■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    プレイバック7月第1週末 2
    メトで午前中、ラウ゛ェルの「優雅で感傷的なワルツ」をやり、リベルテ
    で午後、チャイコの「弦楽セレナード」の1、2、4楽章をやりました。
    こうしてハシゴして思ったのは、それぞれの団体でオケの音色が全然違う
    っていうことですね。
    曲のせいもあるかもしれませんが、リベルテのチャイコでは、譜面の指示が
    ppでも意外と音が聞こえる音量でみんな弾いています。そしてffの所では、
    出席者が今回は少なめだったのに、かなりデカイ音量が出てました。
    メトの場合、このダイナミックレンジが下の方にとてつもなく広いんですよ
    ね。ppだともうほとんど弾いてないんじゃないか?ってくらい聴こえない。
    ffの時の音量はリベルテよりは小さいけど、ダイナミックレンジの幅の大き
    さ自体は十分なんですよね。

    今日やった2曲に関して言えば、自分はまあ弾けないことはないって感じで
    はありますが、細部がとても雑なのが自分でわかってしまいました。
    メトロノームを使って個人練習することもたしかに大事ですが、「ピコピコ
    音」ばっかり聴くことに慣れて、自分がどういう音を出しているのかを見失
    うのも、それはそれで問題なんじゃないか、と最近思うようになりました。

    リベルテの練習後は、「学芸大学」の街で飲み会。
    しかし目黒区内でメトとリベルテをハシゴするためにクルマ通勤?したこの
    日の俺は、ノンアルコールでしたよ。。。
    若手が多い団体らしく?「魚民」。
    そう言えば前日のHSGW帰国祝い会は社会人がほとんどだったのに、何故か
    「和民」だったっけ。財布に優しいからいいけど。
    職場で飲みに行くと6000円くらいが標準で、いくら味がちょっとくらい
    良くても、カネがもったいなくなっちゃうんですよね。

    カネと言えば、この飲み会では「札」を使った遊びで何故か大盛り上がり。
    札の登場人物の顔をタテにヨコに折り曲げてヘンな顔になるのを楽しむとい
    う古典的なな遊びですが、みなさんウケてました。考えてみたら、俺以外は
    酔っ払いだったんですね。一緒になってウケてた俺って。。。

    しかし、KO大学関係者の皆さん、おまえら「大先生」の顔で遊ぶな!!(笑)

    ちなみに俺は帰宅後、家にあった外国の札でワシントンやらドビュッシーや
    ら「星の王子様」やらケマル・アタチュルクの顔をグシャグシャにして遊ん
    だのでした(バカ)。
    そう言えば、1ユーロはモーツァルトでしたね(オーストリア限定)。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。