FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    音楽の愉悦感
    この土日は久々にマンドリン漬けのウィークエンド。

    土曜日。
    今月末にある某イベントに向けた練習。
    4人でバッハのある曲を合わせたのですが、これがなかなか良かったんです!
    小規模のアンサンブルでは初顔合わせの人が多い即席メンバーなのに、早くも、ちょっとした所でだったら、聴かせてもまぁいいんじゃね?っていう水準。
    もっともそれは伴奏の多い我がマンドセロに功績があるわけではなく、他の主にメロディパートを担当した人たちがよく感じて上手に弾いてくれたからだと思います。
    自分に功績があるとすれば、それは選曲ですね。
    今回やる曲はマンドリンアンサンブルでやったらいい感じになる!と、実は大学3年の頃から温めていたものです。当時は同学年の誰からも共感を得られず、少々凹みましたが…。
    今月中にあと2回、練習する予定なので、これはなかなか手応えアリな合奏になりそうです。
    こういう即席アンサンブルで、「形にする」っていう次元を超えて、音楽してる喜びを噛み締めながら演奏できるっていうのは、かなりワクワクする展開です。
    日曜日。
    メトロポリタンマンドリンオーケストラの合奏練習。
    午前中は所用があり午後から参加。

    怒られちゃうかもしれませんが正直に告白しますと、自分、このメトの譜面を開いたのは実に1か月半ぶり…。

    演奏会まではやはりあと1か月半。

    メトロポリタンの演奏会にお越しいただいたことがある方はご存知だと思いますが、この楽団で取り上げる曲は、ちょっと他のマンドリンオーケストラとは趣の違うものです。
    どうも世間(?)ではよく理解もされずに、やたら難解なのをやってる楽団みたいに思われているフシがあるようですが、実はそんなトリッキーなものじゃありません。
    世に無数とある音楽の中から、本当にマンドリンオーケストラという形態で表現されるに適したものだけを、ちょっとだけ厳しい独自の審美眼と審査基準で抽出しているに過ぎません。

    こうした真っ当な精神に依るこの楽団のあり方自体がかなり多くの場で無理解や批判にさらされている(と私は感じる)のは、ちょっと残念です。
    勿論、好き嫌いはあって当然で、「やってることは評価するけど、でもオイラは嫌い!」って言う人、それはいていいと思うんですけどね。
    さて、そんな楽団の練習に準備なくノコノコと出かけて行って、十分な演奏ができる筈はありません。
    私事、1~2年前と比べると、自分でわかるくらい格段に合奏への対応力は上がったように感じてますが、まだまだ、メトに手ぶらで行っていきなり対応できる程には成熟してません。まあ、その域に達するには、真摯に努力を重ねたとしても、あと5~10年はかかることでしょう。

    これから、巻き入れてやんないとなぁ、と十分焦るキッカケになりました今日の練習。

    でも小出先生の指揮の下で弾くのは実に素晴らしい体験だと再認識もしました。
    ワーグナーの音楽の持つ力がグイグイ迫ってきてそのパワーに圧倒されたこともありますが。

    なかなかいい曲ばかりに恵まれ、厳しくも音楽の愉悦感を味わった土日でした。


    スポンサーサイト



    未分類 | 01:24:29| Trackback(0)| Comments(4)