FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ごちゃごちゃといろいろ
    いま、手元にあの「ダ・ヴィンチ・コード」の文庫本(上巻)があるのですが、読み始めようかどうしようか検討中。

    いま、他の本読みかけだし、「ダ・ヴィンチ・コード」読んだ人によると、一度読み出すと終わるまで止められなくなるとかナンだとか聞かされたので、よっぽど時間がある時じゃないと、ちょっとキケンなような・・・。

    自分、ヘンに凝り性なので、一たびハマり出すと、たとえ日常生活に支障が出ても読み続けちゃいそうな予感がしますので(苦笑)

    もう何年も前のことですが、ある本にハマり過ぎて、朝、仮病の電話を職場にかけて、そのまま仕事サボって家でずっと読み続けたこともありましたっけ(←超ダメ社会人。いやぁ、もう時効ですよ、時効、おそらく・・・?)


    【ただ今のBGM】
    ストラヴィンスキー:「兵士の物語」

    ヨーロピアンソロイスツアンサンブル


    普段聴く音楽ってどうしても、
    その時々で抱えている演奏曲目やそれと同じ作曲家のものだったり、
    あるいは選曲作業中だと候補曲ばかり聴いていたりすることになるのですが、

    そういうことばかり延々としていると、なんだか自分の中の引き出し・ストックが次第に枯れていく感じがするんですね。

    曲をいっぱい知ってりゃいいってもんでもないのですが、これは演奏活動とかとはもはや直接は関係のない所での話になりますけど、自分の感性が磨かれずに停滞してしまったかのような、そんな妙な危惧を感じ始めるんです。

    そして自分はそう感じてしまったその時から、また音楽の新規開拓をしていくのでした。

    なぁんて、格好付け過ぎっていうか、意味不明ですが・・・。

    「兵士の物語」はストラヴィンスキーとしては、比較的メジャーな曲で、自分なんかクラシックを積極的に聴き始めて早3年目くらいで既に出会っていた曲だったりもしますが、正直、あんまりちゃんと聴いたことなかったんですよね。
    不幸にしてライブで聴く機会もありませんでしたし。

    しかし、これものすごいオシャレな曲ですねえ。

    「3大バレエ」(火の鳥、春の祭典、ペトルーシュカ)はここ10数年で何十回も何百回も聴き過ぎてしまって食傷気味となり、

    「プルチネルラ」とかも、いい曲だとは思うけど、あまりに禁欲的過ぎて、「萌え」るものがない

    とかいう状態に陥って、暫くストラヴィンスキーから離れていた自分でしたが、この「兵士の物語」、ちょっとばかり底意地の悪そうな感じでなかなか好きかも。


    全然話題は変わりますが、モンテネグロ共和国、独立しましたね~。

    「おめでとうございます」

    とは言いません。

    めでたいのか、少々ギモンが。

    そもそも何でもかんでも独立すりゃいいってものでもないですし。

    55%の賛成があれば独立決定のところ、55、4%の得票だったそうで、ギリギリもいい所。

    これはモンテネグロにいる少数のセルビア人の反対は当然のことながら、どうもそれだけではなく、モンテネグロ人も反対に回った人がかなりいたようなんですね。

    「独立なんて時期尚早じゃい」

    と。そこには、

    「ナショナリズムを煽ってくれるのは結構だが、背伸びして独立国家築いたところで、ただちに成り立たなくなってオレたちがメシ食えなくなったらどうしてくれるんだ!」

    っていう冷静な判断があるらしいです。

    モンテネグロなんて、100万も人口いないですからね。
    あんな小国が独立して、成り立つのかどうか、そこですね。

    エネルギーはロシア、それ以外の産業はEUとアメリカに頼りっきり。
    もっともEUに入る野心を持つモンテネグロの独立をEU側は迷惑に思っているようで、米ロと違ってモロに反対してましたが。。。

    そもそもEUという構想自体、近代的概念である「国民国家」の一種の解体作業ですからね。
    ナショナリズムに目覚めた少数民族が騒いでも冷淡な態度を取るのはある意味当然っちゃ当然かもしれません。

