FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    上手くなりたい?
    【ただ今のBGM】
    フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとハープのための五重奏曲(ヴィラ=ロボス)

    モビウス


    いやー、これはいいです。

    久々に発見した「隠れた名曲」

    ていうか弾きたいですね。

    そう、編成がね、ちょうどいいんですよ。

    「あるアンサンブル」にね。


    演奏会終了後、最初のエントリで自分、

    「あと3年は楽器弾きたくない!」

    なんて、半分冗談・半分本気で書いたんですが、結局現在までの所どーいう感じで推移しているかと言いますと、

    4日(土)演奏会本番

    5日(日)復習として15分くらい弾く

    6日(月)楽器触らず

    7日(火)基礎練習を20分くらい


    てなわけで、楽器触らなかったのは結局、たったの1日ぽっきり!

    「3日坊主」の反対の「逆3日坊主」どころか、これでは、「逆1日坊主」ですよ。

    なんだかね、昨晩、楽器をケースから出さずに寝たら、変な罪悪感を感じたんです。

    もともといつも書いてましたように、自分は「演奏家気質」じゃないんです、ちっとも。

    なので、家で楽器をケースから出す時ってのは、ある種の「必要悪」でそうしているわけで、多少なりとも苦痛を感じながら出していたんですね、多くの場合は。

    でも、今年の9月くらいからですかね。

    全く楽器をケースから出すのが苦ではなくなりました。

    「好きになった」っていうのとも、ちょっと違う気がします。

    「習慣になった」ってことなんだと思います。

    風呂に入ったり、トイレに入ったり、食事をするのと同じように、家では楽器を弾く

    一般に「楽器が上手」って言われる人々の多くは、そんなん、とっくのとうの当たり前に、昔っから実践してきたことなんでしょうけれども、自分にとって、このモードを体験したのは、多分、これが人生初。

    そして今、自分はさらに人生で初めて、もしかしたら、

    【楽器がうまくなりたい】

    と思っているかもしれないです。

    まだ、そんな自分の気持ちに、気付き始めただけですけれども。

    とは言っても、

    「え?楽器??いや、あんなん別に好きでもなんともねえよ。いや、好きではない、、、はさすがに言い過ぎ?いやウソでした。実はす・す、、、すき焼き食べに行こうか!」

    みたいな感じですけど。

    自分はいつも書いてるように、

    「楽器がうまくなりたい!」

    そう思って楽器の練習をしたことは一度だってないです。

    いや、正確には、楽器を始めて最初の1年くらいは、そう思っていたかも?しれませんけど。

    今回だって、自分が頑張って練習していたのは、あくまで、

    「【四季】が弾けるようになりたい!」

    これだけですよ、ほんと。

    【四季】を【狂詩曲スペイン】とか【三角帽子】とか【カルメン幻想曲】って振り替えてもいいですけど。

    「楽器がうまくなりたい!そうすれば【四季】なんかも弾けちゃう!」

    という思考回路ではありません。

    「【四季】が弾きたい(弾かなくちゃ)。そのためには、このくらい楽器が弾けないとダメ。あー、じゃあそれくらいは弾けるようになりたい!」

    という思考回路の順番です。

    そうして何とか辿りついたのが今回の演奏会。

    でも、その過程で1つ、気付いたことがあります。

    「そもそも、俺、ヘタなんじゃん?そうか、ヘタではできないことがある。だったら、上手かったら、これほどまでに苦労もしなくて済んだのかも。」

    もちろん、人間の欲には限度がないもので、上手い人は上手い人なりに、さらに上を目指すから、「楽」などという境地は、一生訪れないわけですけど。

    しかし、もちっと上手ければ、【四季】の音取りでこれほどまでに苦労することだってなかった筈。

    そう考えると、

    「やっぱりこれは、上手くなるしかないのでは?」

    という思考が頭をもたげました。

    ちなみ自分は大学から楽器を始めました。

    自分の知る限り、「あーこいつ(この人)、上手いわー」っていう人の大半は、このマンドリン業界の場合で、中学または高校からマンドリン始めたくらいの人に多いです。

    「大学から」「社会人になってから」「定年退職してから」「主婦になってから」マンドリンを始める人で、「おーこいつ(この人)すげー!」っていう人、いなくもないけど、率はかなり低い感じがします。

    リベルテも一部、大学から始めた人もいますが、多くは中学か高校からやってる人たちです。

    今回のリベルテ1プル(1番前の列)に座っていた中で、大学からマンドリン始めたのは、ひょっとしたら、いや、ひょっとしなくても、自分1人だけだったんじゃないかと。

    そんな激不利(?)な条件の中でさらに自分は、大学卒業後、3年近くもの「空白の時」(とか言うと格好いい?)があったり、「自分は演奏会気質じゃない」と言っていたり、それでよくまあ、ここまで漕ぎ付けたもんだな、と思います。

    それで、上手くなるには、どうしたらいいか

    このことへの答えが、私にはまるでないのです。

    1つだけわかったことは、「目先の演奏会の曲にばかり追われていては、できるようにならない能力もある」ということ。

    というわけで、

    ウェルナー・チェロ教則本

    が、現在の愛読書?です(笑)


    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 01:14:32| Trackback(0)| Comments(4)