FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    東京湾周遊奇行
    「一人部屋」様が、「新記」の中で、先日のワタクシと同じ新日本フィル演奏会に行かれて感想をお書きになっていますね。
    同じもの(日にちは違いますが)を聴いて、ここまで秀逸な感想を見せられると、感心すると同時にちょっとヘコみました(^^;)
    しかし、ショスタコの交響曲4番が非常に興味深い曲だってことは、確かですね。自分もゲルギエフで今度聴いてみようかと思います。


    クイズ、↓ワタクシの食事はどーれだ?

    iwai6th1.jpg


    (別に正解しても、なんにもあげませーん、あしからず。)

    さて本日のブログタイトルですが、「きこう」の字が違うんじゃない?

    いえいえ、いーんです、これで。詳しくは下の方で。

    マンドリンオケ“未完成』6回目の合宿、終わりました。

    iwai6th2.jpg

    iwai6th3.jpg


    少しは海で遊んだりも。

    千葉岩井海岸っていうくらいだから、海岸沿いなワケで、夏場は「海の家」みたいな感じになるそうです(なにせ夏場に岩井海岸へ行ったことがないもんで、伝聞形なのですが・・・^^;)

    ここは冬場は音楽合宿のメッカなんですね。

    だいたいどこの宿も音楽練習ができるくらいの練習ホールが設置されていて、ピアノがあったり譜面台があったりティンパニがあったりします。

    合宿最終日の1月9日(祝)

    午前中は練習。

    “未完成』合宿最終日恒例の(?)「演奏会全曲通し」を今年も実施。

    メンバーの過半数が「2日酔いで朦朧」という状態(・・・)にあって、細部を詰めるような練習を半日やそこらやった所で得るものなど、大してなかろう

    というクレバーな選択(苦笑)

    いやー実際、合宿の成果を試すとか、合宿途中参加の人のために取りあえず全曲弾く機会を提供するとか、いろいろ意義もあったりします。
    今回は賛助の方が2人も合宿に見えましたしね~!(多謝)

    今年の“未完成』は結成6年目にして曲の仕上がりは過去でも一番良いかもしれません。
    まーこれは、過去の選曲が、いくら何でもキツ過ぎたということもあろうかと思いますが(笑)

    さて、それはまあいいのですが、今日はその後が問題。

    午後から横浜桜木町でやっているリベルテの合奏練習(来週のコンクール用)に向かうためにアクアラインで木更津から川崎へ。
    結局、自分は「海ほたる」って素通りするばかりで立ち寄ったことがないとです・・・。

    でも、途中、君津で寿司を食べちゃいました~!

    安くて美味くて、なかなか良いお店でしたが、店の名前を失念。。。

    JR川崎駅でクルマの同乗者S波氏とH田氏を降ろし、横浜へ向かいました。途中ベイブリッジを通過。
    ベイブリッジもワタクシ、一人でしか通ったことありません(爆)。

    リベルテの練習場に到着すると、既に16時を回ってました。

    練習時間は17時半まで。

    実働1時間くらいでした。でもまあ、かなり自分にとっていろいろ確認できたので、出てよかったと思いました。

    がしかし、帰り道にまた問題が・・・。

    「みなとみらい」インターから高速に乗った所、「東神奈川」を過ぎたあたりで早くも「ガソリン切れ」の警告ランプが・・・。
    警告ランプが付いても50kmくらいは間違いなく走る筈なので、そのまま帰っちゃえ!とか思ったのですが、東神奈川からワタクシの家までは50kmどころじゃないんですね。60kmを超えていました。

    というわけで、仕方なく東京都心付近で一度高速を降り、給油。
    湾岸線沿いは人里離れた場所が多くてガソリンスタンドがほとんどない(以前、浦安の海岸沿いでひどい目にあったことあり)ので、内陸の銀座方面へ入ってから高速を降りることに。

    ついでにちょっくら都心で買い物もして、また高速に乗って帰宅。

    というわけで、

    060109_1905~0001.jpg


    東京タワーも見たし、

    060109_1904~0002.jpg


    レインボーブリッジも渡ったし、

    060109_1932~0001.jpg


    天下無敵の世界三大都市の1つ「TOKYO」の玄関口、東京ステーションも拝んだし(高校と大学の時の通学乗換駅なので、有り難くも何ともないですが・・・)

    060109_2017~0001.jpg


    湾岸線から葛西臨海公園の観覧車も見れたし、

    ハトバスツアーみたいで?楽しい一日でしたよ~。

    ちょっくら疲れましたが(合宿の後で他の練習ハシゴって過去にもやったことあるけど、ムチャですな・・・)

