FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    メト終わりました
    おかげ様でメトロポリタンマンドリンオーケストラの演奏会、無事終了しました。

    ご来場いただいた皆様、足元の悪い中、本当にありがとうございました。
    今回は何だかんだで15人も知人を呼ぶことができまして、その点につきましても、感謝の気持ちでいっぱいであります。

    2年ぶりのメトでしたが、改めてこの楽団の素晴らしさを実感しました。

    左手がもっと速く回る楽団、もっとデカい音が出る楽団、もっと縦の線がメトロノーム的意味で揃ってる楽団、そういうのは、もしかしたらいくつかはあるんでしょうけど、音楽としての伝達力、このことにかけて、メトはちょっと比類がない楽団だな、と思いました。

    このことは昨年、客席で聴いていても感じましたが、やっぱりステージの上で音作りに参加させてもらえるというのはいいもんです。

    この「伝達力」、中身を言語化するのがなかなか難しいです。
    結局は選曲と編曲と演奏現場の全ての点において、それらを有機的にコントロールしている人の力量にかかる部分が相当大きいんだと思います。

    他の奏者の方はともかく私なんぞは、ただただその恩恵に預かっただけに過ぎません。

    一奏者としては、今回私は、練習の出席率が悪く(半分弱)、演奏の出来も正直な所、燦々たる出来。普通ならこういう時、「あ~、だらしない。こんなんじゃ自分が呼んだお客さんに申し訳ないな…」とブルーになる所ですが、今回は演奏会自体がかなり良かったと思うので、あまりそういう気持ちにはなりません。

    自分自身がノーヒットでも、チームが勝てば取りあえず喜ぶ野球選手の感覚はこんな感じなのでしょうか?

    しかし、打ち上げで某ロ(ry様から、
    「タテラッツィにはもう少し練習に出てもらいたかったなぁ」

    って言われちゃいましたので、来年、メトに出るなら、かなり念密なスケジュール調整が必要になりそうです。

    そう言えば、今日、ステージ上に【マンドリンテキストアンテナ】の執筆者、自分も含めて、一体何人いたでしょう!?少なくともローネ以外は全パートいたんじゃないですかな。
    ちなみに【アンテナ】には登録されてませんが、トリスタンで私の隣で弾いていたのは業界では有名な「ひよかん先生」でした。

    実は今、かなり酔っ払ってます。メトで呑むと割とちゃんとしたお酒が飲めて、それも良いです。さすがに30超えて、「みんなと飲む酒ならどんなんでも旨い」とかそういうことは全くこれっぽっちも思わないもので…。

    というわけで、取り急ぎ本日は携帯で簡潔(?)に終了~。



    スポンサーサイト



    未分類 | 02:03:21| Trackback(0)| Comments(6)