FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    伊藤若沖
    久々に「はなきん!」って感じの金曜夜でした。

    ほぼ定時上がりで上野の森へ直行。

    金曜夜は、多くの美術館・博物館が閉館時間を延長しているんです。

    美術館とかって、マンドリンの繁忙期だと、土日もなかなか行けなかったりするので、金曜夜というのは案外狙い目です。

    近頃は仕事もそんなに忙しいわけでもなく、帰ろうと思えば、何とかなりますし。

    で、行ってきたのは、

    プライスコレクション 若沖と江戸絵画展@東京国立博物館

    でした。

    これ、どうもかなり良さそうだということで、気にはなってたんですが、最近ある知人から勧められ、また、まもなく終わってしまうということを知り、こりゃ行かんとあかん!ってことになった次第です。

    8月27日(日)までです!行きたい方は急ぎましょう~。

    いや、観てきて良かったです。

    実は、閉館時間になってしまい、最後の「第5章江戸琳派」を観ることができず、口惜しいので2500円もする図録を買ってきたのでしたが。

    自分は高校時代から今に至るまで、日本文化よりも海外の文化(以前は西欧、今は東欧やらイスラム圏も)への関心が強くなっていまして、江戸文化ってのは、面白そうだな、って思いながらも、ついぞ触れる機会があまりないままで・・・。

    ちょうど今日見逃した「江戸琳派」なんかは、展覧会行ったりして、以前から少しは馴染みもありましたが。

    日本史に疎い自分の発言なので、ピントがずれていたら、どなたかご指摘いただきたいのですが、思うに江戸時代ってのは、明治政府以降の日本政府によって、「朝敵たる徳川幕府による負の時代」の烙印を押され続けてきたんじゃないか?って気がするんですよね。

    今なお、政治家には、山口県出身者が割と多いとも言いますし、明治政府以降の「薩長閥」ってのは、その後も連綿と続いているんじゃないかと。で、歴史の常として、その直前の時代を否定しがちというのがあるので、江戸時代っていうのは、ずっと、

    「鎖国により国際性・国際競争力を失った国の後進性が顕著だった時代」

    というような目で見られ続けていたんじゃないか?

    って思ったんですね。

    でも、文化面、特に絵画について言えば、ゴッホが葛飾北斎の絵の影響を強く受けた話などを筆頭に、欧州の人たちは、日本の江戸文化にカルチャーショックを受けて、それで自分たちの芸術に対する見直し運動が起こったりしたわけです。
    その数十年後に現代アートが生まれた遠因の1つでもあります。

    江戸文化に触れる機会が限定的な状態でずっと来てしまった自分にとっても、このカルチャーショック度は同様で、まったく自国文化にカルチャーショック受けるとは・・・って感じなんですけど、でも、まあ今気付いてよかったす(←なんだ、そのテキトーな感想は・・・)

    そして何と言っても、伊藤若沖!

    なんざんしょ、この突然変異の天才は!

    大きな象が中心にいるカラフルな襖絵なんぞ、現代アートかと思ってしまいました。

    このリンク先にある絵です。

    鳥獣花木図屏風(ちょうじゅうかぼくずびょうぶ)っていう2枚組のふすま絵。

    これが18世紀の江戸絵画だとは俄かに信じられません!
    約86,000個のタイルを敷き詰めた壮大なモザイク画。「升目描き」(ますめがき)って言うらしいんですけど、美しい青い色の感じなんかも、まるで5~6世紀くらいのビザンティン美術みたいでもあるし、また、「1960年代のアメリカ画家の絵」って言われても、もしかしたら信じるかもしれません(さすがにムリか)


    -----------------------------------------------------

    さて、今日はその後、某友人Sとメシ食べてきました。
    上野でオキナワ料理食べてきました。
    沖縄の料理は、ヘルシーかつ美味い。
    素晴らしい。

    沖縄ダイニング はなはな 上野広小路店 ★★★★☆

    自分にとって、恐らく人生でもっとも多く食事を共にした1人です(家族を除く)。

    学生時代から通算で300回は一緒にメシ食ってるんじゃないですかねえ。

    しかしながら最近はお互い都合が付かず、ヤツとメシ食べるのは、実に約2年半ぶり。

    いろいろディープな話をしてまいりました。


    スポンサーサイト



    レビュー | 03:00:32| Trackback(0)| Comments(2)