FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    「私にとって」
    【ただ今のBGM】
    タラス・ブーリバ(ヤナーチェク)

    エリオット・ガーディナー指揮北ドイツ放送交響楽団




    ↑「ロープライス」とか言って、めちゃ高い金額が提示されてますが、自分はたしかこのCD、2000円くらいで入手した記憶があります。カップリングの「交響的舞曲」(ラフマニノフ)もオススメっす~。

    1つ演奏会が終わってもまたすぐに次がある、そういう生活がしばらく続きます。

    次は11月4日(土)のリベルテです。
    こちらは自分が与えられている役割が大きいので、かなりプレッシャーもやり甲斐もあります。
    これからの1か月間、少々、他のプライベートは犠牲にしてでも、楽器を触ったり譜面を見たりする時間を増やして行こうと思います。
    (もっとも、飲み会等々は極力犠牲にしませんので、そっち系のお誘いは何卒、ハブらずによろしこです~)

    今日(18日)は、一休みデー。

    近場のお店と郵便局に出かける用があって、車を運転していましたら、途中で通った吉野屋2軒でともに行列ができていて、ビックリ。

    牛丼って、そんなに美味かったっけ?

    などと穿ったこと言ったら、このブログの読者様で並んだ人に失礼か。。。
    いや、実は羨ましいだけ、妬みの裏返しですよん、ってことにしておきましょう~。


    さて、自分は文章も下手くそですが、スピーチはさらにニガテです。

    いわゆる「しゃべり・トーク」だったら、それは得意というか、とりあえず言葉だけは泉のようにボコボコ沸いては来るし、得意な分野のことなら、1時間やそこら、止まらずに話し続けることだって可能と思われます。

    しかし、「決めの言葉」、これがニガテ。

    マイク持って、1~2分で挨拶とかする時に、ここぞとばかり、格好いいことをパシっと言える人がとても羨ましいです。

    昨日のメトの演奏会で、直前のゲネプロ(通し稽古)が終わった時に、ステージ上で、首脳陣の方々と小出先生がひと言ずつ話されたんですが、この話がお一人お一人、心に響くことを皆さん、おっしゃるもんですから、私は本番中も、お一人お一人の顔が視界に入ってくる度に、そのスピーチの内容が反芻されたりしていました。

    特に、はむらぼさんのお言葉(以下、要旨)

    「人は格差や落差に感動するもの。もともと期待していた水準があって、それとのギャップを発見した時に、感動が生まれる。例えば、予想よりもゆっくりで大きなクレシェンドとか、予想よりもずっと小さなピアノとか」

    この言葉、2006年のタテラッツィ的名言大賞を受賞しそうです。

    打ち上げ2次会でお話させていただいた編曲者のS崎さんと賛助(オルガン)のH山さんがおっしゃっていた、

    「マンドリンオーケストラでやったらこのくらいだろうと予測が付く、いかにもマンドリンに向いた、いや向きすぎている曲よりも、マンドリンオケでやったら、こんなに意外なものが引き出せた、という選曲の方が面白い。例えば、マンドリンだと奏法上どうしても付点が甘くなるような音型、でもその甘さこそが面白さにつながることがあるんだ」(これも要旨のみ。ちょっとニュアンスがねじ曲がってしまったかもしれません)

    という言葉とともに、今回私が学んだ至宝の言葉でありました。


    さて、昨日の書き込み、酒が入っていたせいもありますが、多分に感傷的になり過ぎ、表現過多な部分がありました。

    私はさる方から、「物の見方が公平」というお褒め(ですよね?)のお言葉をいただいたことがあり、それは確かに自分が日頃から心がけていたことでもあったので、まだまだ自分なんかにゃ僭越過ぎると思いつつも、嬉しかったりしたのですが、昨日のような書き方をしているようでは、それも返上せねばなりません。

    何がそこまで気になっているかと言いますと、昨日のエントリーの中の

    >音楽としての伝達力、このことにかけて、メトはちょっと比類がない楽団だな、と思いました

    という一文についてです。

    いや、主観的に私は確かにそう思っているんです。それは事実です。
    日本中、いや世界中探したって、「私にとって」、メトを上回るマンドリンオケは存在しないと思っています。

