■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    優雅で感傷的な時差ボケ 2
    一度1999年にクライバーがカナリア諸島での演奏会でベト4とベト7だ
    かを振った時に、自分もヨーロッパにいて、ニアミス?したのですが、この
    時自分は生まれて初めての海外渡航。それも一人旅。ドイツでアバド/ベル
    リンフィルやウィーンでラトル/ウィーンフィル、ハンブルグでウ゛ァント
    /北ドイツ放送響、アムステルダムでハイティンク/ドレスデン国立歌劇場
    管、チューリヒでジンマン/チューリヒトーンハレ管、パリでギーレン/
    パリ管、ミュンヘンでバイエルン国立歌劇場のバレエ、パリの新オペラ座で
    コンロン指揮のオペラ「魔笛」、、、といった錚々たる演奏会を聴くこと
    で満足していました(ちなみにこれだけトップクラスのものばかりを一度の
    旅で全部聴くのって、いくら欧州でもスケジュールがよほど上手くいかない
    と無理。ノートに30通りくらい旅程案を書いて発見?したルートに従
    って回りました)。
    というわけですが、今となると、上のものを全部キャンセルしてでもカナリ
    ア諸島行けば良かったかも?ちなみにカナリア諸島はモロッコの脇の大西洋
    上にあるスペイン領の島々です。

    特にベト7、ベト4、ブラ2あたりの面白さを初めて教えてもらったのは
    クライバーのCDによってでした。大学2年くらいの頃、それはそれはもう、
    CDだからそんなことないんだけど、盤がすり減るくらい何十回、何百回と
    聴きまくりましたね。
    今でもこれらの曲を生の演奏会とかで聴くと、「あ、クライバーとここが
    違う」なんていう聴き方をしてしまいます。
    あの飛び跳ねるように生き生きとした演奏、あれはどういうメカニズムに
    よって生み出されているんでしょう。アマチュアの末席とは言え、演奏活動
    を行っている身としては、ああいう音が出て来る構造みたいな点に興味はあ
    りますね。

    というわけで、クライバーさんが亡くなったことは、別に俺の日常に何の
    変化も及ぼすものではありませんし、遊び人で放蕩僻のある彼に対してあん
    まり湿ったこともどうかという気がしますが、10秒間の(短っ!)黙とう
    を今から行いたいと思います。
    (黙とう始め)

    (黙とう終わり)

    10秒で既に寝そうになりました(爆)
    やばやば。早く寝ようっと。

    PS モロッコ旅行の備忘録はまた少しずつ書いていく予定です。
      これは人のためというか、自分が忘れないようにするのは一番の目的で
      すけどね。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。