■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    メト本番モード突入 3
    ・シューベルト/冬の旅(ボストリッジ)
     最近注目の若手テノール、ボストリッジが歌う「冬の旅」。空恐ろしいく
     らい赤裸裸な深層風景を寒々しく歌ったこの曲ですが、ボストリッジが歌
     うと爽やかなのに、どこかはかない感じがして、もう溜まらんワン!って
     感じです(笑)。既に持ってるフィッシャー=ディースカウっていう大御
     所が歌ってるものとは、全然雰囲気違いますね。

    ・モーツァルト/交響曲4曲入り(39番の他は中期の無名作品)
     (ウ゛ェーグ指揮/ザルツブルク・カメラータ・アカデミカ)
     先月買ったベートーヴェンの弦楽四重奏全集と同じウ゛ェーグ先生のCD。
     この「アカデミカ」の生徒は全員ウ゛ェーグ先生の門下生。ということは
     解釈が骨の随まで浸透して呼吸がぴったり合った演奏ができるのは目に見
     えている!というわけで、このコンビによるモーツァルトCDはたぶんこれ
     で全部揃いました。何がすごい演奏なのか、一聴しただけではピンと来な
     いけれど、よく聴くと段々わかってきた!って感じの演奏です。

    ・ペルゴレージ/スターバト・マーテル
     (クレメンティック・コンソート。ビオンディ、ヒロ・クロサキなど出演)
     これも既にヤーコプスっていう名手のカウンターテナーが歌ってる盤を
     持ってるんですが、このクレメンティック率いる合奏団の演奏はこの曲の
     演奏史を塗り替える名盤としてマニアから絶大な評価を得たとかで、と
     りあえず買ってみました。この曲、昔っから好きなんですよね。寝れない
     時なんか、よく聴いてます。月並みですが、心が洗われますよ。
     ちなみに他の出演者が超豪華で、ビオンディはウ゛ィウ゛ァルディの「四季」
     で目下のところ当世一番の名盤と言われているCDの合奏団を率いている
     人。ヒロ・クロサキは、古楽オペラの帝王ウイリアム・クリスティの合奏
     団でコンマスをやってる人ですね。生で聴いたことがあるんですが、すご
     く繊細なのに鮮やかな、不思議な音を奏でる人です。

    ・ヴィラ・ロボス/Instrument&Orchestra Works
     (アシュケナージ、マリナー、ロペスーコボスほか)
     ヴィラ・ロボスってひょっとしてマンドリンに相性のいい曲、結構書いて
     いるんじゃ??ってことで勉強用に購入。でもこのCDにはなかなか収録さ
     れることの少ない、「ブラジル風バッハ」の第3番(これが案外名曲)が
     入ってたりします。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。