FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    マンドリンオケ“未完成』練習記録2/12
    【ただ今のBGM(?)】
    トリノオリンピック ハーフパイプ


    成田なんとかって選手のインタビュー、ちょっとイタイ感じが・・・。
    でも、芸人ではなくスポーツ選手なんですから、競技自体で感動させてくれればインタビューなんて本来どーでもいいのかもしれません。

    Jリーグ、ジェフ千葉のオシム監督のインタビューみたいに「神」レベルに面白いのは、あくまで例外ってことで。

    実は、この3週間というもの、1秒もテレビを観ませんでした。
    家のテレビのアンテナが外れてしまっておりまして、テレビに対する執着があまりない自分は、そのまま放置していたんです。

    そして先週の入院中も、テレビカードを購入しなかったので、テレビは全く観ることができず。

    先ほど、アンテナが直りまして、久々にテレビ観てます。
    トリノオリンピックの映像を初めて今、観ております(^^;)

    もはや「観ている時間がもったいない」としか思えなくなってしまったバラエティとかドラマと違って、スポーツ番組は今でもそれなりに観る気はするんですが、トリノオリンピックについては、ぜ~んぜん予備知識もありません。

    日本の有名選手はさすがに知ってはいますが、世界の注目株とかをマニアックに観たいのに、知識が全然なくて困りました(ワタクシ、音楽でも映画でもスポーツでも、何でも結局、ニッチ狙い・判官びいきなのです。これはもう性格としか言い様がないですね)。
    これから情報収集しますかね・・・。

    しかし・・・・いやはや、テレビって面白いですね(笑)
    なんつーか、麻薬です。
    テレビが登場してから人類のライフスタイルが一変してしまった、っていうのが、身をもって実感できる今日この頃です。

    またアンテナ外そうかな・・・。


    さて、遅くなりましたが、アンケートの結果発表です!

    マンドリン合奏で聴きたい(弾きたい)クラシックの作曲家は?

    第1位 バッハ
        マーラー (3票/18.8%)

    第3位 ヴィヴァルディ (2票/12.5%)


    第4位モーツァルト
       ラヴェル
       ドビュッシー
       フォーレ
       ガーシュウィン
       ラフマニノフ
       その他の作曲家(シェーンベルク)
       マンドリンでクラシックなんて聴き(弾き)たくない (1票/6.2%)


    1位がバッハとマーラー、意外っちゃ意外です。
    だって、あんまり演られてないですもん。
    みなさん、「やりたい」とは思いつつ実現してないってことでしょうか?
    あるいは、マンドリン合奏関係者以外の方々の票だったのでしょうか?

    「マンドリンでクラシックなんて聴き(弾き)たくない」、お一人とは言え、やはりいらっしゃるんですねえ。

    実際、マンドリン業界というのは、ほとんどの楽団が「マンドリンオリジナル曲主義者」で成り立っている感じです。

    ワタクシは、どうにもこうにも「マンドリンオリジナル曲」には、ほぼ全く関心を持てない(一部例外的に好きなものもありますが)もので、そういう所から外れた楽団ばかりに参加しております。
    たぶん、「マンドリン業界」全体から言えば、かなりの異端派。

    まー、そんなことは、どーでもいいのです。

    「業界」のメインストリームに乗ることにどれだけの意味があるのか?激しくギモン。

    ってのもありますし、逆に言うと、「ニッチ(すきま産業)」狙いの方が、世に訴える余地が多く残されているってもんでもあります。

    しかしこれについては、「マンドリンオリジナル主義者」の方々に議論を申し出て論破しようとか、そういう意図は全くないんです。

    だって、こんなもん、究極的には、【単なる好み】に過ぎませんから。

    自分は、正直クラヲタだし、その上で管弦楽ではなくあえてマンドリンオケでクラシックをやるということに、それなりの意義も感じているわけで。
    もっとも「マンドリンに向いているクラシック」は、ある程度限りがあるので、選曲が非常に重要な問題となるんですけどね。

