■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    Olympic Games in Athene 2
    だから、土日の音楽活動は、プライベートだからって遅刻なんかしてる場合
    じゃないんです。だいいち、自分は社会人になってから今日までに仕事で遅
    刻したことなんて、たしか1回しかないです。音楽活動について、同じくら
    いの緊張感を持って挑むのであれば、同じことができるはず。
    つまり、何だかんだ言って自分は「音楽活動をナメてるんじゃないか!?」
    って自問自答に至ってしまうんですね。

    はい、ここはマンドリン関係者が結構見てることを承知でこのようなことを
    あえて書きました。ということで、自分にプレッシャーかけますです!

    自分にプレッシャーと言えば、谷亮子、凄いっすねー。
    「田村でも金、谷でも金」ははっきり言ってイタ過ぎますが、それで勝つん
    だからな~。見習います。大風呂敷広げるっていうのは、頑張るためには
    結構いい手段だな、って自分も思いますね。
    もう一人の金メダル、野村選手も3大会連続の金、凄すぎですね。

    谷亮子は、まあいろいろ言われてるわけですが、実力で有無を言わせぬよう
    にしてしまう所が凄いですね。「出る杭は打たれる」日本にあって、出る杭
    であり続けて成功する、真の勝負師ですね。
    これでもし、「柔ちゃん」に本当に似てたら、かえって敵が増えてたかもし
    れないけど(笑)

    野村君、「柔道選手」というより、今や「柔道家」という感じの風格。
    素人の自分でも見ていて彼が一番実力があるっていうのがよくわかりました。
    姿勢が違う。
    これって聞く所によると、日本は柔道を学ぶ上での基礎を子供の頃から学ぶ
    機会が豊富にあるけど、海外の選手はとりあえず違うスポーツで体を鍛えた
    人がある程度の年齢で柔道を始め、しかも日本ほどメソッドを学ぶ機会もな
    いから、自己流っぽくなるんだそう。だから谷亮子や野村君の相手は体力
    任せみたいに見える人が多かった。

    これ見てマンドリンでもやはり自己流じゃダメなんだ、基礎を学ばなきゃ、って
    実感しましたね。
    やはり楽器習いに行きたいかも。

    オリンピックって普段はあまり見ないような競技も見て、結構興味深いです。
    ヒマだった学生の頃なんて、オリンピックになると、競歩やら
    体操やら砲丸投げやらフェンシングやら、とにかく何でも見てましたね。
    ああいう時間は当時でさえ「不毛じゃ~」って思ってましたけど(笑)、で
    も今となっては案外マメ知識を蓄えるいい機会だったような気もします。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。