FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    何のための人生か、あるいは、何に使われている人生か
    【ただ今のBGM】
    モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調

    フリードリヒ・グルダ(ピアノ)
    クラウディオ・アバド指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団



    もちろん(?)GW中の東京国際フォーラム企画のための予習です。

    自分がモーツァルトの中で一番魅力的だと思う音楽形式は、

    ピアノ協奏曲

    です。

    昔は交響曲でしたが、社会人になったあたりで完全に逆転しました。

    今でもいくつかの交響曲は好きですけどね。

    「ジュピター」の第4楽章とかだけ抜き出して聴くこともあります。

    しかし日頃自分が聴くモーツァルトと言えば恐らく半分以上がピアノ協奏曲。

    この27番については、ポリーニ(ピアノ)の生演奏を聴いたことがある(何気に自慢)ので、思い入れある曲です。

    叙情的で透明感のある第1楽章もいいのですが、「タランテラ」と言われる舞踏形式を利用しながら、そのノリのいい音楽の中にも、この曲全体を通じて感じられるメランコリーな表情が出てくる第3楽章が個人的に一番好きです。


    さて、、、

    人生は一体何のためにあるのか?

    大局的な所の話は置いときまして、ここ最近のことに限定しますと、自分の場合、完全にね、

    人生はマンドリンのためにある

    と言わざるを得ない状況ですね・・・。

    ≪昨日と今日のワタクシのプライベートタイム≫

    リベルテ関連の何かに30分
    ベラクォーレ(もっぱら練習)に30分
    “未完成』関連の何かに30分
    ブログに30分
    夕食に30分
    風呂などに30分
    その他の時間(ささやかながら家のこととか)が30分


    これでもう3時間半じゃないっすか。。。

    最近は割と早めに帰宅できてるとは言えども、もうちょっとゆとりある生活したいものですが・・・。

    しかし、思いの他成果が上がったこともあります。

    先日、

    「ベラクォーレについては合奏の時しか時間を割けないから、『一所懸命』で、そこで頑張る」

    みたいなこと書きましたが、実は予想外にベラクォーレ用の個人練習もかなりまとまって昨日・今日とすることができました~。

    今回の全演奏曲目中のうち問題となりがちな箇所全部を、この2日の間で数回ずつさらい直すことができました(でも、まだまだ問題だらけなんですけどね・・・)。

    にしても、ここ1か月くらいというもの、仕事と睡眠以外のほぼ全時間、マンドリンかあるいは音楽に関わることが生活の大半という感じです。

    テレビもほとんど観てないし、大好きな阪神タイガース様の応援をする機会も今年は例年になく少なめ。。。
    (でも今日は関本健太郎のサヨナラホームラン、ちゃんと観てましたよ!)

    もちろん、マンドリンよりは仕事の時間の方が長いわけですけど、自分的としては仕事は「糧を得るための手段」でしかないのです。

    だから、やっぱり、「人生はマンドリンのために使われている」というのが、最近の自分自身への印象。

    年収500万で毎日9時-17時勤務(休日完備)の退屈な仕事



    年収1000万で毎日8時-25時勤務(土日もほとんど出勤)の面白い仕事


    だったら、私は一瞬の躊躇もなく、前者を取ります。

    500万あれば、日々つつがなく暮らし、たまには美味しいもの食べて、マンドリンやって、年に1回くらい海外旅行行くくらいの生活はできそうです。

    ポルシェ買うとか、ハワイにコンドミニアム建てるとか、六本木ヒルズに住むとか、そういうことを諦めさえすれば十分問題なく暮らせます。

    ちなみに私は転職しているわけですが、前職は比較的後者に近く、今の職は比較的前者に近いんです(もちろんここまで極端ではないですが)。

    もっともこれは独身的発想なワケで、既婚者の方は同列には考えられないご事情もおありかと思います。
    2人子どもがいたりすると、1世帯の収入が500万じゃ心元ないとかってことにもなったりするんでしょうし。

    「やっぱ父さんちょっと頑張って稼いでくるよ!」みたいな。
    「亭主元気で留守がいい」的発想になってくるんだと思います。

    そういうことを思うと、男にとって一体結婚ってナンだろう?とかって思うのですけど、世間の皆様、どうですか?
    (ちなみに私は比較的男女同権論者なので、こうして性別で職住の分担を最初っから決めてかかるのには、むしろ抵抗感を覚える所もあります。でも現実、まだ日本においては圧倒的と言っていいくらいに男性社会であることも事実ですので、あえてその現実に即して書きました)


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 01:25:30| Trackback(0)| Comments(2)