    でもそれは、あくまで「私にとって」なのです。そう思わない人はもちろんいるでしょうし、それを客観的な物差しで計る術はないのです。
    今年1月の合奏コンクールをきっかけに少し見方が変わるようにはなりましたが、もともと私はそういう理由で、コンクールとかそういうものもあまり好きではありません。
    個性が問われる「芸術」というジャンルに、スポーツのような順位付けは馴染まないと考えるからです。

    だからこそ、昨日私が書いた

    >音楽としての伝達力、このことにかけて、メトはちょっと比類がない楽団だな、と思いました

    の記述は、

    >メトは人々を魅了するための媚薬でも用いているんじゃないの??トリスタンとイゾルデの2人が飲んだ惚れ薬のような・・・。

    なんていうこじゃれた書き方(←どこがやねん!)に留めておくべきだったのです。

    なぜここまで必死になって訂正するかと言いますと、メト以外に自分の中のベストマンドリンオケを持っている全ての人に対して、上記の書き方はひょっとしたら大変失礼な書き方に取られる恐れがあるな、と思ったからです。

    というわけで、私の思い過ごしであれば良いのですが、もし上述の書きっぷりに違和感・不快感を感じられた方がいらっしゃいましたら、ここに謹んでお詫びいたしますm(_ _)m

    ただ、ただですね。ここは私の個人ブログ。
    中立公正であるだけでなく、私の立ち位置を明確にすることも時には必要なのかなと思います(誰に対して?←きっと自分自身に対してなのかも)。
    「個」を出せない文章は、ただのビジネス文書になっちゃいますから。

    結局このブログは当然ながら、評論でも何でもなく、私文書なのです。

    さて、基本的にここ数年の私の出演の仕方は、

    「自分のことを必要としてくれる楽団には出る」

    というスタンスでした。

    ほら、恋愛とかでもよく、

    「私は、とにかく自分のことを愛してくれる人がいい」

    とかって言うじゃないですか?
    (もし本当にそうなら、5人に同時に愛されたモテモテさんは、5人全員と同時に付き合うのでしょうか・・・?)

    それと同じで、「(お世話になっている人から)勧誘されたら、時間が許す限りはその楽団には出演する」、そういうスタンスをここ3年くらい続けてたわけです。
    (この方針については、実は近々大転換するつもりですが・・・)

    しかしメトに関しては、ちょっと例外的で、「こちらから土下座してでも出してもらいたい」ということで入ったオケなんです。
    きっかけとしては、某ローネマニアさんに「どこかいい楽団ないですかね?」なんて相談して、それでメトを紹介してもらったんですが、本当のことを言いますと、ローネマニアさんがメト団員であることなど、とっくのとうに知っていましたし、実は最初っからメトを紹介してもらうつもりで相談を投げかけていたのです(←実はそういうワケなんです。ローネマニアさん、ごめんなさいですm(_ _)m)

    なぜそんなにメトが気になってたかと言いますと、まだマンドリンを始めて2年くらいしか経っていなかった時に、初めてメトを聴きに行きまして、その時、雷を打たれたような衝撃を受けたからです。

    それから5~6年していよいよ入団することとなり、そして団員となって演奏会に参加している今となってもなお、この楽団の一員になっていることが、ひょっとして夢なのではないか?なんて思う瞬間があります。
    恐らくそれは、この楽団の演奏会を初めて聴いた初心者時代に、「こんな複雑な音楽、絶対自分にはできないよ・・・」って感じたことが今でも意識の底に残っているからなんだと思います。

    実際、案の定、初めてメトに出た年は、ちっとも弾けなかったんですけれども(苦笑)。

    それから比べたら、昨日のブログで私は、自分のことを、

    >演奏の出来も正直な所、燦々たる出来

    って書いたのですが、実際の所は、ちょっとだけ手ごたえもありました。

    2部「トリスタンとイゾルデ」では、隣の席に舌鋒鋭い(笑)「ひよかん先生」がいらして、私のミスは全てバレバレであっただろうことを考えると、あまり「できた!」なんてことは易々と書けないな、と思ってしまうのですが、でも、今回、明らかに練習不足だった割には、過去のメトに参加したいずれの回と比べても、実は格段によく弾けました。

    まだまだではありますが、ここ数年で自分も少しは成長したのかな?ということに気付いて、「私にとって」は、嬉しかったですね。


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 00:32:59| Trackback(0)| Comments(4)