    明日はあらかじめ「有給休暇」にしてしまったので、昼近くまで寝る予定~(笑)


    【ただ今のBGM】
    マンドリンクインテットles Cinq結成演奏会DVD

    大学の同期で“未完成』メンバーの甘栗三年が、les Cinq演奏会をビデオカメラで撮ってくれたものをDVDにしてくれたので、それを合宿で受け取ってきました。
    合宿中にも少し観たのですが、いろいろ感じた所がありました。

    ・思っていたよりは良い。大きな破綻はなかった(初の五重奏コンサートでこれはとりあえず及第点かな、と)。

    ・しかしパートバランスは正直悪い。
    自分について言えば頑張りすぎ、というか単打の音はうるさく聴こえ、トレモロがあまり聴こえない。これはどうしたことか・・・。

    ・自分、弾いてる時の表情が険しすぎ。。。今度、矯正のため、ずーっと満面の笑顔で演奏してみようかしらん~。

    ・自分、司会してる間にカラダを揺らしすぎ(音楽とは関係ないが・・・)。
    ぶっちゃけ、司会は完全にアドリブで、何をしゃべるかノープランだったのですが、それにしても、ずいぶんテキトーなことしゃべってる・・・。

    ・休憩時間の「お茶菓子タイム」の映像もあったが、これ、大成功ですね。かなり良い雰囲気。

    さて、音楽面以外のこともいろいろ感じましたが、演奏における自分の「単打の音がうるさくトレモロが聴こえない」が、

    奏法のせいなのか
    録音のせいなのか
    楽器のせいなのか
    会場のせいなのか

    はっきりさせとく必要がありそうです。

    自分のやってるマンドセロっていう楽器は、楽器人口が少ないせいもあり、だいたいどこの楽団に行っても人数が不足気味なんですね。

    なので、自分はマンドリンオケで演奏する際には、いつでもどこでも

    「フォルテはめいっぱい全力で弾かねば、埋もれてしまう恐怖症」

    にかかってしまっております。

    実際、演奏会の録音聴いてて、「マンドセロがうるさい!」と思ったことって、(自分の出演団体かそうでないかを問わず、マンドリンオケのあらゆる演奏会において)ほぼ皆無です。

    だから、(あんまりぶっちゃけると後でいろんな人に怒られるかもしれませんが、)自分は通常、練習と本番では全然違う音量で弾くことにしています。

    練習では「セロ、そこうるさいからもっと落として」とかよく言われます。

    で、自分は

    「はいはい~」

    とか

    「え、そう?ふーん。じゃあまあ、落としてみる。」

    などと概ね素直に?(納得いかないのに素直に応じるのは、本来問題ですが、決してかみ合うことのない議論を延々と続けるのが時間の無駄に感じることも正直あるので)聞いておきます。

    でも実は演奏会本番でワタクシ、しょっちゅう裏切っています(笑)。

    当初自分が妥当と思って弾いていた音量に戻すか、時にはそれをも上回る音量にして弾きます。

    実際ですね、それでもなお音量足りないケースがほとんどなのです、マンドセロというパートは。

    というようなことを言うと、「それは音量ではなく音質の問題だ」とかいう話になることも往々にしてありますが、こと、この問題について、「音質論」はあまり万能ではない気がしますね。

    しかし、今回のles Cinqではその「本番は音出しちゃう作戦」は失敗でした。
    本質的に1stが10人でチェロが5人とかっていうマンドリンオケとは違って、五重奏は1stも2ndもチェロも1人ずつなワケですから、そこまでがんばる必要もないのです(当たり前)。

    で今回、ワタクシのマンドセロの音、単打に関しては、正直うるさかったです。
    逆にトレモロがいまいち聴こえないのは、きっとワタクシのトレモロの粒の立ち方が、今回の小石川教会のように音がよく溶け合う会場だと聴こえにくくなるんでしょうね。
    相当デカク弾いて、内心「さすがにやりすぎ??」とか心配していた箇所で「概ね妥当」という印象でした。
    で、フツウに弾いた箇所の多くは「小さすぎ」。

    困ったもんです。

    自分の音がどう聴こえているか、という研究、もっともっとやっていかないと、ですね。
    合奏やってると、仲間の一人ひとりの音の個性なんか、もう熟知しちゃいますけど、肝心の自分の音が一番わかりにくい。
    実は仲間の音にしても、オケの中で聴くのと客席で聴くのとじゃ、全然違うことがありますけどね。


    スポンサーサイト



    日記 | 01:15:44| Trackback(0)| Comments(5)