FC2ブログ
■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    お次のマンドリン
    【ただ今のBGM】
    レクイエム(フォーレ)

    ヘレヴェッヘ指揮シャンゼリゼ管弦楽団




    フォーレのレクイエムの小編成版の録音で話題になったヘレヴェッヘが、今度はフル編成版で再録音。

    ヘレヴェッヘはまだまだ自分にとっては、謎の多い指揮者。

    CDで謎だった指揮者も、ひとたび生で聴けば、どういう系統に属し、どういうことを意図する指揮者なのか、そういったことがたちどころに掴めるというか、「ははーん、そういうことね」みたいな直感が働くことがありますが、ことヘレヴェッヘについては、これまで2度ほど実演に接しているにも関わらず、いやむしろ、接した後の方がわからなくなってしまいました。

    あ、でも、J.S.バッハのカンタータ(中でもショルが歌っているアルトのためのヤツ)は文句なしに素晴らしいと思います。

    ていうか、フォーレク聴きたかったな・・・(昨日の項参照)

    とか名残惜しく言っていても仕方ないので、次の私のマンドリン出演予定でも。

    “未完成』第7回演奏会

    ■日程:2007年2月18日(日)
    開場-14:00
    開演-14:30

    ■入場料:無料(チケットなど必要ありません)

    ■場所: 武蔵野市民文化会館 小ホール

    ■演奏曲目:
    第1部 イギリス民謡組曲 Vaughan Williams 伊藤敏明編
       
      はるかなるサラバンド Joaquin Rodrigo  佐藤洋志編
       
       ルーマニア民俗舞曲 Bela Bartok 伊藤敏明編
       
    第2部 交響詩「夏の牧歌」 Arthur Honegger 小松信彦編 
       
       交響曲31番「パリ」 Wolfgang Amadeus Mozart 赤城淳/小松信彦編


    一応、「第1部」「第2部」と銘打たれていますが、個人的にこんなものは、全曲中、適度に切りのいい所で休憩があり、その前後を便宜的に「1部」「2部」と呼んでいるに過ぎないのではないか?と思っております。
    (これは完全に私の主観であって、楽団の総意ではありません。ただ、私は団内でもこの意見をしばしば述べておりますが)

    今回の演奏会の聴きどころってナンだろう?

    ひと言で説明はしにくい選曲だと思います。

    シブい選曲ですからねえ。

    「あ、これやるんだ!」

    っていうようなパンチのある曲はほぼ皆無ではないかと(マンドリンでモーツァルトのシンフォニーやる時点で、本来十分に変わってるのかもしれませんが、そういうのに慣れすぎてしまったのか、個人的には何のサプライズもない穏当な選曲です)。

    そもそも、「夏の牧歌」とか「はるかなるサラバンド」とか、ご存知の方がどれくらいいらっしゃるでしょうか?って感じですよね(笑)

    このあたりをご存知なのは、このブログ読者様が仮に全部で100人だとして、せいぜい5~6人がいい所ではないでしょうか?

    もっとも、「マンドリンでこの曲をやることがレア」だとか「マンドリン界活性化に資する」とかそういうのじゃなくて、もっとピュアに、1つの音楽として、こういう曲がこういう編成に仕立てたものとして存在していて、それを演奏しているものに対して結果として何かしら感じられるものを発することができれば、それで十分だと思うんですけどね。

    そこで「感じる」のは誰なのでしょうね。

    「お客様」に決まってんだろ!お客様は神様じゃ!!ボケぇ!!

    とか言われそうですが、私は音楽会というのはある意味、サービス業から超越した部分があると思うので、実は、演奏会を催すに当たって、「お客様満足度」みたいなのは、ほとんど一切考慮しません(あるとすれば、レサンクで出したお茶菓子くらいでしょうか)。

    もっとカンタンに言いますと、

    マーケティング的にウケのいい音楽をやるんじゃなくて、俺たちが本当に魂の底から主張したい音楽をやるのさ!

    ってことですよ。

    格好付けすぎですけど(笑)

    というか、そもそも自分、今年の“未完成』の練習、実はまだ、たったの1回しか出られてないので、選曲コンセプトがどうとかこうとか、語る以前のレベルだったりします(爆)

    まず、

    「音取り」

    しなきゃですね・・・。

    さっき、ちょいと練習してみたら、一筋縄では行かなそう。

    また金曜・土曜と、日曜の練習の前にやっておかないと。

    ま、絶対に何とかしますけどねん♪

    これまで“未完成』の練習に出られなかったのには、いくつか複合的な要因があります。

    必ずしも「他楽団との掛け持ち」ばかりが理由ではありません(むしろそれで出なかった練習は1~2回程度)。

    これから本番までは全出席予定なので、何とかかんとか、昨年・一昨年にこの楽団で自分がやった以上の演奏はできるようにしたいな、と思います。








    スポンサーサイト



    マンドリン合奏 | 01:37:28| Trackback(0)| Comments(0)