるわけです。

    ワタクシ、一番理想だと思うのは、政府の機能として最も重要(だと私は思っている)な、「所得再分配」をもっと有効に機能させるために、大増税&高福祉の北欧型社会を構築するべきだと思うんですね。

    フィンランドなんて、外国人留学生まで、授業料・教材等々が4年間一切無料なんですよ!
    (それを知って、一時期ホンキで、フィンランド留学してフィンランド語習得して、そのまま現地観光ガイド&通訳にでもなろうかと検討したことがあるんです、ワタクシ)

    貧しい人でも大学に行って競争に参加するための機会を均等に与えられる。
    それでいて、競争に最初から参加しない自由、競争に敗れた者が生き残れるためのセーフティネットもきちんと確保されている。
    (今の日本の「年功序列→競争社会」への転換についての議論で一番欠けているのが、この部分ですよね)

    そのためには大増税&高福祉しかないとワタクシは思っております。
    公共事業なんて、日本は今の1/3でいいわけです(日本は公共事業はフランスの1・5倍、ドイツの3倍、イギリスの4倍にもなります(GDP比))。

    もっとも、その前提として、「少子高齢社会」ではどうにもならんわけです。
    働き手が高齢者を支えられなくなりますんで。

    というわけで、

    ・定年の65歳までの延長(その後も働ける人は働く)
    ・外国人労働者の積極的受け入れ
    ・ワークシェアリング(子育てできる範囲での労働がしやすくなる、限られた定職のパイを奪い合うことなく共有できる)

    なんてのが必要になるんだろうな、と思います。

    「中出し」だの「ゲロゲロ」だの「ウン○」だの、お下品なブログとなってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m
    これもきっと、酒のせいだ!(という割にすげー冷静にいろいろ書いてるんですが・・・)

    そうそう、今度のアンケートは先日の予告どおり

    【スタジオジブリで好きな作品は?】
    です!
    よろしく~。


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 01:42:25| Trackback(0)| Comments(0)