FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    「お気楽」を分析する
    昨日に引き続いて清里に滞在し、夜になって帰宅しました。

    昨日携帯からも書きましたが、これぞ、

    【ザ・休養!】

    といった趣でした。

    私はなんといいますか、

    「趣味:悩み事及び逡巡」

    みたいなところがあったりするわけでして、そんな時にもしも、

    「Take it easy!」

    とか言われたら、

    「るせー、今いいとこなのに邪魔すんじゃねー!!」

    とか言っちゃったりする嫌いがあるとかないとか、まあ極端に言えばそういうベクトルの人間でございまして、一番好きな映画なんぞは「悩み事集会」の異名を持つ(?)「デカローグ」シリーズ@キェシロフスキ監督だったりするくらいなので、今週末みたいにゆるりとお気楽に過ごしてしまうと、かえって「一日一善」的キャラからかけ離れてしまい、書きにくいかもしれないんですよ(笑)

    昨日(今朝)の更新みたいな健全ノリは、自分としてもこっ恥ずかしい所がありますもんね。

    って、どんな歪んだ人間なんですか、俺(苦笑)

    ※最近、実際の自分と「一日一善」の自分に乖離を感じることが・・・。実際の自分の方が、素直で健全でイイ奴です、、、?たぶん。

    まあしかし、少しは「一日一善」らしく、この「お気楽ぶり」を簡単に分析してみることにします。

    お題:なぜ、自分は今週末の清里滞在を【お気楽】と感じたのか?

    ≪選択肢≫

    1)メンバーのほとんどが付き合いの長い「腐れ縁」みたいな人たちだったから。ある意味では、家族以上に?気を使わずに済む人たちだったりするから。

    2)リベルテの渾身の演奏会が終わり、ここん所ちょっとほっとしているから。

    3)自分主宰の企画ではなく、ある程度メンバーも揃ってきた頃に便乗して参加させてもらったに過ぎないから。

    4)クルマを出したはいいけれど、某えりぞうさん運転する先導車に付いていっただけで、道路の心配がなかったから。

    5)純粋に今回のお出かけプランそのものが、楽しさ満点の気取らない内容のものだったから。

    答えは・・・

    1~5全部

    ですねぇ。

    しかし、その中でどれか一番のもの!って言ったらやっぱり「1」でしょうか?

    人間、32歳にもなればやっぱり、職場・マンドリン・その他プライベート、どこ行ったって、それなりにある種の「仮面」をかぶって生活しているもんです。「仮面」なんて言い方すると「自然体じゃない」などと批判受けそうですが、こんなの言ってみれば当たり前のことです。つまり、先天的本能の赴くがままに行動する32歳なんてイヤ過ぎでしょう?ってことです。
    自分が言ってるのは、まったく高尚なことじゃなくて、単にこういう「それなりの大人としての責任」をまっとうすることに、時にはプレッシャーを感じることもある、ってことです。

    でも、今回同行したこの人たち(だけではありませんが)、そういう所が本当にラクなんですよね。

    どんなにアホくさいこと言っても、今さら彼(女)たちの中で私への見方が変わったりすることがなさそうで、だから思い切ってバカができるんですよ。

    今回自分は、

    「ちょっと新しい走り方を発見したんで、今からこの走り方の名前を命名してくれ!」

    とか言って、これまでのいかなる人類も行ったことがないような?あり得ない走り方をして、爆笑(失笑という有力説ありだが、断固不採用とします)を買ったりしてたわけですけど、もし、日常生活の中で一瞬だけそういうことが脳裏に浮かんだとしても、「分別ある?」大人の自分は、そういうの封印しちゃってますよ、きっと。それをまるで躊躇することなく出せてしまう友人たちに感謝です(ヘンですかね・・・)。




    スポンサーサイト



    日記 | 00:55:45| Trackback(0)| Comments(0)