FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    皆勤賞はエラいのか?
    【ただ今のBGM】
    モーツァルト:交響曲第31番「パリ」

    カール・ベーム指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団




    本日はマンドリンオケ“未完成』の次回演奏会に向けての選曲会議。

    “未完成』の選曲は、この会議の場で決定されます。
    自分は、僭越ながらこの会議で議長役的なことをさせていただいております。

    選曲に当たっては、事前に全メンバーから「やりたい曲」を募ります。
    あるいはメンバー用のアンケートを書いてもらい、それを参考にしたりもしています。
    と言ってもなかなか「みんなの意見」を反映することは困難なのが実情で、今日はそうしたメンバー意見の生かし方について、議論したりしていました。

    「そもそもみんなの意見を聞く必要があるのかどうか」

    という根本的な所にまで遡って話をするので、なかなか体力・気力を使う会議ですね。

    で、、、

    「私はこれについてどう考えているのか?」

    ですって~??(って、まだ誰も聞いてませんけど・・・)

    ええと、それはですね。
    「議長役」といたしましては、いくらここが私的なブログとは言え、人様の目がある場所ですので、あえて表明しないでおきます~。
    気になる方(そんな人はいねーか)は、個別にドゾ~(^^;)

    さて、上記のモーツァルトの交響曲第31番「パリ」。
    これも候補曲であります。
    軽やかな筈のこの曲、ベーム/ベルリンフィルで聴くと、一気にシンフォニックな重々しい曲になります。
    自分、この曲のCDは2枚しか(?)持っていないんです(もう1枚はレヴァイン指揮ウィーンフィル)。
    こうしたタイプの演奏だと、あまりマンドリンでやる上で参考になりにくい所もあるので、古楽器あるいはそっち系の影響を受けているタイプの演奏によるCDでも新たに買ってきますかね~。
    そういえば、総譜(スコア)も持ってなかった。。。買わなきゃ。
    (注:別に演奏することに決まったわけでも何でもありません)


    話は変わりますが、

    阪神タイガース・金本選手、祝 904試合連続フルイニング出場!!

    おめでとうございます!

    いやー、これはマジすごいことです。

    常に機会さえあればサボろうと画策してきたワタクシのような者には、金本は別世界の住人であります。

    自分、「皆勤賞」なんて、これまでどんな所でも受けたことないですね。。。
    小学校、中学、高校、ぜんぶ年に数日は休んでます。
    高校なんて、幾日かは、「ズル休み」すらしております。。。

    そして大学ではむしろ「ズル休み」の方がデフォルトとなり・・・(苦笑)

    大学時代は、「専攻を誤った」ことに1年の夏前には気付いていたもので、その結果学生時代はホントにまーったく勉強しませんでしたもので、、、。

    でも、その代わり(?)マンドリンの方はかなり「皆勤賞」に肉薄してました。

    自分は大学時代にマンドリンクラブの合奏練習・パート練習合わせて7回しか休まなかったんですよ。

    これ、たぶん一般的に見ても、大学のマンドリンクラブとしては、かなり高出席率なのではないかと思うんですが、どうでしょう??>他大学の皆様

    少なくとも、ウチの大学ではほとんど聞いたことないです(約1人、先輩で4年間に4回しか練習やすまなかったお方がいらっしゃるようですが。。。)

    自分の大学のマンドリンオケ、私のいた時代は、常に部員減少に悩み続け、メンバーのモチベーションも全般にはあまり高くない傾向(個人差ありましたが)、といった感じでした。
    そんな中で特に「切れる」時期もなく、安定して出席を重ね、結果、4年間に7度だけの欠席で乗り切ったということは、結構自慢していいことなのかな?なんて自画自賛で思ったりしておりますです。

    でも、だから「半分以上欠席していた人は人間の屑だ!」とか、そういうことは全く思いません(当たり前)。

    いや、正確には、「思えない・そもそも思う資格がない」のですけど。。。

    自分はマンドリンではそういう「いつもいる系キャラ」でしたけど、その代わり、授業だとかバイトだとか、そっちでは正直酷いことになってましたからねぇ。。。
    なにせ予定が重なったら全部マンドリンを優先しちゃってたわけですよ、ええ(^^;)
    なので、学部の方の友人たち・バイト仲間とかには自分、どう思われていたことやら、、って思います。
    あるいは自分自身、所属した組織によって全然違う立場になっていた(ある所では常連、ある所では幽霊メンバー的)からこそ、全然違う身の上の人の気持ちも少しは(?)わかってたつもりです。

    でも、「パートトップで練習半分以上欠席」とか、そういうのは、自分的には「ぜーったいナシ!」でしたけどね(笑)

    ていうか、それは今でもそうかもですね。
    自分のパートのトップが、もし出席率5割未満だったら、たとえその人が神業レベルで上手な人だったとしても、もはやその人のことを、トップとかそういう目では見れないですね、自分の場合。

    練習にそんなにいないってことは、その間、まったく団に貢献してないわけですから。
    いたのに貢献できてないケースもまあ、ありますけど(^^;)

    で、金本選手の話に戻りますが、記者会見で

    「(休まずに出続けることはすごいですね、という記者の質問に)でも一般の方には、ぜひ有休は取ってもらいたいですね」

    とか言って場を和ませてましたが、たしかにこの金本選手の話、一般のカイシャ生活の中で、

    「ほらお前ら、金本を見てみろ。どんなに調子が悪くてもケガしても、出続けてるじゃないか。それに比べてお前らと来たら・・・」

    なんていう口上に使われかねないですよね。キケンです。

    そこで、、、

    ここ1~2日、金本が左手首を骨折した時に右手1本でヒットを打った「神業」がさかんに放送されていますが、ずっと阪神戦を追いかけている者として、意を決して言わせてもらいます。

    「ハッキリ言って、怪我してるときの金本は足手まといでした」

    2003年9月頃の金本なんて、そりゃあもう酷いもんでした。
    足の状態が悪くて踏ん張りが利かないもんだから、打撃の時にフルスイングができないんですね。それでヘンに窮屈なバッティングを強要されてしまい、凡打の山を重ね、チャンスを潰すダメダメバッターと化していました。

    正直、当時のワタクシは「そんなだったら休んで他のいい選手出してくれよー」と思ってました。
    連続フルイニング記録なんて、正直どーでも良かった。

    空前の大記録に阪神ファンのみならず世間全体が沸いている中、虎党歴25年になるワタクシ(2番バッターと言えばジョンストン、6番バッターは藤田平っていう世代です)がこのようなことを申し上げるのも、なんだかなーとは思うんですが、「労働者の休日の確保」のため、あえて声を上げさせていただきました~(笑)

    でも、もちっと違う角度でフルイニングを目指すことによる金本のいい話もあったので、こちらも紹介。

    「フルイニングを目指すことによって普段から体調管理を心がけたことが良かった」

    なるほど、いいこと言いますねー。

    こういう心がけはいいですね。っていうかワタクシ、金本のツメの垢を煎じて飲む必要があります。

    体調管理、大事ですね。

    ってわけで、そのために今できることはなんでしょか?

    あ、そうか。

    早々にブログを書き終えて、とっとと寝る・・・zzz


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 01:41:13| Trackback(2)| Comments(0)