■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    189円の幸せ VS 9000円の幸せ 2
    ただ、このあたりの音楽は、ベートーウ゛ェンがほとんど「禅」の境地に達
    した時代のものなので、パートバランスだとか、スラーだとか、アクセント
    の強さだとか、そういうレベルだけではクリアできない世界でもあります。

    例えば、肉親を亡くしたことがあるとか、死ぬほど辛い失恋をしたことがあ
    るとか、戦争を体験したとか、両方の耳が聴こえなくなったとか(これは
    作曲者自身ですけど)そういう人生の年輪をたくさん経た人にしか演奏でき
    ない世界なんじゃないか、っていう感じがします。

    ベートーヴェンの四重奏の全集は既に「ジュリアード」と「アルバンベルク」
    という名手カルテットの全集も持ってる(アルバンベルクのは直筆サインも
    らいました!)んですが、彼らの演奏を聴いていても「へー、すげえなあ」
    とは思うけど、正直、それがベートーヴェンの言いたかったことではないで
    しょ?って感じもする。

    そして、俺が今日購入したCDの演奏者、ウ゛ェーグ四重奏団。
    こちらは違いましたね。
    ずーっと前から欲しかったCDなんです。
    CD屋に行く度に手が伸びそうになるんですが、高いので手が出にくくて
    仕方なく、いつも安いのばっかり買ってましたね。
    クラシックのCDって、2000円未満で買えるものがかなり多いんです。
    しかも安かろう悪かろうではなく、往年の巨匠の演奏が安いんです。

    ウ゛ェーグ四重奏団のボス、1stヴァイオリンのシャンドール・ウ゛ェーグ
    は指揮者としても素晴らしかった人で、この人の振るモーツァルトやバルト
    ークやシューベルトは絶品です。カルテットやってる人だけあって、低音と
    高音のバランスがとてもいいような気がするんですね。そんでもって、オケ
    の場合でも思いきったテンポ変化をし、編成が大きいオケなのに、まるで
    まさに室内楽のような自由な演奏をする人です。

    こちらの四重奏は、すごく濃厚な演奏です。
    技術的には、ひょっとしてちょい怪しめ??とも思わなくもないのですが、
    音がエロチックなまでに生々しくて、心にズシンと入ってきます。
    聴いてて圧倒されるパワフルな演奏。

    16番の4楽章と、一番好きな15番を聴いて、今14番を聴いていますが
    これはお宝CDですね。
    大事に何度も繰り返し聴きたいと思うCDを買ったのは久々かも。

    189円の幸せは、やはり一瞬。
    9000円の幸せは永遠でしたね。

    今日の結論

    「やはり金持ちの方が幸せになれる」

    なんか違う、、、。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。