    ワタクシの場合で言えば、“未完成』とles Cinqの2つについては、選曲活動の中心にいさせてもらってますので、この2楽団の選曲については、ご批判等々ありましたら、ワタクシめに直接おっしゃってください!っていうくらいの自負もあったりなかったり(どないやねん。と言っても、技術的な事情などによる妥協は日々あるのですが・・・)

    もうすぐ“未完成』の演奏会が終わると、すぐに次の選曲です。
    そして、五重奏団les Cinqですが、昨年12月に結成演奏会が終わって以降、何の展開も提示できておりませんでしたが、2006年はおそらく演奏会ナシとなり、2007年の前半に第2回の演奏会をやりそうな、そんな雰囲気です。でも全然決まってませんので・・・(汗)。

    お次は、

    バレンタインデー、チョコいくつもらった?あげた?】

    です。

    バレンタインデーの義理チョコ、よく言われるように、自分も制度的に「不毛」とは思いますけどね。
    でももらったもんがそれなりに嬉しいこともまた事実(^^)

    くれた人が「LOVE」じゃなくても、「LIKE」な人からだったら、それはまあ嬉しいもんですよ。

    「UNLIKE」とか「HATE」な人からだったら?

    ・・・そういう経験はないので、わっかりませ~ん
    (自分が嫌いな人って、気持ちが伝わるのか、相手からも嫌われてるケースが多いですから、そんな人はたとえ義理チョコさえくれないようで・・・)。


    そうそう忘れちゃいけない、今日はマンドリンオケ“未完成』練習日。

    前回練習は入院中のため欠席いたしまして、2週間ぶりの練習。

    個人的には、かなり調子悪かったです。反省点多数。
    これから追い込みかけませんと・・・。
    必要なのは、個人練ではなく、譜読みとイメトレ。
    というわけで手元に楽器がある必要がないので、トイレでも風呂でも電車でも職場でも(?)できるトレーニングを、これから日々やっていこうと思います。

    今日は今シーズン2度目の國土潤一先生による練習。
    「アルルの女」を観てもらいました。

    「アルルの女」という曲は、國土先生のコトバを借りますと、

    メロディがあんまりキレイなので、それ以外のパートが雑になりがち。でも本当はメロディはケーキで言えば、「上の乗ってるイチゴ」でしかなく、スポンジの部分である伴奏パートがしっかりしていないと曲にならない

    ということだそうです。

    そのためには、いろいろ欠けている点があります。

    ・音を出すことはできていても、音を消すこと・休符の感じ方に問題がある
    ・出すべき箇所、引くべき箇所の理解が不徹底
    ・「アルル」という地方の持つ色彩感、そういうものが致命的に欠けている

    しかし、演奏会本番まではまだ2週間もあります。
    24時間×14日で300時間以上もあります。
    そのうち30時間でも音楽に時間が使えたら・・・いいですね♪
    いやー、それくらいは音楽に時間割けるよう、やっぱりテレビのアンテナ、外しましょうかね(笑)

    練習の後は、國土先生を囲んで“未完成』メンバー数人と呑みに行きました。
    入院してたこともあり、アルコールはしばらく避けてたんですが、ここに来て、2日連続で呑んだため、かなり深く酔いました。

    というわけで、本日のワタクシのブログがやや饒舌?なのは、きっと酔ってるせいです(^^;)

    しかし、國土先生には、ここぞとばかり、いろいろ教えを請おうと、質問攻めにしてしまいました(苦笑)。

    先生もおっしゃっていたんですが、「マンドリン奏者は、わかった気でいて本当はわかってないことが多い」と仰っていて、それは演奏上のことを指摘していたんだと思いますが、きっとこれって、音楽の理解の仕方とか全般に言えることなのではないかと。

    というわけで、自分も、これまで生半可に培ったことは、とりあえずマッサラにして、今晩は「ゼロの立場」で、白雉?なほどに初歩的・原理的な所からいろいろ伺いました。
    学んだことは、今後また課題にしていき、そのうち個別にここのブログでも問題提起してみたいと思います。
    まだ自分の中でも消化できていないので、書きようがないもので・・・。

    一緒に呑んでた皆様、あんまり興味なかった話題も多かったかもしれませんね。勝手気ままに先生を質問攻めにしてしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _)m


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 00:31:26| Trackback(0)| Comments(0)