FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ま、所詮ウィーンフィル>>>>自分なワケですが
    【ただ今のBGM】
    ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2006(再放送)

    NHK教育TV


    今年の正月のエントリーでワタクシ、この演奏のこと、ボロクソ書いてた気がします(あえてリンク貼るほどのこと書いてもいませんので、貼りませんが・・・)

    しかし、今聴いても、こりゃまた品のないプログラム&演奏ですねえ。

    いったいどこの「名曲コンサート」かと思ってしまいましたよ。。。

    特に選曲があざと過ぎる。

    たしかにここ数年の「ニューイヤー」は、数十カ国に国際衛星放送をされている番組とは到底思えないくらい、マニアックな選曲が多かったわけですが、その反動なのかナンなのかわかりませんが、これを聴いて、

    「ああ、これがウィーン秘伝の伝統美なのね~。ス・テ・キ(ぽっ)」

    なんてなったら、そりゃもう大勘違い大会な内容。

    ちなみにそれは選曲だけではなく、演奏の傾向にもあるのですが、それを言語化して説明する能力は私にはないので、この点については、黙しておきます。

    選曲について、私はただでさえ、

    「初心者&一見さん対象だから、わかりやすい音楽を!」

    みたいな考え方のプログラミングには、アマチュアであれプロであれ、賛同できかねるのです。

    むしろ、初心者&一見さんだからこそ、滅多にクラシックなんて聴かないんだから、最高のものを聴かせて、虜にするべきなのに。。。ってわけです。

    一度、虜になってしまったワタクシのような人間は、いくつか「ハズレ」を引いたところで、熱が醒めるなんてことはまずないわけでして(笑)

    いずれにしましても、

    ヨーロッパ文明きっての芸術資産であるウィーンフィルもまた、グローバル化の波にはついに勝てなかった

    という、屈辱が記された記念碑的演奏会、それがこの「ニューイヤーコンサート2006」だったんだと、ワタクシはちょっと今、寂しい気持ちです。

    ま、いい部分も、もちろんいっぱいあるんですけどね(なんじゃい、そのフォローは)


    リベルテの合奏練習@横浜桜木町

    時間:9:45~18:00


    長い!!

    本来は17時までの練習だったのに、ソロがあるメンバーだけで、1時間の居残り練習までしてきたという、この熱心さ!
    (誰にアピールしてるのでしょう??ワタクシ・・・)

    しかし代表のもち君は、さらに私たちが帰った後、しばらく練習場に残って個人練をしていった模様。すごすぎです。尊敬します。
    がしかし、結婚したばかりの奥様がそれに延々と付き合われていたのが、可哀想で・・・(カンペキお節介モード)。

    とりあえず、楽器弾き過ぎです。

    しかしまあ最近は、平日も相当、楽器弾いてますので、調子はとても良いです。

    これまでの人生でもしかしたら、今が一番楽器弾けてるかもですね(笑)

    もっとも、自分の趣味は楽器のみにあらず。

    本当は他のこともしたいのですが、11月までは、ある程度、割り切らざるを得ないようです。
    (飲み会等々のお誘いは、可能な限り馳せ参じますので、「あいつ忙しそうだから、呼ぶのやめとこうぜぃ」とかって展開はカンベンしていただきたいですが・・・)

    普段は自分の出演楽団について、どれも平等に扱うことを旨としている自分ですが、今年はちょっと、リベルテへの傾斜を重くせざるを得ません。

    というのも、ヴィヴァルディの「四季」全曲!

    なんてのがありましてですね、

    全部で50小節以上分ものソロ

    があるんですよね。

    「四季」という曲は「合奏協奏曲」(複数のソロと合奏との対比から成る形態)ではなく、「協奏曲」(原則として単一のソロと残りのパートとの対比から成る形態)なので、本当は協奏的なソロを担当しているもち君だけが大変な筈なんですが、それでも割と自分のパートも今回、ソロがいっぱいあってヘビーです。

    そしてソロ部分以外も相当難しい。

    今回は「ある理由」により、「弾けません~、スマソ」では済まないので、プレッシャーは相当なものです。

    ここ数か月、それこそ、ピッキングの基礎・左手の指の使い方から見直しています。
    (来年あたり、時間ある時に一度、もっと体系的に見直そうと思っているのですが)

    しかしまあ、まだまだではありますが、ようやくほんの少しだけ、自分の中で、練習効果が認められるようになりました。

    あと2か月!

    約60日間ほぼ毎日練習したら、どんなことだって可能になるんじゃないか!?そう思える、いや、思いたい今日この頃です。

    たぶん、「ウィーンフィルニューイヤー2006」よりはずっと面白い演奏会になると思いますよ~(ちょいと酒の力を借りて大きく出てみました)


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 23:38:09| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