FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    電気椅子
    【ただ今のBGM】
    エレクトリック・チェア:Cage Bird


    「マンドリンという楽器は、マンドリンオケか独奏により、セミクラシックっぽい、さほど構成の複雑でないクラシックまたはオリジナル曲を奏でるもの」

    って、一体、どこの誰が定義したのでしょう?

    そんなこと、決まってる筈もないのに、

    ・高校・大学のマンドリンクラブがそういう風な演奏を行っているがために、

    そして、

    ・その結果として、こうしたマンドリンオケのためのレパートリーが豊富であるがために、

    マンドリンと言えば、上記に掲げたタイプの音楽をやるのが当たり前と見なされ、それに対して、特に何の疑問も持たれずに日々演奏されているような気がしています。

    「果たして、本当にそれで良いのだろうか?」

    物事を多面的に捉える傾向のある人なら、必ずこれは一度は考えたことがある問題なんじゃないですかね~。

    「マンドリンという楽器を演奏するのにマンドリンオケという形態は果たして最善の手段なのか?」

    って。考えたことないですか?

    最近のワタクシの好みでは、マンドリンという楽器、3~35人くらいで演奏するのが一番美しいと感じます。

    1~2人で美しく聴かせるには、相当高度なテクが必要で、一般的には敷居が高すぎますし、40人を超えると今度は、アンサンブルが揃いにくくなるし、そして逆に揃ったら揃ったで、今の自分の好みとしては、少々五月蝿く感じてしまいます。

    それでも35人もいればそれなりにマンドリンオケという形態として成り立つわけですが、3人とか10人とかで「オケ」を名乗るのは少々ムリがありますよね。

    そこでこうした小さい合奏団には、「アンサンブル」という名称を付けるわけです。

    こうした小さな編成、ヴァイオリンや木管楽器、サックスなどの世界では、それなりにレパートリーが存在して、ある程度は何かしらのジャンルの「枠組み」に組み込まれるわけですけど、マンドリンで3人とか8人とかってなってくると、もはや、その編成のために書かれた曲なんてもんはほぼ皆無の世界です。

    そのため、マンドリンのこうした小アンサンブルは、編曲をするか、その編成のために新たに作曲する他なくなります。

    主として前者を採ったのが、ワタクシたちのやっております五重奏団les Cinq。
    逆に後者を採ったのが、【ただ今のBGM】のエレクトリック・チェアです。

    ここで視聴ができますね。

    今度、22日にライブがあるそうです。

    先日、ここで演奏されているCさんとご挨拶がてら立ち話をさせていただいた折に、チラシをいただきました。

    今までずーっと行こう行こうと思って行けなかったエレチェさんのライブ。

    22日~23日は最近出演が決まったベラ・クォーレの合宿なのですが、自分は別件により23日日帰り参加とさせていただくので、22日の夜のエレチェライブは、まだ確定ではありませんが、行けるかも!
    これは、とても楽しみ。







    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 01:35:16| Trackback(0)| Comments(2)