■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    新日本フィル1
    今日は上司から「残業は体に良くないし、帰れる奴はどんどん帰れ」という
    ありがたいお達しが出たので、さっさと退出。しかし、そんな命令が出たと
    たん、いきなり全員さっさと帰るうちの職場って、いったい、、、(笑)

    で、錦糸町に行き、当日券で新日本フィル聴いて来た。

    指揮者は音楽監督のアルミンク。
    曲目は、佐藤聡明(1947年生)の「季節」
        バルトーク「ヴァイオリン協奏曲第一番」(Vn:諏訪内晶子)
        サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」」(Vn:同上)
        ショスタコーウ゛ィチ:歌劇「カテリーナ・イズマイロウ゛ァ」
                   より5つの楽章による交響曲

    佐藤聡明氏の曲は、全体のほとんどがPPとかPPPとかPPPP?とかで構成されて
    いて、聴衆も息をするのさえ躊躇われるほど緊張感の高い音楽。でもとても
    透き通った音響を作り出していて、こういう曲は好きだ。
    ペルトとかシュニトケ、トルミス、グバイドゥーリナといった旧ソ連の音楽
    家たちの静謐な祈りの音楽に通じるものを感じた。

    バルトークの協奏曲は、俺は2番は大好きなのだが、この若書きの1番はよ
    くわからない。諏訪内晶子はとても人気のあるウ゛ァイオリニストだけど、
    バルトークとかは、あんまり向かない気がした。音がまろやかすぎてバルト
    ークに要求される厳しさや鋭さがどうも足りないような。

    「ツィゴイネルワイゼン」は曲自体、あんまり好きじゃない。
    こういう技術を見せつけることを主眼とした、現象面優先の形而下的な音
    楽って、表現されるものの先に何もないような気がしてしまって。
    クラシック音楽は、ちょっと格好付けた言い方をすると、作曲家や演奏者の
    内面と対話するために聴くためのものだと俺は思っていて、だからこういう
    曲にはあまり魅力を感じない。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。