■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    弾くことと聴くこと
    俺はどっちかと言うと、聴くことの方が好きなので、思ったような音が全
    然出せなくてがっかりすることもしょっちゅうあります。

    俺より上手い人で、ほとんどマンドリンやクラシックは聴かないって人も結
    構います。
    また、楽器は一切できないけど、かなり聴くことに関して通な人もいます。

    両者をくっつけて考える俺のようなタイプは、どこかで自己矛盾を起こすの
    かもしれません。音楽を聴く時は、とことんすごいものを聴いて、弾くのは
    マンドリンという媒体で表現可能なもので、しかも難易度がある程度までの
    ものに限られるからです。

    これは最初っから割り切っている人なら、全く気にもならない問題なので
    しょう。でも、俺はある程度の所までしか、割り切れません。
    やはり聴いて楽しめる演奏がしたいし、自分が足を運んでもいいと思う演奏
    会にしか出たくない。
    上手いか下手かというのは、ある程度重要なファクターではあるけれど、決
    して最大のポイントではありません。やりたいこと(方向性、内容、完成度
    演出などあらゆる点で)ができているかどうか、これが演奏会の善し悪しを
    決定するポイントなのかな、という気がしています。

    では、日記らしく今日の成果報告
    ・お買い物
     フランク「プシュケとエロス」スコア メトロポリタンでやるため購入
     ドビュッシー「小組曲」ピアノ4手版 スコア リベルテのアンサンブル
             ステージでやります。オケ版は既に持ってますが、結構
             違いますね。輸入版と国内版で少し違う箇所があったり
             するそうです。マニアックな話です。
     武満徹「風の馬」合唱作品集 現代音楽家、タケミツの混声合唱の曲集。
             ある曲を目当てに購入。

    ・弾いた
     今日は21時には帰宅していたので、22時から25時まで何と3時間も
     個人練をしてしまいました!明日は待ちにまった今年度初の有給!
     外出はしますが、誰とも会わない静かな時間を過ごす予定。

    ・聴いた
     ドビュッシー「小組曲」4手ピアノ版。オグドンという超名手が弾いてま
          す。あんまり情感はないけど、クリアな演奏(残響があまりな
          い感じ。ピアノのことはよくわからないけど、ペダルをあまり
          踏んでないのでしょうか?)

     どこが「お愚鈍」じゃい!というくだらない駄ジャレで今日はおしまい。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。