    おまけにフランスやベルギー、スペインあたりは、今、国内に深刻な他民族問題を抱えていますし。

    さて、モンテネグロ独立、そうは言ってもこれは既に既成事実化していた話で、既に何年も前からセルビアとの境界ではパスポートコントロールが行われているそうですし、モンテネグロで使用されている通貨はもうだいぶ前からユーロです。

    ま、こういう話、しょせんは「ほぼ」単一民族のわれわれ日本人にゃ、なかなかわからんのでしょうけど。

    そういえば今回のワールドカップは最後の「セルビアモンテネグロ」としての出場となりますね。
    人口数十万のモンテネグロじゃ、きっと当分W杯なんて出られないでしょうから、そんな所もプチ注目の今大会です。

    さて、自分はマイルが溜まりに溜まっている関係で今年の夏はなんとしてでも久々の海外旅行を成し遂げる予定でして、実は既にかなり細かい所まで決めつつあるのですが、この新国家「モンテネグロ」へも訪問予定です。

    今回の旅の構想は、2つありまして、

    1つめは、ビザンティン美術を追いかける旅にしたいということ

    2つめは、かつて「世界の火薬庫」と言われた現代史の大舞台、バルカン半島を縦断することで世界史のダイナミズムを肌で感じたいということ

    旧ユーゴというのは、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の中枢を占めた土地でもあるんですね。

    現在の国境線にあまりとらわれず(そうは言ってもパスポートは当然ちゃんと国境通過時に見せるわけですが)、上記のコンセプトを軸に回る旅っていうのも、なかなか面白そうだな、と思ったんですね。

    ビザンツ美術、大好きですし。

    自分はキリスト教だったら、カトリックよりもプロテスタントよりも、ロシア正教とかギリシャ正教とかアルメニア正教とか、グルジア正教とか、そっちの方に興味ありますね。

    あ、あくまで文化的、美学的にってことですけど。

    信仰の問題ではありません。

    (でも、「ダ・ヴィンチ・コード」読んだら、また考え変わりそうですが・・・)

    そして風光明媚でもあるこの地は、観光資源の宝庫でもあります。

    モンテネグロや隣国クロアチアのアドリア海沿いの地域は、北欧のノルウェーにも負けない見事なフィヨルド地帯となっていまして、その絶景が味わえる所です。
    そして西欧ではもはや見られない手付かずの「旧市街」を持つ街が連なる地域でもあります。

    なにはともあれ、「血」なんて流さずに独立の手続きが進むことを祈ります(どうやら、大丈夫そうですね)


    21世紀になって独立した国家として自分が思いついたのは、他には「東ティモール」(インドネシアから独立)くらいのもんでしょうか。

    しかし、今、「東ティモール」は内紛で大変なことになっていますね。

    元の宗主国(?)インドネシアは大地震で大変なことになっていますし。

    世界ってのは、いつまで経っても、どこかで「しこり」が残りますね。

    インドネシアの地震、どうもいまいち募金が低調らしいです。

    あまりにあちこちで天災・人災がありすぎて、どこに的を絞って援助すればいいのかわからないという現象、それから「援助疲れ」という現象があるようです。

    ココのサイトからだと、援助する支援先を自分で選べるので、分散投資(?)もできます。
    ユニセフ会員となっております自分は、ささやかながらここから募金をしておきました。
    偽善者でも何でもいいです。
    そのお金で何人かの命が救えるのなら。
    わずかに数千円募金して、返す刀で数万円とか数十万円の豪遊とかしちゃう人の倫理観が問われることとか、あるかもしれませんが、自分は

    「何もしないで煎餅かじりながらPCの前で批判ばっかしてしまいには煎餅の粕がキーボードの隙間に入ってタイピングに支障が出たとか、そんなことでブチ切れてる不毛な奴(って、自分のことですが・・・)よか、どんな心性の持ち主だろうが1円でも出した人間の方が遥かにエラい」

    と思います。

    というわけで、これ読んだ方、全員いますぐ2000円でも3000円でもいいですから、ここで(なくてもいいですが)募金してください。よろしくです。


    スポンサーサイト



    時事 | 01:55:02| Trackback(0)| Comments(0)