FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    80数年ぶりと2年ぶり
    【ただ今のBGM】
    「くるみ割り人形」組曲より「花のワルツ」
    カラヤン指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団



    誰でも知っているチャイコフスキーの三大バレエ組曲、その中でも特に人気の高い曲の数々がカラヤン指揮、ベルリン・フィルの演奏で楽しめる。大変華やかでバレエの舞台を彷彿とさせる演奏。あらためてこの作曲家特有の叙情あふれる旋律美を再確認する思いだ。

    1月15日(日)は、実に80数年ぶりに開催されるというマンドリン合奏コンクールです(独奏コンクールなら以前からありますけどね)。

    私が参加するリベルテマンドリンアンサンブルもテープ審査による予選を通過しまして、この本選に出場いたします。

    詳細は下記のとおりです。

    各地のいろんなタイプの楽団を一度に聴けるチャンスということを取ってみても、なかなか良い機会ではないでしょうか?

    もちろん、我らがリベルテに清き一票を投じていただければなお幸いです(お客様も審査員だそうですので)が、とりあえずは演奏を楽しんでいただければ!と個人的には思いますです(^^)

    皆様、よろしければ聴きにいらしてください~。

    (以下、詳細はコチラより無断転載)

    --------------------------ここから-----------------------------

    2006/01/15 MUSICA MANDOLINO 合奏コンクール東京 本選 マンドリン連盟主催 
    13:00開演
    一般1000円、学生500円
    タワーホール船橋大ホール (地下鉄都営新宿線 船堀駅北口前)

    ・相模原マンドリン倶楽部(50名)
      指揮:小林淳子  プレリュード2(吉水秀徳)

    ・アンサンブル テスタ カルド(25名)  
      指揮:桜井至誠  マンドリン協奏曲「flik flex flow」1997(遠藤雅夫)

    ・福岡マンドリンオーケストラ(50名)
      指揮:室津秀明  幻想曲「華燭の祭典」(マネンテ/中野二郎)

    ・リベルテ マンドリンアンサンブル(20名)
      指揮:望月 豪  組曲“くるみ割り人形”より抜粋(チャイコフスキー/小穴雄一)

    ・同志社女子中・高等学校マンドリンクラブ(70名)
      指揮:広川実紗  歌劇“イーゴリ公”より「韃靼人の踊り」(ボロディン/佐田悟史)


    日本で初めて開催された音楽コンクールはマンドリンの合奏コンクールだったそうです。
    この度、80数年ぶりの合奏コンクールです。

    テープ審査を通過した全国の強豪マンドリン団体の演奏が一度に聴ける少ない機会です。
    大きな編成は80名弱から、小さな編成で20名弱まで。
    マンドリンオリジナルも管弦楽編曲ものも。
    クラシックから現代まで。
    協奏曲も聴けます。

    飽きずに最後まで聞けること間違いなし。
    ぜひご来場をお待ちしております。

    なお、一般の方も審査に参加していただきます。
    楽しみにしていて下さい。

    -------------------------ここまで------------------------------


    ところで今日は、モロッコ料理なるものを食してきました。

    モロッコ料理店「アガディール」神楽坂店

    都内で最初のモロッコ料理店だそうです。
    2004年にモロッコへ行った自分としては、2年ぶりのモロッコ料理を思い切り堪能してきました。

    モロッコ料理は、トルコ料理・アラブ料理・イスラム支配時代のスペインアンダルシア料理などが融合されたもので、ベルベル人が始めたものだそうです。

    ベルベル人は、北アフリカの先住民族(後からアラブ人が入ってきた)。
    「ベルベル」は英語にすると「バーバリアン」(野蛮人・未開人)という意味ですが、モロッコなどでの「ベルベル人」はサハラ砂漠の原住民を指し、「誇り高き人々」として蔑称ではなくある種の敬意を持って、そう呼ばれています。

    食べたもの
    (画像なし。コチラコチラあるいはコチラなどでご覧ください)

    ・クスクス
    モロッコ料理と言って最初に思いつくものは、なんと言ってもクスクス。
    世界最小のパスタだそうです。
    細かい粒状になったものを蒸し、それに野菜や肉などを煮込んだものが載ります。
    クスクスは結構当たり外れが大きいらしいですが、このお店のは、モロッコのレストランで食べたものと、ほぼ同等の味だと思いました。

    ・タジン
    とんがり帽子のような入れ物で出てくる。
    じゃがいもや肉などをぐつぐつ煮込んだもの。

    ・ハリラ(スープ)
    豆やトマトなどが入った少しトロみのあるスープ。
    香辛料が入っている感じですが、辛くはないです。

    ・パセラ
    鶏肉とアーモンドとタマゴを春巻とパイの中間のような感じの生地で包んだものの上に粉砂糖とシナモンが乗っかった食べ物です。
    モロッコで食べた時は、春巻というよりは「お好み焼き」サイズだったので、さすがにちょっと参ってしまいましたが、今回のは、めちゃウマでした。

    ・オレンジのシナモンシュガー
    ミカンを輪切りにしたものにシナモンと砂糖をかけたもの。
    カンタンと言えばカンタンなデザート。
    でもこの味付けの発想は、日本人にはないものですね。

    ・モロッコワイン
    赤と白をグラスで呑みました。
    赤はかなりフツウに?美味い。
    白は甘みがほとんどない少し独特の風味。でも飲みにくくはない。


    スポンサーサイト



    日記 | 02:02:31| Trackback(0)| Comments(0)