■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ドレスデン州立管弦楽団2
    ドレスデンの特色を一番良く感じることができたのは、ハイドンだった。
    俺はこの曲を初めて聴いたのだが、今までつまんないと思ってたハイドンが
    とても感動的な音楽になっていた。音があんまり綺麗で、不覚にもちょっと
    涙ぐんでしまった。ハイドンで泣くなんて、すっごい意外!
    金管も木管も弦と違う音色の楽器だということを忘れてしまうくらい、それ
    ぞれがよく溶け込んでいた。どうやったら、あんなサウンドが作れるんだろ
    う?すごすぎる。

    一方でブラームスは、5年くらい前に、アムステルダムのコンセルトヘボウ
    ホールで、全く同じ指揮者とオケ、曲目で聴いたことがあったのだが(何げ
    に自慢)、この時、「いい演奏なのはわかるんだけど、いま一歩突き抜ける
    ような感動がほしいなー」と思ったのを覚えている。

    今日もまた同じ組み合わせで、やはりちょっとだけ物足りなさが残った。
    素晴らしい演奏だと思うんだけど、いわゆる「名演」に出くわした時に感じ
    る「幸せ感」があんまりないのだ。なんでだろう?丁寧で好感の持てる指
    揮だと思うんだけど、ちょっとだけ音楽のスケールが欠けるような気がす
    る。道路で言えば、ずっと法定速度で走っているようなもんで、スリルが足
    りないのかもしれない。

    もともと演奏会にはよく行く方だけど、ここ1か月はちょっと俺の中でも異
    常かも。余暇のほとんどを演奏会で費やしている。でも去年もこの季節はこ
    うだった気がする。4~6月って、なぜか毎年日本に良い演奏家が結構たく
    さん来てる。年度始めのストレス解消に良いっすよ~。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。