FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    「朝練」
    【ただ今のBGM】
    「四季」より「秋」第1楽章(ヴィヴァルディ)

    ビオンディ指揮エウローパ・ガランテ



    私の大学のマンドリンオケでは、いくつかの代で卒業時に卒業文集を作ったことがあります(最近はどうしているか情報がないので知りませんが)。

    私の代も僭越ながら作ったのですが、自分たちの2つ上、あるいは4つ上の代でも作っていたんですね。

    で、今でも強烈に覚えていることの1つが、4つ上のある先輩@メトの団員でもある(ここしばらく出演されていないようですが)指揮者兼ギター奏者のKさんの言葉でした。

    なんでも、

    「学生の頃は道を歩いている時だろうが何だろうが、ずっと音楽のことしか考えてなかった」

    っていうんです。

    これは大学2年かそこらの当時の自分には、かなりのカルチャーショックでした。

    自分だって、音楽そのものだけじゃなくて、楽団の運営だとか団内の人間模様だとか、そんな周辺事項も含めたら、1日の思考の90パーセント以上が楽団関係のことを占めた日はいっぱいあります。

    でも、純粋に「音楽」そのものだけを1日中考える日々が幾日も幾日も続く生活っていうのは、なかなかあるもんじゃないです、っていうか、ないです。

    そりゃまあ、合宿中とか演奏会直前は、いつでもどこでも、特定のフレーズばかりが頭の中に鳴り響き続けちゃう、なんてことはありましたけど。。。(それは単に「耳タコ」という現象)

    しかし、

    「もしかしたらその片鱗だけにでも触れることができた??」

    って思えたのが、実は、この週末のリベルテの合宿とその後の時間でした。

    本来こういうのは、あんまり努力の跡を見せずにスマートに演奏会の場で聴かせられたらいいな、とも思うのですが、このブログは、「メイキング・オブ~」的な意味合いもあって然るべきかと(自分で勝手に)思っておりますゆえ、あえて書いてしまいますと、

    今回の演奏会において、

    【1度の演奏会のために使った個人練習時間の総量】

    現時点で既に社会人になってからでは自己最多を更新していると思います。

    まだ演奏会まで1か月少々あると言うのにです。

    いくつかの理由があって、今回は自分にかかるプレッシャーは凄まじく大きいんです。

    なのにこれだけやっても、まだまだ全然不完全なんです。

    100の課題があったとして、この合宿で30か40は解決したと思いますが、その代わりに新規でまた20か30くらいの課題をいただいてきてしまいました。

    もう合宿はありませんので、あとは日常の生活をそれこそ「道を歩いていても音楽のことを考えている」モードにして11月4日までの日々を過ごしでもしない限り、どうやら間に合わなそうだっていうことに気付きました。

    ところで今日は、寝起きに宿のフトンの上でボヤーンとしてましたら、いきなり代表のM月君から、「じゃあタテラッツィさん、ソロ合わせましょうか!」って元気良く言われ、数時間前まで酒盛りしていた空間で「四季」のソロ合わせをすることに。それも同じ箇所を何度も何度も。

    って、これ、「朝練」ですよ、「朝練」!
    なんだか「シゴキ」みたいではありませんか!?(笑)

    もはや3★歳のオジサンには、「ラジオ体操」並みに生涯無縁の項目かと思っておりました・・・(笑)

    いやしかし、私のようなM体質体育会系的演奏経験が希薄なスノッブ人間には、こんな程度でもちょっと新鮮でしたよ。

    この練習の効果は絶大で、アンサンブルを作るために重要な何かが、この「朝練」で発見できてしまったのですから、驚きももの木です。

    そして、たぶん、今期(というか通算でも?)初めてワタクシ、M月君に軽くお褒めの言葉をいただきました。
    実際、自分でもこの朝の練習だけで相当自分の演奏が良くなったことが自覚できたので、それは素直に嬉しいです。

    そして同時に自分、リベルテでは、他の団員でもお客様でも誰でもなく、まずはこの代表・M月君を意識して演奏していることに気付きました。

    これはいいことなのか悪いことなのか、わかりませんが(演奏会はお客様に聴かせるためのもの、って考えたら、いい筈ないんですけどね)。


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 02:10:59| Trackback(0)| Comments(0)