FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    長いモブログ
    【ただ今のBGM】モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番

    クララ・ハスキル(ピアノ)
    マルケビチ指揮オケはどこだか忘れた

    ただ今、帰りの電車の中です。
    家帰ったらもう今晩はパソコン立ち上げないと思うので、こちら携帯から更新。
    ドクターストップの禁を破り、いわゆる深夜残業でした。

    情けない話で恐縮なのですが、昨年、一番体調悪かった頃なんて、9時~17時勤務でさえ、カラダがキツくてキツくて、昼休みなんか、さっさとメシ食べて、あとは仮眠室みたいな所で少し眠らないと午後の仕事ができない程だったんですよ(昨年の春から夏あたり)。

    それを考えると、ここ半年ちょっとで取り組んできた治療は、相当な効果があったんだな、と今さらながら感心してしまいます。
    まあそうは言っても相当疲れてはいますが。。。
    まあ基本的に薬とかで抑え込んでるからこその今の体調なので…。

    先ほど、職場から駅に向かって歩いていると、昔の上司がたまたま前から歩いて来たんです。

    この人は典型的な体育会系。かつてはサッカーで国体代表選手にもなったことがあるそうです。でも、見た目はサッカーって言うよりボクシング(というかヤの付く系?)で性格もとにかく激しい。
    何でも若い頃には上司の机を蹴っ飛ばしたりしたこともあるのだそう。
    彼いわく、「くだらん男だから目にモノ言わせただけだ」とのこと。
    でも、あまりに単純なこの人のことを自分は案外愛していました。こう言ったら何ですが、あまりアタマのいい人じゃないので、もう言ってることとか、めちゃくちゃだったりもするんですが、でも裏表がないという意味では、とてもいい人。

    で、この人とワタクシの会話一部始終です。

    元上司:お~タテラッツィ、久しぶりだなー。どうだもう一杯行くか~?(言い忘れましたがこの時、この人、顔真っ赤っ赤)

    自分:いえ…いま仕事終わったとこなんで、ちょっと今日は帰ります~。

    元上司:お~なんだ。いま忙しいのか?でもな、オレみたいに上から睨まれて出世できなくなりたくなかったら、せいぜい若いうちから仕事頑張って上の覚えを良くしといた方がいいぞ。オレはお前を昔から見てるけどな、お前の欠点はウチのカイシャで上に行こうという欲がなさすぎることだ。お前はやり方次第では、結構イイ所まで行ける人間だとオレは思ってるんだがな。

    自分:そりゃどうもです。(あんまりこういうこと言われたことないので、実践するかどうかはともかく、まあ嬉しくはありました)

    元上司:ところで、お前、太ったか?

    自分:いや~一度痩せてリバウンド中なんす(笑

    元上司:お前、食い物とか気を付けないと病気になっちまうぞ

    自分:いや~もう病気なんすよ。腎臓病。

    元上司:ナニぃ!?そうなのか?(注:前にもたまたま立ち話した時、少し話したのに全然覚えてなかったらしい…)
    お前、腎臓病って言ったら透析なっちまうぞ。とにかく、常に腹八分目を心がけろ!(注:腹八分目と腎臓病はほぼ関係ありません)
    まああれだな。もしカラダがすごくキツいんだったら、もう仕事は諦めてラクな部署に異動希望出せよ。仕事以外にも人生楽しいこと、一杯あるぞ。お前の人事権握ってるヤツ、昔オレが面倒見た人間だから、あいつにオレの方から「タテラッツィはあいつ、病気で大変なんだから、もっとラクな部署に動かしてやれ」って言っとくぞ。あいつはオレの言うことは聞くからな。

    自分:ちょ、ちょっと待ってください。そういうことは自分で決めますから大丈夫です。ご心配ありがとうございます。
    元上司:そうか。まあまたもし何かあったら必ずオレに相談しろ!?何とかしてやるから。

    自分:はい。

    前段の病気を想定してない段階のアドバイスよりも病気発覚後のアドバイスを聞いた後の方が「こうなったら仕事バリバリやって出世してやろうかしらん♪」って思うワタクシは、生まれ付いての天の邪鬼。。。

    まあ実際、このテーマは、今のワタクシにとっては割と根源的に重要なものだったりします。

    別に出世云々ではなくて、病気だからって理由じゃ解雇できない組織の中で必ずある「病人人事」のコースに自分がそのうち乗っかるんじゃないか、っていう思いは常にあります。
    もともと、

    人生=仕事

    だなんて露ほどにも思ってないワタクシではありますが、

    病人であること

    だけを理由に「烙印」を押されてしまうのは、正直癪ではあります。

    でもそうは言っても、自分どう考えても、ハナから仕事より趣味の人間だしなぁと、ジレンマが循環していくのでした

    スポンサーサイト



    未分類 | 00:27:52| Trackback(0)| Comments(0)