FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ラフォルジュ続報
    まだPCが復活しない(たぶんGW明けになるでしょう)ので、簡潔に。

    ラフォルジュルネジャポン2006(勝手に「ラフォルジュ」と略称を使います。←ぜんぜん一般的な略称ではありません。俺様のオリジナルです。念のため)

    快晴に恵まれた「子供の日」の今日もまた音楽三昧でした。

    「マンドリンオケの練習とかないの?」って尋ねられたことがありますが、ええ、基本ありませんのですよ、えへん!(別に偉くはない)

    いや正確には7日の午後にあります。

    でも、この3~6日まで、私は完全に「仕事」とも「マンドリン」ともほぼ無縁な時間をすごしています~。
    (ただし一部、リベルテ関連の事務連絡はありましたが。で、国際フォーラムで携帯メールしてたら、いきなり目の前から連絡相手の張本人が現れた!なぁんだ、同じ所に来てるんじゃん!ってことでお互い笑いました)

    やっぱりね、自分は、

    ・年末年始
    ・夏休み
    ・ゴールデンウィーク


    この3点だけは、できる限りは完全に個人のための時間として「聖域扱い」にしたいんですよね。

    場合によってそうも行かないことがあるのは、もちろんわかってますけど、でも基本的にはそういう願望を持ってる人間なんだぞ!ってことはここで明らかにしておきたいのであーる(何者?)。

    だから今年のGWはそういう意味では最高に幸せです。

    だって、自分にとっては一番楽しいことの1つ、「演奏会通い」、これを「死ぬほど」やれてるんですからね!

    人生で「死ぬほどやり続けたいこと」と言えば、自分は、

    ・旅
    ・演奏会通い


    の2点でしょうか。

    入院中は何日も延々と読書できたのが思いのほか幸せだったので、「読書」も入れてもいいかもしれない。

    「マンドリン」??

    これはある意味、「ライフワーク」的な感じとなってきていて、「延々とずっと」とかって想像すると、実はちょっとウンザリかも・・・?(笑)

    でも基本、好きでやってることですけど。

    さて、結局ラフォルジュ(やっと略称登場)、自分は4日で14ないし15公演行くこととなりそうです。
    多少チケット売ったのですが、それでも追加購入した分もあったりで、相殺されてしまいました。

    これまで行ったのは、室内楽が多いですね。

    多いどころか、ほとんどと言ってもいいかもしれない。

    中でも「弦楽四重奏」だけで4公演
    これが私のとっての今年のラフォルジュの1つの核となっています。

    昨日も書いたように、室内楽は小さなB5っていうホール(というより部屋。文字通り、室内っていう感じのところ)なので、クラシック専用ホールではないこのイベントの中では、この室内楽の部屋が、おそらく最良の部分を味わえる空間となっています。

    逆に以前、モーツァルトで一番好き!と申し上げた「ピアノ協奏曲」だとか、それ以前にお気に入りだった「交響曲」はそれぞれ各1曲しか聴いてませんね、そういえば。

    ピアノ協奏曲は27番
    交響曲は35番「ハフナー」


    を聴きました。
    ハフナーは下野さんの指揮でした。快速テンポでそれでいて強引にならず軽やかなリズム感で素敵な演奏でした。

    でも基本的にはやはりこのラフォルジュは、室内楽(器楽)を聴く所かもしれません(あと宗教曲も合唱なら大きなホールでもまだ何とかなるので、良いですね)。

    また室内楽用の小さな部屋での公演の中では、ピアノ伴奏だけで上演された室内オペラ「コシファントゥッテ」も面白かったですね。
    これはチケット争奪戦もかなり激しく、実はワタクシ、オークションで定価以上の値段で落札して入手したんです。
    それくらい楽しみだったものでしたが、公演は期待どおりどころか、期待をはるかに上回るものでした。
    「オペラブッファ」(喜劇的なオペラって所でしょうか)って、こんなに楽しいのですね。
    楽しい話がモーツァルトの音楽とコラボされて見事なアンサンブルとなって受け手に迫ってくるのですよ。
    それも、私のたった2m前で!!(これ自由席だったんですが、開場前に5分少々並んだ結果、運良く2列目に座れたんです)

    ちなみにこの公演、シルベスさんも取ってらしたのですが、とてもお忙しいみたいで、手放されたようですね。
    代わりに行かれた方は超ラッキーでしたね~。
    でもシルベスさんもとてもエンジョイされてるご様子。
    マンドリンの練習と両立させてる所がすごいです(ここだけの話、自分だったら、練習の方をきっとサボ・・・テンの花は綺麗だな!っと)。

    明日は、ラフォルジュだけでなく、「ある違う演奏会」にもちょっくら顔を出す予定です。

    詳細は次号を待て!
    (真夜中なので、変なテンションになってます。こーいうの、翌朝自分で読むと、めちゃ恥ずかしくなるんですよね・・・)


    スポンサーサイト



    音楽全般 | 01:27:06| Trackback(0)| Comments(0)