■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ドレスデン州立管弦楽団1
    今日はマンドリンオケ“未完成』の一部の人たちは那須へドライブへ行った
    筈だが、俺は朝から家というか親戚絡みの用事があって、行くことができな
    かった。ちょっと重要なものだったので、残念だが仕方ない。でも最近なん
    だか“未完成』絡みのことでは、どうも付いてない。

    でも、午後は時間が空いたので、ハイティンク指揮/ドレスデン州立(国立
    と表記することもあり)歌劇場管の演奏会を聴きに、サントリーホールへ行
    った。と言ってもソールドアウトだったので、紙に「チケットください」と
    書き(笑)待つこと3分、声をかけてきた女性にチケットを売ってもらっ
    た。基本的に日本でもヨーロッパでも、クラシックはこの手法で今までも
    100%成功してきた。皆様も良かったらお試しあれ。

    プログラムは、
    ウェーベルン:管弦楽のためのパッサカリア
    ハイドン:交響曲第86番
    ブラームス:交響曲第1番

    昨日のスラブ色濃いプログラムとはうって変わり、今日は指揮者もオケも
    曲も一面のゲルマン色。

    今日聴いたドレスデン州立歌劇場管は「いぶし銀」の音を出すオケとよく言
    われる。名門オケなのだが、ベルリンフィルみたいにソリストとしても一流
    のメンバーがいるわけではなく、全体の調和を非常に大切にする。突出して
    うるさい音を出したりする奏者は誰もいない、大人のオケなのである。コン
    トラバスを底辺に、ピラミッド状に音を積み上げるようにして音塊を作りだ
    す。また、各奏者の音が潤いがあって、溶け合うように聴こえて、ちょっと
    びっくりするような瞬間があって、とても良いです。

    手元にある「30人の音楽ジャーナリスト、評論家が選ぶ私の好きなオケ、
    ベスト10」という資料によると、このオケは9位に入っている。なかなか
    のもんだ。日本のオケなんて、ベスト30に1つも入っていないのだから。
    ちなみにベスト10は↓こんな感じ

    1位 ウィーンフィル
    2位 ベルリンフィル
    3位 コンセルトヘボウ管
    4位 シカゴ管
    5位 クリーウ゛ランド管
    6位 モントリオール管
    7位 パリ管
    8位 18世紀オーケストラ
    9位 ドレスデン州立歌劇場管
    10位バイエルン放送響
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。