FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    2年ぶり
    今週末は、

    土曜日が通院
    日曜日がメトロポリタンマンドリンオケの練習

    で終わりました。

    通院については、「健康管理編」参照。
    (久々に更新しました)

    メトロポリタンマンドリンオーケストラ(メト)には、自分は2年ぶりの参加。
    今日が自分にとっての初練習でした。
    まだ曲を通して感じを掴む、音取り段階の練習。

    メトの場合、やる曲の難易度が相当に高い(速弾きとかそういう意味ではなくて)ので、この段階の合奏になるべく参加し、早期に曲に慣れておく、それがこの楽団で過ごす時間を自分にとって有効なものとする一つのコツなのかな?と出演4回目にして思いました。

    今年もまた素晴らしい選曲。

    カセッラのカヴァティーナ
    コダーイのガランタ舞曲
    ワーグナーのトリスタンとイゾルデから抜粋(定番の「前奏曲と愛の死」だけではないことに注意)


    ですが、こんな選曲をするマンドリンオケは今なおこのメトだけですね。

    個人的に自分はメトのやることに深く共感していますが、それでもさすがにこのメトが進む道が全てとまでは思っていません。
    でも、これだけ面白いことしてる楽団があるんだから、他のマンドリンオケの中に、もちっと影響されるような動きが起こってもいいような気はしますね。「二番煎じ」とか「模倣」っていう意味ではなくて。

    そういえば自分、今日の合奏中に話が出ていた「コダーイ博物館」、行ったことありましたね。
    ブダペストの街のど真ん中。オペラ座なんかもある目抜き通り沿いにありました。
    中にはいろいろ展示がありますが、基本、作曲家関連の博物館って、よほどの愛好者でない限り、面白くはないかも・・・?


    なんだか気が付いたらここ3週間くらい、アルコール口にしてないし、美味しいモン食べに行ったりも殆どしてないし…
    まあ演奏会とか映画とかには行ってますけど、全体として、

    まるで修行僧のような生活

    を送っているような…。

    ちょっとガス抜きがしたい今日この頃です。

    自分のガス抜きで最高のものの一つは一人旅。

    気が付いたらもう国内でさえ一年以上行ってませんね~。

    あ~京都いきたいとです。


    【ただ今のBGM】
    シューマン:交響曲第4番

    ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団




    同じ音型をクドいくらい反復する、一見血と汗と涙の結晶系ミュージック。
    実際、古くはフルトヴェングラーなどにも愛された曲だったりします。
    しかしこのノリントンで聴くと、あれまあ不思議。
    そもそも全然違う音がいっぱい足されているので使用楽譜も恐らくベーレンライターなどの近年の研究成果を基にした版を(例によって)使ってるんでしょう。ノリントンですから当然演奏はノンビブラート。
    実はこの曲、来年あるマンドリンオケで演奏される見通しだそうです(まだ公表されてないので楽団名は内緒)。
    今日、あるお方と話した時に伺った話では、この楽団を率いてらっしゃる指揮者の先生、他の所でシューマンの2番を取り上げた時にも、シューマンのモヤモヤした感じを取り払った見通しの良い演奏を志向されたそうで、マンドリンオケで演奏するとなれば、恐らくますますその傾向に拍車がかかるでしょうから、このノリントン盤はきっととても良い道標となりそうな気がします。

    いや、この曲に限らず、マンドリンオケで管弦楽曲やるならノリントンの演奏は常に参考になりまくりだと思いますけどね。


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 00:03:36| Trackback(0)| Comments(0)