FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    見えすぎ
    【ただ今のBGM】
    弦楽のためのディヴェルティメント(バルトーク)

    シャンドール・ヴェーグ指揮カメラータ・アカデミカ

    こちらから視聴・購入できます。

    先日はブーレーズ指揮でご紹介した「同曲異演」です。

    世間的知名度は

    ブーレーズ>>>ヴェーグ

    かもしれません(でも、ヴェーグも「ヴェーグ四重奏団」のリーダーであり、相当有名ではありますが)

    でも、個人的にはヴェーグの方が遥かに好き。

    ていうかヴェーグは全部いいですね。

    モーツァルト、ハイドン、シューベルト、シェーンベルク、ベルク、ストラヴィンスキー、ブラームス、バルトーク、ベートーヴェンと聴きましたが、全て「同曲異演」の聞き比べの中でベストかそれに近い感想を持ちました。

    弦楽四重奏団を自分で主宰していただけあって、弦のパートの作りが素晴らしいです。
    指揮棒にむりやり付き従わせるのではなく、奏者同士が聴きあって、アンサンブルしている感じがします。

    オススメ演奏家の1人です。


    さて、この土日は、知人9人でマンドリンの後輩が勤める清里(山梨県)まで行ってきます。

    リベルテの演奏会が終わり、自分的にはちょっと息抜きをするいい機会かなあと思ってますね。ぷらぷらしてきます~。

    ただ、清里まで運転することになったので、ちょいとそれだけ大変。

    いま、クルマを車検に出していて、代車なんですよね。。。

    運転しにくい。

    さらに、この代車にはナビがない!!

    それから、そろそろ自分、裸眼で物を見る限界に来ているんですよね(免許はギリで通過)。

    片目0、3とか、それくらい。

    今年2月に買った眼鏡はすぐに紛失してしまいましたよ、おほほほ、、、。

    そこで今週の月曜日に再度眼鏡を購入しまして、今日、レンズが入ったものを受け取ってきました。

    鏡を見てビックリ!

    自分の毛穴が見えて、キモイんですけど。。。

    ほんとにね、モノが見えすぎで怖いです。

    ていうか、眼鏡付けての視力は片目0、9ずつくらい。

    世間の大抵の人は、これくらい見えてるんだと思うと、これまでの自分は一体全体どれだけ損してたのか??とちょいとブルーです(苦笑)


    スポンサーサイト



    日記 | 00:42:05| Trackback(0)| Comments(0)