■PROFILE

タテラッツィ

  • author: タテラッツィ
  • 観たもの触れたもの、マンドリン音楽活動などについて、書いていきます。

    【告知】
    マンドリンオーケストラ“未完成』第11回演奏会
    2011年2月27日(日)浜離宮朝日ホール音楽ホール
    13時30分開場、14時開演
    シューベルト「未完成」、クルト・ヴァイル「小さな三文音楽」ほか。
    入場無料です。

    リベルテマンドリンアンサンブル2枚目のCD発売中!
    マンドリンオーケストラ編曲の最高峰と、新たな世界を切り拓いた委嘱作品を収録。

    指揮:中川賢一(Ken'ichi Nakagawa)
    マンドリン独奏:望月豪(Go Mochizuki)
    演奏:リベルテ マンドリン アンサンブル
       リベルテ マンドリン オーケストラ

    ご購入・お問い合わせはduende-juergaあっとまーくezweb.ne.jpまで!
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    メト本番モード突入 2
    というわけで、更に自分にプレッシャーかけるのと、モチベーションアップ
    のために、メトのチケット配布しますです!!
    メトの演奏会行きたい方、いらっしゃいましたら、メールください!!
    遠慮は無用です。チケット多少多めにいただきましたので!
    どなた様でもおかまいなくご連絡くださいませ。

    それから、今日は帰りに、寄り道して超久々にCDを購入。1か月以上買って
    ませんでした。
    購入したのは下記のとおり。順番は購入を優先した順です。

    ・マーラー/交響曲第2番「復活」ほか 
     (アバド指揮/ルツェルン祝祭管弦楽団)
     これ、以前NHKのBSで放送してたのを観て度肝を抜かれた凄まじい演奏のラ
     イブCDです。ついにCD化されました。きっと近々DVD化もされるでしょう。
     そしたらたぶんそれも買います。一生に何度聴けるかってくらいの超絶
     演奏です、これは。「復活」って曲の好きキライなんて関係ないです。
     演奏のレベルの高さ、集中力、観客の雰囲気の良さ、全てがマッチした
     ライブで見事です。帰り道、これを聴きながら首都高をぶっとばしました(^^;)

    ・ラフマニノフ/交響曲第3番、交響的舞曲
     (マリス・ヤンソンス指揮/Stペテルブルグフィル)
     交響的舞曲をメトでやるに当たり、今年はラフマニノフをちょっと聴き
     込んでみようかな、っていう気になりました。ピアノが弾けない自分とし
     ては、この作曲家、あまり縁がなかったんです(ピアノ協奏曲3番が一番
     好きかな)が。交響的舞曲は作品番号45。最晩年の作品ですが、今日
     買った交響曲3番は作品番号44番。つまり1つ前の作品ということです
     ね。ラフマニノフのイメージって、仄暗いロマンチシズムって言うんです
     かね、そんな印象なんですが、この晩年の作品群はそういう個性も残しつ
     つも、何だか全く違う境地を開拓しています。プロコフィエフだかストラ
     ウ゛ィンスキーだかバルトークだか、誰だかの影響を受けたんでしょう
     か。うるさくて激しくてパッション溢れる音楽になっています。
     交響的舞曲の持つそうした作曲思想の変化を読み解くカギが、この1作前
     の交響曲3番にあるのではないか?そう思ったわけです。
     というわけで、今聴いてますが、まだようわかりまへん。。。
    スポンサーサイト


    未分類 | 23:30:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。