FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    地味な週末
    【ただ今のBGM】
    交響曲第1番(ベートーヴェン)

    スクロヴァチェフスキ指揮読売日本交響楽団(DVD)




    現役最高齢指揮者のひとりであり“ミスターS”と呼ばれるスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮による読売日本交響楽団の特別演奏会の模様をDVD化。ベートーヴェン「交響曲第1番」とブルックナー「交響曲第7番」のほか、インタビューも収録する。


    この週末は何故だかわかりませんが、自分の知り合いで遠出してる人、やたらに多いんですよね。

    普段だと、そう頻繁に会うわけでもないとは言っても、「きっと今、自分から半径50km以内にほとんどの知人がいるんだろうな~」なんて想像をして暮らしていたりするわけですけど、たぶん、この土曜夜現在、かなりの人数の知人が自分から半径50km以上離れた所にいる筈です。

    まあ別にいいんですけどね(なら言うなー)

    いや、正直申して寂しいですよ(なんて)

    温泉行ったり、山登り&紅葉に行ったり、北海道行ったり、沖縄行ったり、行き先は人それぞれみたいですけどね。

    特に温泉に関して、これは自分ももちっと日程調整がうまくできたら参加の余地があっただけに残念無念。。。

    自分は?と言えば、エラく慎ましい地味な週末です。

    今日は、通院の日。

    診察までに2時間、その後採血やら会計やら薬やらで待たせれ、生き帰りの電車も含めて、持参していた本(先日亡くなった灰谷健次郎の「兎の眼」再読)を1冊読み終えてしまいました。
    (感想は後日にでも、と言って、いくつも溜めてる今日この頃)

    検査結果はこの半年くらい、ずっと良好です。

    がしかし、自分の質問に対する医師の答えがちょっと気になります。

    自分:「これだけ数値が安定しているのは、薬の効果なんですか?それとも実際、症状が改善されてるんですか?」

    医師:「タテラッツィさんの場合、腎臓の組織の状態はかなり良くないので、薬で症状を抑え込んでいると見るのが正解でしょう」

    実は、摂生と薬の効果で、快方へ向かっているものとばかり思っていたんですよね、自分。

    なので、この医師の見解はかなりショッキングではありました。

    しかも今、服用しているステロイド剤は、副作用もあるので、5年も10年も服用できる薬ではなく、これから半年~1年くらいのうちに止めることになりそうなんです。

    止めた時に、ガクンと来てしまうのが怖いです。

    最近、ちょっと摂生を怠っているので、またネジ締め直そうと思いました。


    そして、通院した足で、「ベルギー王立美術館展」@西洋美術館を観てきました。

    今夏、ブリュッセルの上記美術館に時間の都合でわずか20分しか滞在できなかったリベンジができました。

    現地には数千(?)数万(?)点もの作品があるわけで、それらの1つ1つを丁寧に観る時間も根気もないわけですけど、こうして日本にやってくるのは、素描を入れても100点ちょっとに過ぎませんから、じっくり観ても1時間半くらい。

    ベルギーという国は1830年に「フランス7月革命」の余波を受けて独立したわけですけど、それ以降の近代国民国家としてのベルギー王国と、それ以前に毛織物の一大交易地であったフランドル地方が欧州の中心として栄えた時代(16世紀後半-17世紀中葉まで)の2つにベルギーという国の文化遺産は分割されるのですね。

    前者には、ルーベンスやブリューゲル父子、ファン・ダイクなどがいます。

    後者には、象徴派のクノップフやアンソール、騙し絵のマグリットなどがいます。

    こうして見ると、「ベルギー絵画??知らねーよ。」っていう先入観がある人からしてみても、存外、「あ、結構多士済々じゃん」というのがわかっていただけるのかな?と思います。

    でも、やっぱ地味ですね(笑)

    自分は、クノップフの暗さが大好きで、彼の作品だけのためにベルギーへ渡航してもいいと思うくらいなので、今回のこの展覧会は、個人的には大満足でした。

    でも、やっぱり地味でしたけど(まだ言うか)。


    スポンサーサイト



    日記 | 23:29:21| Trackback(0)| Comments(0)