■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    向上心
    リベルテの第4回演奏会、無事終了しました。

    ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

    来場者数などは対外秘かもしれないので、伏せておきますが、会場の「横浜みなとみらい小ホール」の客席は概ね満席に近い状態だったと、申しておきましょう~。
    天候が不安定だったこと、私のように横浜方面の知人がほとんどいなくて集客に苦労したメンバーもいたであろうこと等々を想起すれば、まずまず上出来なのではないかと思います。

    演奏について。

    「練習でやれていたことは、概ねその通りできた」という感じでしょうか。
    逆に言えば、「練習以上のことはできない」ということもまた事実。
    あ、でも、「展覧会の絵」では、練習でも出したことのないエモーショナルな側面が、もしかしたら出せていたかもしれません。
    拍と拍の間にある行間の読み方みたいなものが、やはり練習と本番とでは違うので、奏者の自発性がかなり要求された演奏会だったと思いました。
    どこまで自発的に演奏できたか怪しい部分も多々あったのですが・・・。
    メンタルの弱さを克服したいです。しかし、それを裏付けるのは練習しかないという結論も自分の中で出ていることですが。いかんせん今年はあまりにも練習不足でした。

    どういうことかというと、

    「積極的に表現をしたい。そのためには、どんどん仕掛けていきたい」
    「しかし、少しおっかないと思いながら弾いているので、仕掛けるなんてことはちょっと無理かも」

    という心のせめぎあいのせいで、「攻め」の合奏ができなくなり、音楽の流れが淀んだものになってしまう、っていうことなんですけどね。

    ま、演奏会が終わった今、その結果として出てきたものを「良かった」とか「悪かった」とか言うのは、出演者ではなくお客さんの仕事なわけですが。

    今回、ここの楽団員になって以来はじめて、1部の最初の曲(ホルベルク組曲)を2プル(2列目)で演奏しました。

    この楽団では第2回からパートトップでやらせていただいていますが、今回、この曲については、パートトップは別の人だったんですね。ずいぶんと気楽と言ったら申し訳ないんですが、2プルってこんなにプレッシャー少ないんですね(笑)
    そういえば“未完成』でも2プルで弾いたことなんてないなぁ。時に1パート2人だったりするってのもありますが(笑)

    2曲目で1プルに出ますと、なんともまあ、お客さんが近いこと近いこと。

    この「みなとみらい小ホール」は、ステージと客席が非常に近い感じがします。
    前から3列目くらいまでのお客さんの表情が演奏中にビシバシと視界に入ってくるんです。
    意識したらロクなことがないので、なるべく見ないようにしてましたが、それでも譜面ごしに見えてしまう、そんな会場でした。

    それで意識をしてしまったこと、それから1部(前半プログラム。アンサンブルステージ)の2曲目、「ハープと管弦楽のための小協奏曲」(ピエルネ)がたいそうな難曲で不安を抱えながらの本番だったせいもあって、緊張が極度に達してしまいました。

    それでも、何とかかんとか、途中から平常心を戻し、演奏することができました。

    2部(後半プログラム。オーケストラステージ)はなかなかうまくいきました。

    個人的には細かいミスが多々ありました。
    なので、あまり偉そうなことは言えないのですが、「ツィガーヌ」(ラヴェル)では、ヴァイオロンチェロの弓でマンドセロの弦をボーイングするという特殊奏法についても、なんとか本番でギリギリ形になりました。

    お客さんに聞いた感じでは、やはり「展覧会の絵」の評判が一番良かったみたいです。


    リベルテという楽団について思うこと。

    自分は、この楽団は「向上心を持った人のためにある楽団」なのだと思っています。
    例えば、現状で「100」の力を持っていても、「90くらいできればいいや」と思っているような人よりは、「70」くらいの力しかないけど、「いつかは100に達してやる」という野心を持っているようなタイプの人に適した楽団と言ったら良いでしょうか?
    もっとも、現在のこの楽団の一人ひとりの技術レベルも、マンドリン界の中では決して低い水準ではないと思うので、付いて行くのは、結構たいへんです。
    しかも現状維持ではなく、向上を目指すんですから、モチベーションを高く保たなければ、とても持ちません。

    ほとんどのメンバーが学校や仕事に行きながら演奏している楽団なので、生活のメインに音楽を据えるということはせずに、しかもパフォーマンスを向上させる、というかなりの難題に挑戦しなければならない。
    自分なんかは特に去年あたり、そのことでかなりの苦戦を強いられたりもしました。

    もし、もしも・・・の話ですが、自分がこの楽団をいつか去る時が来るとしたら、それはたぶん、

    「向上心がなくなった時」

    とまでは言わないまでも、

    「前に向かって走り続けることに、疲れを感じて、それが決定的となった時」

    なのかなぁと思っています。

    で、今年の自分、物理的な条件がかなり厳しかったというのはありますが、正直、向上心をどれだけ保って活動できたか、怪しいところがあります。

    やはり、上にも書きましたが、働きながら趣味の世界でも野心を持つというのは、なかなか厳しいです。

    去年の自分は、正直、相当必死に練習をしました。
    ヴィヴァルディの「四季」という厄介な曲をモノにするために。

    それが終わった去年の11月以降、楽器弾きとしては少し「疲れた」ところがあったまま、今年の春、いや、夏を迎えておりました。
    この間、仕事もかなり酷い状態になりまして、練習したくてもできなくなっていました。

    でも、もしかしたら、仕事とは関係なしに内面的に「楽器疲れ」していた自分がいるんじゃないか?
    そういう自分の状態にはっきりと気付いたのが、今年の9月。リベルテの合宿の時でした。

    合宿の最後の夜に、この楽団のメンバーで「サロン・ドゥ・リベルテ」っていう団内コンサートをやったんです。
    この時のメンバーの出し物1つ1つがすごく良かったんです。
    みんなの音楽に対する愛情というか執念というか、とにかく、この時点の自分にないものを、自分はそこに見てしまったんです。

    その合宿の後から11月のこの演奏会に至るまでの間、ようやっと仕事の状況もいくぶんはマシになり、練習する時間もいくぶんながら取ることが出来るようになりました。
    本番には間に合ったかどうかわからないけど、まあ今年はとにかくそんな感じでした。

    音楽へのモチベについても、この10月ごろからようやく再浮上の兆しアリなので、それを今後保ちたいと思っている今日この頃です。

    「弾く」ほうだけでなく、「聴く」方も最近ずいぶんご無沙汰ですねえ。今年はCDもほとんど買ってないです。演奏会はぜーんぜん行ってないです。

    ちなみに来年2月は“未完成』の演奏会に出演します。
    リベルテの話ばかりになっていますが、だからと言って、去年も今年も、この“未完成』の演奏会に向けての決意は何もない、というわけではもちろんありません。
    こちらの演奏会、それもまた、リベルテとはまた別の種類の決意を持って臨もうと思っていますが、その話はまた別の機会にでも。



    スポンサーサイト
    マンドリン合奏 | 01:22:05| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。